Ghostscriptとは?

GhostScript

読み方ゴーストスクリプト

PostScriptインタープリタPostScriptAdobe社が開発した、印刷内容記述することを主な目的として定義されたページ記述言語
CPU性能が低かった時代には、プリンタPostScriptインタープリタ内蔵し、プリンタ側で解釈処理を行っていたが、そうした性能を持つプリンタは非常に高価であった。CPU性能が向上してくると、逆にコンピュータ側でPostScript解釈し、各プリンタ固有のコマンド変換して送り出すことで、高価PostScript対応のプリンタを使わなくともPostScript文書印刷できるようになった。この役目を担うのGhostScriptである。
GhostScriptにはプリンタ機種ごとに固有の処理を行うモジュール追加することができる。これを「GhostScriptドライバ」または単に「ドライバ」などと呼ぶ。
GhostScriptは、現在PDF形式ファイル解釈できる。
関連見出し
CUPS
関連URL
Ghostscript, Ghostview and GSview(http://www.cs.wisc.edu/~ghost)

Ghostscript

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/22 09:13 UTC 版)

Ghostscript(ゴーストスクリプト)は、PostScriptPortable Document Format (PDF) などアドビページ記述言語用のインタプリタおよび、それを基にしたソフトウェアパッケージのことである。デュアルライセンスで配布されている。




  1. ^ History of Ghostscript versions 1.n”. 2007年4月10日閲覧。
  2. ^ Ghostgum Software Pty Ltd. (2013年1月14日). “GSview” (英語). 2013年1月14日閲覧。
  3. ^ Ghostscript: GSView - Artifex Software, Inc.
  4. ^ Advogato: Blog for raph
  5. ^ Article #484: The Grand Unified Ghostscript Officially Released: GPL Ghostscript 8.60 - Common UNIX Printing System


「Ghostscript」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Ghostscript」の関連用語

Ghostscriptのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Ghostscriptのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
OSS iPediaOSS iPedia
Copyright © Information-technology Promotion Agency, Japan. All rights reserved 2006-2021
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのGhostscript (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS