Windows95とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > Windows95の意味・解説 

ウインドウズ‐きゅうじゅうご【Windows 95】〔‐キウジフゴ〕


Windows95

Microsoft社が開発したパソコン用32ビットオペレーティングシステム。基本機能一部として、ピアツーピアLAN構築する機能を持つため、Windows95が動作しているパソコン同士であれば他のソフトを使わずLAN構築が可能。

関連用語


Windows 95

読み方ウィンドウズきゅうじゅうご
別名:Microsoft Windows 95 Operating SystemMicrosoft Windows 95Win95ウィンドウズ95

Windows 95Windows 95とは、Microsoft1995年発売したオペレーティングシステムOS)の名称である。

Windows 95の大きな特徴としてユーザーインターフェース刷新32ビット環境実現によるアプリケーション高速化プリエンプティブマルチタスク実現によるシステム安定性の向上、プラグアンドプレイ搭載による周辺機器使い勝手の向上、といった点を挙げることができる。これらの改善点は、PC初心者がより容易に気軽にPCを扱うことを可能にした。

なお、Windows 95におけるタスクバースタートメニュー中心とするGUI構成は、後のWindowsにおいてスタンダードな型として採用されている。Windows XPWindows Vistaおいてもクラシックスタイルとして用意されている

Windows 95

バージョンとなるWindows 3.1は、MS-DOSファイル管理一部行わせる仕組みであったが、Windows 95は単体動作しMS-DOSを必要としなくなった。

Windows 95は、店頭販売される一般向けPCへのプリインストール販売などもあり、一般ユーザー中心に爆発的に普及した。Windows 95にあわせて発売され32ビット版のオフィススイートOffice 95」も人気を博したこの後後継バージョンWindows 98へと続く流れにおいて、WindowsOSシェア9割を占め事実上の標準デファクトスタンダード)となる。

なお、2008年現在、MicrosoftによるWindows 95のサポート終了している。



※画像提供 / マイクロソフト株式会社

Microsoft Windows 95

(Windows95 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/06 15:41 UTC 版)

Microsoft Windows 95(マイクロソフト ウィンドウズ 95)は、マイクロソフトWindows 3.1の後継として、1995年に発売したオペレーティングシステム (OS) である[1][2]インターネットが一般に広まりはじめた時期に、業務用だけでなく、一般家庭にも急速な普及を見せた画期的なOSで、パソコンを爆発的に普及させる原動力となった。


  1. ^ 日経パソコン 『日経パソコン用語事典 (2009年版)』日経BP社、2008年10月20日。ISBN 9784822233907 
  2. ^ ASCII.jp (2010年4月16日). “ASCII.jp デジタル用語辞典”. アスキー / KADOKAWA. 2021年7月16日閲覧。
  3. ^ Windows protection error in NDIS with a CPU that is faster than 2.1 GHz” (英語). サポート技術情報. マイクロソフト (2007年1月31日). 2014年8月20日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2008年12月15日閲覧。
  4. ^ Upgrading Existing Operating Systems to Windows 95” (英語). サポート技術情報. マイクロソフト (2006年11月15日). 2007年12月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月25日閲覧。
  5. ^ FM TOWNSにも、Windows 95が登場”. PC Watch (1996年6月10日). 2012年5月6日閲覧。
  6. ^ 脇英世『Windows入門』岩波書店1995年12月20日第1刷、1996年1月6日第3刷、ISBN 4-00-430420-2、v頁。
  7. ^ 日本経済新聞1995年8月30日付夕刊
  8. ^ 日経産業新聞1995年10月3日
  9. ^ 日経産業新聞1995年11月22日
  10. ^ 日経産業新聞1995年11月21日
  11. ^ 日本経済新聞1995年11月25日付朝刊
  12. ^ 日経産業新聞1995年12月1日
  13. ^ a b 日経流通新聞1995年12月5日
  14. ^ 日本経済新聞1995年12月22日付朝刊
  15. ^ Community Column: Why is Microsoft afraid of the GPL?”. Linux Today (2001年5月4日). 2001年8月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2001年8月2日閲覧。



Windows95(グラディウスDELUXE PACK for Windows95)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/22 01:36 UTC 版)

グラディウスII -GOFERの野望-」の記事における「Windows95(グラディウスDELUXE PACK for Windows95)」の解説

プレイステーション版とほぼ同等の内容移植版X68000版に続くPCでの忠実移植版でもあるオマケとして、オープニングムービーのムービーファイルと、スクリーンセーバー集が収録されていた。

※この「Windows95(グラディウスDELUXE PACK for Windows95)」の解説は、「グラディウスII -GOFERの野望-」の解説の一部です。
「Windows95(グラディウスDELUXE PACK for Windows95)」を含む「グラディウスII -GOFERの野望-」の記事については、「グラディウスII -GOFERの野望-」の概要を参照ください。


Windows95(グラディウスDELUXE PACK for Windows95)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 05:45 UTC 版)

グラディウス (ゲーム)」の記事における「Windows95(グラディウスDELUXE PACK for Windows95)」の解説

セガサターン版プレイステーション版からの移植であり、オープニングムービー追加、おまけでダッカーや、オプションハンター画面動き回るスクリーンセーバー収録されている。

※この「Windows95(グラディウスDELUXE PACK for Windows95)」の解説は、「グラディウス (ゲーム)」の解説の一部です。
「Windows95(グラディウスDELUXE PACK for Windows95)」を含む「グラディウス (ゲーム)」の記事については、「グラディウス (ゲーム)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「Windows95」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「Windows95」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

Windows95のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



Windows95のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2022 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリWindows 95の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのMicrosoft Windows 95 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのグラディウスII -GOFERの野望- (改訂履歴)、グラディウス (ゲーム) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS