1990 年代後半とは? わかりやすく解説

1990年代後半(デス・ロウ・レコーズ後期時代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/09 04:56 UTC 版)

ザ・ドッグ・パウンド」の記事における「1990年代後半(デス・ロウ・レコーズ後期時代)」の解説

ドクター・ドレースヌープ・ドッグ2パック、そしてこのドッグ・パウンドと、次々とマルチ・プラチナ・アルバムをリリースして絶頂期にあったデス・ロウ・レコーズも、内部シュグ・ナイトによる暴力的な体質支配されており、1996年2パック暗殺死、ドクター・ドレー離脱1997年スヌープ・ドッグ離脱と、1990年代後半には凋落一途たどったザ・ドッグ・パウンド主力メンバーであるクラプト1998年にはデス・ロウ離脱ソロ・アルバム『Kuruption!』をリリースした。一方片割れダズ・ディリンジャーデス・ロウ・レコーズのメイン・プロデューサ、そして副社長としてこの時代デス・ロウをほぼ一人で支え同社によるコンピレーション・アルバムプロデュースし1998年には『Retaliation, Revenge & Get Backをリリースした。1999年にはクラプト早くも2枚目ソロ・アルバムTha Streetz Iz a Muthaをリリース、また多くの客演をこなすようになっていた。

※この「1990年代後半(デス・ロウ・レコーズ後期時代)」の解説は、「ザ・ドッグ・パウンド」の解説の一部です。
「1990年代後半(デス・ロウ・レコーズ後期時代)」を含む「ザ・ドッグ・パウンド」の記事については、「ザ・ドッグ・パウンド」の概要を参照ください。


1990年代後半(流通史)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/21 22:36 UTC 版)

自作パソコン」の記事における「1990年代後半(流通史)」の解説

1995年11月23日に『Windows95』の日本語版発売された。ソフマップなどのゲームソフト販売国内大手電機メーカーパソコン・関連商品の販売中心としたショップや、元々パーツショップ的な一面を持つ電子部品アマチュア無線ショップからの転換店などが参入した[要出典]。 秋葉原日本橋電気街では世界中から自作パソコン向けの部品輸入する店舗相次いで登場中小販売店廻りきれないほど林立した。自作パソコン全盛期秋葉原電気街では小さなショップでも1日1000万以上の売上上げることもあったという。新製品バルク品など品質性能不確かな物を含めてマニア人柱達が体当たり試用し[出典無効]、その結果インターネット電子掲示板などに報告してコミュニケーション活動活発に行った[要出典]。また、自作パソコンの早組み立てを競う賞金懸けたコンテスト開催された。 価格.comを始めとする価格比較サイト最安値徹底的に出す販売戦略知られたPCサクセス起業したのもこの頃である。また、OA機器販売店中からも、自作パソコンと同様形で自社内オリジナルのパソコン組み立てて顧客納品しオフィス向け複合機の様に保守メンテナンスまでをトータル手掛けるところが現れこれらの中にはパソコンショップ的な形ではないが個人客へのパーツ単体での販売を始めたり、サイドビジネスとしてホビー性の強い自作パソコンショップ手掛けるものが現れた[要出典]。 1990年代半ばからは世田谷区創業したクレバリーや、埼玉県春日部市創業したマウスコンピューター電気街参入した薄利多売攻勢仕掛けるものも現れ価格破壊起こり薄利多売と低粗利率業界体質という禍根長く残すこととなった大阪でも地元資本スタンバイ台頭した。 1990年代後半からDOS/Vパラダイス(現ドスパラ)、PC DEPOTT-ZONEパソコン工房全国各地地方中核都市中心に空き店舗を活用したチェーン展開本格化し、他にもアプライドなどのローカルチェーン登場した[要出典]。しかし、これらの取り扱い中心完成品パソコンいわゆる売れ筋パーツであり、地方都市住人特殊なパーツ入手するには通信販売に頼るより他なかった[要出典]。 家電量販店チェーンおいても一部店舗自作パーツホワイトボックスパソコン取り扱い始まった[要出典]。

※この「1990年代後半(流通史)」の解説は、「自作パソコン」の解説の一部です。
「1990年代後半(流通史)」を含む「自作パソコン」の記事については、「自作パソコン」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1990 年代後半」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1990 年代後半のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1990 年代後半のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのザ・ドッグ・パウンド (改訂履歴)、自作パソコン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS