1990_FIFAワールドカップとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 1990_FIFAワールドカップの意味・解説 

1990 FIFAワールドカップ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/22 20:22 UTC 版)

1990 FIFAワールドカップ: 1990 FIFA World Cup)は、1990年6月8日から7月8日にかけてイタリアで開催された第14回目のFIFAワールドカップである[1]。イタリアでの開催は1934年大会以来2回目であり、メキシコで開催された1986年大会に次いで2か国目の事例となった。1988年4月から始まった予選には116の国と地域の代表チームが参加し22チームが出場権を獲得した。これに予選を免除された開催国のイタリア代表と前回優勝のアルゼンチン代表を含めた24チームが参加した。大会の公式球はエトルスコ・ユニコ、公式マスコットはサッカーボールとイタリア国旗をあしらった「チャオ」[2]日本放送協会の協力によりイタリア放送協会を通じて世界各国に高精細度テレビジョン放送として配信された初の大会でもある[3]




  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w Overview - Germany hit winning note as Italian chorus fades”. FIFA.com. 2014年11月22日閲覧。
  2. ^ a b c d e Historia de los Mundiales: Italia '90”. MARCA.com. 2014年11月22日閲覧。
  3. ^ L'Alta Definizione a Torino 1986 – 2006 di Marzio Barbero e Natasha Shpuza”. Crit.rai.it. 2014年11月22日閲覧。
  4. ^ FIFA World Cup™ Record – Organisation”. 2014年11月22日閲覧。
  5. ^ a b c d Italy 1990”. BBC SPORT (2012年4月17日). 2014年11月15日閲覧。
  6. ^ Freddi, Cris (2006). Complete Book of the World Cup. HarperSport. ISBN 978-0-00-722916-1. 
  7. ^ The FIFA World Cup TV viewing figures (PDF)”. FIFA. 2007年11月27日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月22日閲覧。
  8. ^ “Sports in brief”. The Times. 3 August, 1983. p. 17. 
  9. ^ “Sports in brief”. The Times. 2 September, 1983. p. 20. 
  10. ^ a b “Italy gain vote over Soviet rival”. The Times. 21 May, 1984. p. 21. 
  11. ^ “Romania could join the boycott”. The Times. 22 May, 1984. p. 30. 
  12. ^ a b c d e f g h 1990 FIFA World Cup Italy ™ Preliminaries”. FIFA.com. 2013年12月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月22日閲覧。
  13. ^ a b Mexico given ban in soccer”. The New York Times (1988年7月1日). 2014年11月22日閲覧。
  14. ^ a b c d e グランヴィル 1998、361頁
  15. ^ a b Deutschland erfolgreich bei Neuauflage des vorigen Finales”. Fussballdaten. 2014年11月22日閲覧。
  16. ^ a b c d e f g h i j k l “WM 1990 Sonderheft”. Kicker. May–June, 1990. p. 185. 
  17. ^ a b c d e f g h i j k l World Cup '90: The Complete Collection. Orbis. (1990). 
  18. ^ Cinco cosas que no sabes de Comizzo, el DT que sacó campeón a la ‘U’”. El Comercio Peru (2013年12月20日). 2014年11月22日閲覧。
  19. ^ Beasant looks back”. TheFA.com (2013年1月14日). 2014年11月22日閲覧。
  20. ^ WORLD CUP '94: 5 DAYS AND COUNTING : The Weight of the World : Greater Stakes, Stricter Emphasis on Rules Interpretation Have Placed a Heavier Burden on Cup Referees Than Ever Before”. Los Angeles Times (1994年6月12日). 2014年11月22日閲覧。
  21. ^ a b c d e f g h i England Is Seeded Sixth In 1990 World Cup in Italy”. New York Times (1989年12月8日). 2014年11月22日閲覧。
  22. ^ Cup Seedings Revealed”. New York Times (1989年11月30日). 2014年11月22日閲覧。
  23. ^ a b c d The FIFA World Cup Final Draw history (PDF)”. FIFA.com. 2014年11月22日閲覧。
  24. ^ a b c “The Times guide to the draw for the World Cup finals”. The Times. 9 December, 1989. p. 51. 
  25. ^ a b SOCCER; U.S. Must Face Italy In Cup”. New York Times (1989年12月10日). 2014年11月22日閲覧。
  26. ^ グランヴィル 1998、366-367頁
  27. ^ a b c d e 北條聡「'90ワールドカップ優勝国 西ドイツ 退屈な大会を象徴する合理的なチャンピオン」『ワールドカップ伝説 vol.2 90年代編』ベースボール・マガジン社、80-81頁。ISBN 978-4583616490
  28. ^ a b c d e 牛木素吉郎、平木健一「イタリア'90 ワールドカップの技術と戦術 連載1 西ドイツ」『サッカーマガジン』1990年10月号、ベースボール・マガジン社、126-129頁。
  29. ^ a b c 西部謙司「プレスの派生 堅守速攻型サッカーの時代へ」『ワールドカップ伝説 vol.2 90年代編』ベースボール・マガジン社、67-69頁。ISBN 978-4583616490
  30. ^ a b c d e f g h i j k l m n 大住良之「再生と飛躍 新しい波が招いたグローバルと市場主義」『ワールドカップ伝説 vol.2 90年代編』ベースボール・マガジン社、12-13頁。ISBN 978-4583616490
  31. ^ グランヴィル 1998、381頁
  32. ^ a b c 賀川浩「90年代のマラドーナ論 精妙なタッチでボールに意思を吹き込んだディエゴ・マラドーナ」『ワールドカップ伝説 vol.2 90年代編』ベースボール・マガジン社、62-65頁。ISBN 978-4583616490
  33. ^ a b c d グランヴィル 1998、390頁
  34. ^ a b グランヴィル 1998、356-357頁
  35. ^ a b c グランヴィル 1998、358頁
  36. ^ グランヴィル 1998、375-376頁
  37. ^ グランヴィル 1998、378-379頁
  38. ^ グランヴィル 1998、384頁
  39. ^ a b c d e f 「1990年イタリア大会トピックス」『ワールドカップ伝説 vol.2 90年代編』ベースボール・マガジン社、86頁。ISBN 978-4583616490
  40. ^ グランヴィル 1998、386-388頁
  41. ^ a b 牛木素吉郎、平木健一「イタリア'90 ワールドカップの技術と戦術 連載3 イングランド」『サッカーマガジン』1990年12月号、ベースボール・マガジン社、142-145頁。
  42. ^ グランヴィル 1998、379-380頁
  43. ^ グランヴィル 1998、385-386頁
  44. ^ グランヴィル 1998、388-389頁
  45. ^ グランヴィル 1998、369-370頁
  46. ^ a b c 稲垣康介「世界が驚愕し興奮した38歳のスーパーサブ 雄々しきハンター ロジェ・ミラ」『ワールドカップ伝説 vol.2 90年代編』ベースボール・マガジン社、32-33頁。ISBN 978-4583616490
  47. ^ a b グランヴィル 1998、362-363頁
  48. ^ グランヴィル 1998、373-374頁
  49. ^ a b c d 牛木素吉郎、平木健一「イタリア'90 ワールドカップの技術と戦術 連載9 ユーゴスラビア」『サッカーマガジン』1991年6月号、ベースボール・マガジン社、134-137頁。
  50. ^ 花の都フィレンツェでの過酷な延長とPK戦”. 賀川サッカーライブラリー. 2014年11月22日閲覧。
  51. ^ a b 牛木素吉郎、平木健一「イタリア'90 ワールドカップの技術と戦術 連載10 アイルランド」『サッカーマガジン』1991年7月号、ベースボール・マガジン社、126-129頁。
  52. ^ Jonathan Stevenson (2010年5月26日). “The story of the 1990 World Cup”. BBC - : The story of the 1990 World Cup. 2014年11月22日閲覧。
  53. ^ a b c 驚きのコスタリカGKコネホとミルチノビッチの功績”. 賀川サッカーライブラリー. 2014年11月22日閲覧。
  54. ^ a b c d Costa shocker for Scots”. BBC SPORT (2002年4月15日). 2014年11月22日閲覧。
  55. ^ a b c 国吉好弘「1990年イタリア大会名勝負 西ドイツ「ミラノダービー」宿敵を下す」『ワールドカップ伝説 vol.2 90年代編』ベースボール・マガジン社、82-83頁。ISBN 978-4583616490
  56. ^ a b c d e 牛木素吉郎、平木健一「イタリア'90 ワールドカップの技術と戦術 連載11 オランダ」『サッカーマガジン』1991年8月号、ベースボール・マガジン社、126-129頁。
  57. ^ a b グランヴィル 1998、354-355頁
  58. ^ グランヴィル 1998、368-369頁
  59. ^ a b c d グランヴィル 1998、382-383頁
  60. ^ a b 後藤健生「美しさで魅了したオレンジ軍団の実力に迫る なぜオランダは敗れたのか…」『ワールドカップ伝説 vol.2 90年代編』ベースボール・マガジン社、54-55頁。ISBN 978-4583616490
  61. ^ 欧州の巨人激突クリンスマンとフリットの明暗”. 賀川サッカーライブラリー. 2014年11月22日閲覧。
  62. ^ a b 国吉好弘「ストライカーに必要なすべての能力を備えた男の"至福"と"ジレンマ" W杯に愛され、そして嫌われた男」『ワールドカップ伝説 vol.2 90年代編』ベースボール・マガジン社、24-27頁。ISBN 978-4583616490
  63. ^ グランヴィル 1998、360-361頁
  64. ^ a b c d e グランヴィル 1998、380-381頁
  65. ^ a b c グランヴィル 1998、353頁
  66. ^ a b 格別の素晴らしさ感じたイタリア90次の旅立ちは…”. 賀川サッカーライブラリー. 2014年11月22日閲覧。
  67. ^ 武智幸徳「フランツ・ベッケンバウアー カリスマチックな統率力でゲームを支配し勝利に導く」『ワールドカップ伝説 vol.2 90年代編』ベースボール・マガジン社、56-57頁。ISBN 978-4583616490
  68. ^ SPORTS OF THE TIMES; Winning Ugly, Losing Ugly, Just Plain”. New York Times (1990年7月9日). 2014年11月22日閲覧。
  69. ^ 1990 FIFA World Cup™ Italy - Statistics - Players - Top goals”. FIFA.com. 2014年11月15日閲覧。
  70. ^ a b 1990 FIFA World Cup™ Italy - Awards”. FIFA.com. 2014年11月15日閲覧。
  71. ^ All-time FIFA World Cup Ranking 1930–2010 (PDF)”. FIFA.com. 2014年11月22日閲覧。
  72. ^ FIFA World Cup: Milestones, facts & figures. Statistical Kit 7”. FIFA.com. 2013年5月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年11月22日閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1990_FIFAワールドカップ」の関連用語

1990_FIFAワールドカップのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



1990_FIFAワールドカップのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1990 FIFAワールドカップ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS