ローマ教皇庁科学アカデミーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > ローマ教皇庁科学アカデミーの意味・解説 

ローマ教皇庁科学アカデミー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/05 22:41 UTC 版)

ローマ教皇庁科学アカデミー(ローマきょうこうちょうかがくアカデミーイタリア語: Pontificia accademia delle scienze、ラテン語: Pontificia Academia Scientiarum)は、バチカン市国の科学アカデミーである。1936年ピウス11世によって改組。設立された[1]。数学、物理、自然科学や関連する認識論的問題の研究の進展を推進するために設立された。




「ローマ教皇庁科学アカデミー」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ローマ教皇庁科学アカデミーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ローマ教皇庁科学アカデミーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのローマ教皇庁科学アカデミー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS