仮想デバイスドライバとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 仮想デバイスドライバの意味・解説 

仮想デバイスドライバ

読み方かそうデバイスドライバ
【英】Virtual x Driver, VxD

仮想デバイスドライバとは、Windows 95Windows 98ないしはWindows 3.1で用いられる、CPU支配権有するプログラムであるデバイスドライバ総称である。

あるアプリケーションなどがハードウェア占有ようとすると、仮想デバイスドライバがその命令を奪い返して、複数命令が重なっても不都合なく実行できるようにする。この仮想的なデバイス占有によって、複数アプリケーション1つデバイス共有することが可能となっている。

仮想デバイスドライバの英語(Virtual Device Driver)では、「Device」の箇所それぞれ組み込まれる対象となるハードウェアが入るため、仮の値として変数「x」が充てられている。例えば、仮想デバイスドライバがプリンタPrinter)に組み込まれるならば「VPD」となり、あるいはディスプレイDisplay)に組み込まれるならは「VDD」となる。ちなみに仮想デバイスドライバのプログラムファイルには、Windows 95Windows 98では「.VXD」という拡張子付きWindows 3.1では「.386」という拡張子が付く。

また、仮想デバイスドライバはIntel32ビットマイクロプロセッサ特有の機能が用いられているため、32ビットデバイスドライバと呼ばれることもある。たいへん重要なプログラムであるが、それだけに仮想デバイスドライバの不都合システム全体支障をきたしてしまうので、開発することも困難である。MicrosoftWindows NTではWDM呼ばれるデバイスドライバ備えWindows 2000からはVxDサポート取りやめた。


仮想デバイスドライバ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/30 06:40 UTC 版)

仮想デバイスドライバ (Virtual Device Driver, VxD)とはWindows 3.xからWindows 9x系までにおいて用いられたデバイスドライバの形式である。VxDとは仮想デバイスドライバの多くがVデバイスD(例えばマウスのドライバならVMOUSEDという具合)のように名付けられていたことに由来する。






「仮想デバイスドライバ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仮想デバイスドライバ」の関連用語

仮想デバイスドライバのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



仮想デバイスドライバのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ仮想デバイスドライバの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仮想デバイスドライバ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS