ローマ教皇庁の対応とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > ローマ教皇庁の対応の意味・解説 

ローマ教皇庁の対応

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 05:24 UTC 版)

ガリレオ・ガリレイ」の記事における「ローマ教皇庁の対応」の解説

1965年ローマ教皇パウロ6世がこの裁判言及したことを発端に、裁判見直し始まった最終的に1992年ローマ教皇ヨハネ・パウロ2世は、ガリレオ裁判誤りであったことを認めガリレオ謝罪したガリレオ死去から実に350年後のことである。 2003年9月ローマ教皇庁教理聖省以前異端審問所)のアンジェロ・アマート大司教Angelo Amato)は、ウルバヌス8世ガリレオ迫害しなかったという主張行った2008年1月16日の『毎日新聞』によると、ローマ教皇ベネディクト16世17日イタリア国ローマ・ラ・サピエンツァ大学での記念講演予定していたが、1990年枢機卿時代オーストリア人哲学者言葉引用してガリレオ有罪にした裁判を「公正だった」と発言したことに学内批判高まり講演中止になったその後ベネディクト16世2008年12月21日行われた国連ユネスコ定めた世界天文年2009」に関連した説教で、ガリレオらの業績称え地動説改め公式に認めている。

※この「ローマ教皇庁の対応」の解説は、「ガリレオ・ガリレイ」の解説の一部です。
「ローマ教皇庁の対応」を含む「ガリレオ・ガリレイ」の記事については、「ガリレオ・ガリレイ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ローマ教皇庁の対応」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ローマ教皇庁の対応のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ローマ教皇庁の対応のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのガリレオ・ガリレイ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS