司馬遼太郎 歴史観

司馬遼太郎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/04/07 03:42 UTC 版)

歴史観

時代性

司馬が収集した資料については、戦記『レイテ戦記』の著者大岡昇平が、司馬の著作『殉死』への評論を通じ、司馬の歴史小説に対し「時々記述について、典拠を示してほしい、と思うことがある」「面白い資料だけ渡り歩いているのではないか、という危惧にとらえられる」と苦言を呈している[25]

影響

司馬は新しい視点と斬新な描写で彼自身の歴史観を作って日本社会に広く影響を与えた国民的作家であると言われており、死後においても司馬の影響力は大きい[26]

司馬の作品はベストセラーかつロングセラーとなり、また多くが映像化された。

昭和史観

昭和の歴史について、著書「この国のかたち」のなかで「明治の夏目漱石が、もし昭和初年から敗戦までの“日本”に出逢うことがあれば、相手の形相のあまりのちがいに人違いするにちがいない」と述べている[27]

司馬とノモンハン事件

司馬が所属した戦車第1師団の九七式中戦車の夜間訓練。司馬も九七式中戦車に搭乗した

歴史作家司馬は、1968年に小説『坂の上の雲』の連載を開始した頃から、自分の戦時中に学徒動員により予備士官として戦車第1師団戦車第1連隊に配属された経験を顧みて、次の時代小説ではノモンハン事件を取り上げようと考えて取材を開始した[28]。ノモンハン事件を選んだ理由としては、この国境紛争が司馬の人生に大きな影響を与えたからとしている[29]

いったい日本とは何だろうということを、最初に考えさせられたのは、ノモンハン事件でした。昭和14年(1939年)、私が中学の時でした。こんなばかな戦争をする国は、世界中にもないと思うのです。ノモンハンには実際に行ったことはありません。その後に入った戦車連隊が、ノモンハン事件に参加していました。いったい、こういうばかなことをやる国は何なのだろうかということが、日本とは何か、日本人とは何か、ということの最初の疑問となりました。 — 「昭和」という国家[29]

司馬は他にも「私どもの部隊の先祖(といってもわずか四、五年前の先祖だが)がこの凄惨な戦闘に参加し、こなごなにやられた」など[30]、たびたび、自分の所属した戦車第1連隊がノモンハン事件に参戦していたと著作やエッセーに記述しており、司馬のもし自分が5年前に戦車第1連隊に配属されていたら無残な戦死を遂げたかも知れないという思いも、ノモンハン事件への強い拘りに繋がったとする指摘もあるが[31]、実際にノモンハン戦に投入されたのは、司馬が配属された戦車第1連隊ではなく戦車第3連隊戦車第4連隊であった[32]

司馬は、防衛庁戦史室を訪ね協力を取り付けて、段ボール1箱分のノモンハン事件に関する防衛庁戦史室秘蔵資料の提供を受けるなど[33] 、50歳代の10年に渡ってノモンハン事件のことを取材、調査しているが[34]、その取材の過程で[35]、「もつともノモンハンの戦闘は、ソ連の戦車集団と、分隊教練だけがやたらとうまい日本の旧式歩兵との鉄と肉の戦いで、日本戦車は一台も参加せず、ハルハ河をはさむ荒野は、むざんにも日本歩兵の殺戮場のような光景を呈していた。事件のおわりごろになってやっと海を渡って輸送されてきた八九式中戦車団が、雲霞のようなソ連のBT戦車団に戦いを挑んだのである[36]」「(日本軍の戦車砲は)撃てども撃てども小柄なBT戦車の鋼板にカスリ傷もあたえることができなかった、逆に日本の八九式中戦車はBT戦車の小さくて素早い砲弾のために一発で仕止められた。またたくまに戦場に八九式の鉄の死骸がるいるいと横たわった。戦闘というより一方的虐殺であった[37]」「ソ連軍は日本軍の前に縦深陣地を作って現れた。(日本軍は縦深陣地を理解しておらず)全兵力に近いものを第一線に配置して、絹糸一本の薄い陣容で突撃した。日本軍はあたかも蟻地獄に落ちていく昆虫のような状態に置かれた[38]」などと考え、「その結果、日本はノモンハンで大敗北し、さらにその教訓を活かすことなく、2年後に太平洋戦争を始めるほど愚かな国であり、調べていけばいくほど空しくなってきたから、ノモンハンについての小説は書けなくなった」などと、知人の作家半藤一利に後日語り[39]、「日本人であることが嫌になった」とノモンハン事件の作品化を断念した経緯がある[40]

しかし、日本軍の八九式中戦車は第2次ノモンハン事件の中盤には既に日本内地に帰還しており、事件のおわりごろになってやっと戦場に到着したとする司馬の認識は事実誤認であり[41]、また、1939年7月3日のハルハ川東岸での戦いで、日本軍の戦車第3連隊とソ連軍第11戦車旅団がノモンハン事件最大の戦車戦を行ったが、ソ連側の記録で確認できる、同日正午に開始された戦車戦では、八九式中戦車がソ連軍のBT-5を3輛撃破したのに対して、八九式中戦車の損失は2輌(ソ連軍は4輌撃破を主張)であり、互角以上の戦いとなっている[42]。その後に戦車第3連隊はソ連軍の速射砲や戦車が配置された陣地を強攻し、ソ連軍戦車32輌と装甲車35輌を撃破したと報告している[43](ソ連側の記録は不明[42])。そもそも、ノモンハン事件においては、日本軍の戦車と装甲車の損失は35輌(うち八九式中戦車は16輌)であったのに対し[44]、ソ連軍の損失は397輌(うちBT-5とBT-7は216輌)とはるかに大きく、八九式中戦車がソ連軍戦車に一方的に撃破されたというのも司馬の事実誤認である[45]

また、ノモンハン事件の戦闘で、敵軍陣地を強攻して大損害を被ったのは、日本軍よりむしろソ連軍であり、ソ連軍大攻勢時にフイ高地やノロ高地などに日本軍が構築した陣地を強攻して大損害を被っている[46]。井置栄一中佐率いる第23師団捜索隊が守ったフイ高地について、井置は速射砲陣地に予備陣地を4~5個程構築し、砲撃のたびに陣地変更して敵の攻撃をかわす巧妙なつくりするなど、逆に縦深陣地を作り上げて強攻してきたソ連軍に大損害を与えている[47]。司馬の認識とは異なり、ソ連軍がノモンハンで多用したのは、縦深防御ではなく縦深攻撃であり、8月の大攻勢時に威力を発揮し、第二次世界大戦でさらに進化し1944年6月に開始されたバグラチオン作戦がその集大成となったとされている[48]

司馬はソ連軍がほぼ損害を受けていなかったと思い込んでいたように示唆されているが[49]、日本軍歩兵が一方的に殺戮されたという説は、司馬がノモンハン事件の取材を進めていた1960年~1970年代には明らかでなかったソ連軍の情報が公開されるに従い否定されている[注釈 7][50][注釈 8][34]

司馬は戦後に長野県上山田温泉で温泉宿を経営していた歩兵第26連隊長須見新一郎元大佐と知り合った。連隊長解任の経緯から軍中央の参謀に不快感を抱いていた須見は、参謀を「悪魔」と罵倒するほどであり、昭和軍部に批判的であった司馬と意気投合している[51]。須見は明確に日本陸軍の作戦用兵に対しては批判的であり、司馬の小説の構想にうってつけの人物であったため、司馬は須見を主人公のモデルとして小説を書こうと決めて、熱心に上山田温泉通いをしていた[52]。1974年の文藝春秋正月号で司馬は参謀本部元参謀で伊藤忠商事の副社長だった瀬島龍三と対談し、それが記事となったが、須見は、エリート参謀であった瀬島に対して「あのインチキめ」と腹立たしく思っており、その瀬島と対談した司馬に対して「あんな不埒な奴にニコニコと対談し、反論せずにすませる作家は信用できん[53]」と激高し、以後の取材は一切受ける気はないとする絶縁状を送り付けた[54]ため、司馬はノモンハン事件の小説が書くのが困難となってしまった[55][40][56][57]。のちに司馬はこの時を振り返り「もしぼくがノモンハンを書くとしたら血管が破裂すると思う」と述べた[34]

モンゴル研究者の佐々木健悦は、司馬の歴史認識は上からの視点で、ノモンハン事件が書けなかったのは司馬の知的怠慢と知的不誠実さだと批判したうえに、モンゴル憲法についての記載も間違っていると指摘した[58]

歴史学者の秦郁彦は、司馬がノモンハン事件の小説を書けなかった理由として、下記の4点をあげている[59]

  1. 司馬のイメージにかなう主人公や傍役を見つけられなかった。
  2. 国境紛争という中途半端な戦争形態。
  3. 戦車隊はめぼしい戦果なしに、一週間ばかりで戦場を去った。
  4. 五味川純平「ノモンハン」など競合する先行作品が出現した。

司馬と戦車

司馬は戦車隊予備士官だった経験により、日本軍の戦車についても強いこだわりを持っており、著書やエッセーで幾度となく取り上げている。自分の戦車隊予備士官時代の話を、同じく司馬原作のテレビドラマ「梟の城」の後番組としてテレビドラマ化を目指していたが、撮影困難として挫折した経緯もある[60]

司馬は戦車第1連隊に配属され満州牡丹江で訓練を受けたが、連隊は本土決戦準備のため栃木県佐野市に移動した。そこで司馬は今後の人生の方向性を左右するような強烈な体験をすることになる。ある日、上陸してくる連合軍への邀撃作戦について説明するために大本営から将校が訪れて、戦車第1連隊の士官を集めた。一折り説明を受けたのちに司馬がこの将校に質問をしている[61]

速成教育をうけただけの私にはむずかしいことはわからなかったが、素人ながらどうしても解せないことがあった。その道路が空っぽという前提で説明されているのだが、東京や横浜には大人口が住んでいるのである。敵が上陸ってくれば当然その人たちが動く。物凄い人数が、大八車に家財道具を積んで北関東や西関東の山に逃げるべく道路を北上してくるに違いなかった。当時は関東のほとんどの道路が舗装されておらず、路幅もせまく、やっと二車線程度という道筋がほとんどだった。戦車が南下する。大八車が北上してくる、そういう場合の交通整理はどうなっているのだろうかということであった...(その将校は)しばらく私を睨みすえていたが、やがて、昂然と「轢っ殺してゆけ」と、いった。同じ国民をである。 — 「石鳥居の垢」[62]

司馬はこの大本営将校の話を聞いて、民衆を守るのが軍隊ではなく、民衆の命よりも軍のほうが大事なのかとショックを受けて、「こんな愚かな戦争を日本人はどうしてやってしまったのか」との問いが司馬の最大の疑問となっていき、その謎を解くために書かれたのが後の小説群であった[61]。つまり、この戦車第1連隊での体験が小説家司馬遼太郎の原点とも言える。昭和史研究で著名な半藤一利のように、出版業界で歴史畑を長く扱ってきた者が(司馬の担当者であった事もあり)この発言を信じて、帝国陸軍批判の材料とする者もいる。「恐ろしい言葉です。逃げてくる無抵抗な民衆を、作戦の邪魔になるから「ひき殺していけ」と言う。それを軍を指揮する「大本営参謀」が言ったというのです。しかも、司馬さんの質問に答えてたんですから、また聞きとか、伝聞とかではないんです。名前まではさすがに出されていませんでしたが、わたくしには当時の参謀本部作戦課の秀才参謀たちのいくつかの顔が思い浮かんできました。」などと、推測を交えた記述がなされている[63]

しかし、この司馬の体験談は幾度も司馬の著作や発言に登場するが、登場当初からは内容が変遷している。このエピソードが初めて司馬の著作に登場するのは「中央公論」1964年2月号の「百年の単位」であるが、このときの記述によれば、質問したのは司馬ではなく連隊の「ある将校」になっており、回答したのは「大本営少佐参謀」とより具体的になっている[64]

ある日、大本営の少佐参謀がきた...連隊のある将校が、このひとに質問した。「われわれの連隊は、敵が上陸すると同時に南下して敵を水際で撃滅する任務をもっているが、しかし、敵上陸とともに、東京都の避難民が荷車に家財を積んで北上してくるであろうから、当然、街道の交通混雑が予想される。こういう場合、わが八十輌の中戦車は、戦場到達までに立ち往生してしまう。どうすればよいか」高級な戦術論ではなくごく常識的な質問である。だから大本営少佐参謀も、ごくあたりまえな表情で答えた。「轢き殺してゆく」私は、その現場にいた — 「百年の単位」[65]

この時の少佐参謀は、同席した司馬や質問した連隊将校を睨みすえることもなく自然に「轢き殺してゆく」と答えたとされているが、司馬自身が小説家としての原体験となったと自認している重大事件について、司馬自身が質問したことを忘れるはずがないという指摘もある[66]

そして司馬が没する前年の1995年の鶴見俊輔との対談では、それまで大本営の少佐参謀や将校とされていた発言者が、同じ戦車第1連隊の大尉となっている[67]

その人、いい人なんですよ。その連隊(戦車第1連隊)のスターのような人でした。若い大尉で感じのいい...今でも感じのいい人ですが、大本営にしばらく出向されておられたんです。 — 「昭和の道に井戸をたずねて」[68]

また、この問答の存在自体に当事者から疑念が呈されている。軍事史研究家土門周平(本名近藤新治)(元戦車第二十八連隊中隊長)は「あの話は、われわれの間で大問題になったんです。司馬さんといっしょの部隊にいた人たちに当ったけれど、だれもこの話を聞いていない。ひとりぐらい覚えていてもいいはずなのですがね。」「当時、戦車隊が進出するのには、夜間、4なり5キロの時速で行くから、人を轢くなどということはまずできなかったですよ。」と述べている[69]。当時の日本軍は連合軍の戦闘爆撃機による空襲が最大の脅威であるため、大規模な移動は戦闘爆撃機の作戦が制限される夜間に行うとする「夜間機動作戦」が原則であったが、予備士官ながらも戦車小隊長であった司馬は、戦車第1師団司令部から各所属連隊の示達されていた「夜間機動作戦」をついて知らずに「かれら(避難民)を轢き殺さない限り作戦行動はとれない」と思い込んでいたことになる[70]。土門はこの件で一度司馬と対談する機会があったという。企画した雑誌は「朝日ジャーナル」であったが、その席で土門は「なんであんなことを言うのか。あの参謀は私の先輩だし、あなたの周りにいた将校も誰ひとりそんな発言は聞いていない」と問いただすと、司馬はにやりと笑って「近藤(土門)先生は学者ですなぁ」とひとことだけ答えたという。土門はその言葉を司馬の「私は小説家だから」という意味の発言ではないかと考えたが、結局このときの対談はお蔵入りとなり記事となることはなかった[71]

1973年に戦車第1連隊第5中隊の元中隊長西野堯大尉を会長として、満州時代の駐屯地名を冠した「石頭会」という戦友会が発足した。司馬は妻女とともに京都で開催された第一回目の会合に出席して「私は西野さんの言うことならなんでも聞きます。西野さんの大事な体温計割っちゃったからな」と挨拶して一同を笑わせている。その後加入した西野と同期の宗像正吉大尉が、あるときの二次会で思い切って司馬に「轢いてゆけ」発言の真偽をただしてみたところ、司馬からは「宗像さん、新品少尉が大本営参謀とサシで話ができると思いますか」「私は小説家ですよ。歴史研究家ではありません」「小説というものは面白くなければ、読者は離れてしまいます」と語り、作家の「創作」だったことを明かしたという[72]

太平洋戦争後、東北人民自治軍に接収されて国共内戦で活躍した九七式中戦車改(功臣号

自分が乗った九七式中戦車については、「同時代の最優秀の機械であったようで[73]」「チハ車は草むらの獲物を狙う猟犬のようにしなやかで、車高が低く、その点でも当時の陸軍技術家の能力は高く評価できる」「当時の他の列強の戦車はガソリンを燃料としていたのに対し、日本陸軍の戦車は既に(燃費の良い)ディーゼルエンジンで動いていた[74]」と評価する一方で、その戦闘能力については「この戦車の最大の欠点は戦争ができないことであった。敵の戦車に対する防御力もないに等しかった[74]」と罵倒するなど愛憎入り混じった評価をしているが、九七式中戦車はノモンハン事件、日中戦争太平洋戦争初期には、開発コンセプトに沿った歩兵支援用主力戦車[75]としての活躍を見せている[注釈 9][76]。ノモンハン事件の教訓もあって、主砲を一式四十七粍戦車砲に換装し対戦車攻撃力が強化された九七式中戦車改は、当時の参戦各列強国の水準に大きく立ち遅れていたが[77]ルソン島の戦いでは、第2戦車師団に配備された同車が、アメリカ軍の主力戦車M4中戦車M3軽戦車を撃破するなど一定の戦果を挙げて[78]、アメリカ軍の戦訓広報誌『Intelligence Bulletin』にて「もっとも効果的な日本軍戦車」との評価もうけている[79]。また、中国大陸では対戦車能力に乏しい中国軍相手に活躍し、大戦末期の1944年4月に開始された大陸打通作戦では97式中戦車改が主力の第3戦車師団が、1944年5月のわずか1か月で1,400㎞を走破、湯恩伯将軍率いる40万人の中国軍を撃破する原動力になったが、同車を含む師団の参加戦車255輌のうちで戦闘で撃破された戦車はわずか9輌であった[80]。九七式中戦車の活躍を見ていた中国共産党の軍隊東北人民自治軍は、日本の降伏ののち、九七式中戦車改を接収すると、自軍の兵器として使用、功臣号と名付けられた九七式中戦車改は国共内戦で大活躍しながら生存し、現在も中国人民革命軍事博物館に展示されているなどの活躍を見せている[81]

他国の戦車と一緒にアバディーン戦車博物館で展示されている八九式中戦車

一方で九七式中戦車の前の日本軍主力戦車八九式中戦車に対しては、その戦績への事実誤認も含めたところで、罵倒されていることが多く、司馬が戦車について語った小説新潮連載の「戦車・この憂鬱な乗物」[55]というエッセーで「B・T・ホワイト著湯浅謙三訳の『戦車及び装甲車』という本は世界中のその種の車の絵図と初期の発達史が書かれているが、悲しいことに日本の八九式中戦車については一行ものせていないのである。ノモンハンであれほど悲劇的な最期を遂げながら、その種の国際的歴史からも黙殺された」と司馬は述べているが[82]、司馬のいう『戦車及び装甲車』という本はブレイン・テレンス・ホワイト著『Tanks and Other Armored Fighting Vehicles, 1900 to 1918』の和訳であり、本の題名通り、1918年の第一次世界大戦までの戦車や戦闘車両に関する書籍で[83]、1929年(皇紀2589年)に制式採用された八九式中戦車は対象外であった[84]。また、世界の多数の戦車を所蔵し、戦車の歴史を見ることができるアメリカアバディーン戦車博物館に八九式中戦車も展示されている[85]

戦車第1連隊の元中隊長であり、戦後にAIU保険の役員となった宗像は、秦郁彦からの司馬はなぜ日本軍の戦車の悪口を言い続けたのか?という質問に対して「彼は本当は戦車が大好きだったんだと思います。ほれ、出来の悪い子ほどかわいいという諺があるでしょう」と答えている[86]。司馬自身も戦車に乗っている自分の姿をよく夢に見ているが、その夢の内容を「戦車の内部は、エンジンの煤と、エンジンが作動したために出る微量の鉄粉とそして潤滑油のいりまじった特有の体臭をもっている。その匂いまで夢の中に出てくる。追憶の甘さと懐かしさの入りまじった夢なのだが、しかし悪夢ではないのにたいてい魘されたりしている」と詳細に書き残しており[87]、戦車に対する司馬の愛着を感じることができる[88]。また、戦車兵であったという軍歴も否定的には捉えておらず、戦友会にも「無防備の裸で付き合える」として[89]、積極的に出席していたほか[90]文藝春秋の編集者として多くの有名作家と面識のあった中井勝との会話で、司馬は作家井上靖が従軍時代の兵科が何であったかを中井に尋ね、中井が「輜重輸卒でしょう」と答えると、司馬は「そうや、よう知っとるねえ」とまんざらでもない表情になったという。司馬は新聞記者の大先輩で文壇では格上で頭があがらなかった井上が、兵科として旧日本軍では軽く見られがちだった輜重兵であったのに対して、戦車兵の自分のほうが上であったという稚気っぷりな自負心を持っていたと、司馬のまんざらでもない表情を見て中井は思ったという[91]

のちに、戦車第1連隊で司馬と戦友であった宗像らは日本の戦車部隊発祥の地の久留米基地(現在は陸上自衛隊久留米駐屯地)にかつてあり、戦後に進駐軍に破壊された「戦車之碑」再建しようと奔走したが[92]、再建の目途が立ったときに、碑文の起草を司馬に依頼したところ、司馬は二つ返事で承諾し、下記の碑文を送った[93]

大正14年 この地に日本最初の戦車隊が誕生した

その後20年 戦い日多く 戦域はひろがり ひとびとはこの車輛ともに生死し 昭和20年 その歴史を閉じた
世々の価値観を越えて事実は後世に伝えらるべきものであるために その発祥を記念し この地に生き残れる者が相集い 死せしひとびとの霊を慰めつつ 戦車の碑を建てる

昭和49年5月
旧戦車兵有志980余名

陸上自衛隊機甲科3500余名 — 司馬遼太郎

こうした司馬の戦車に対する思いを感得していた戦車第1連隊の戦友たちは、宗像が一度問いただした以降は敢えて「大本営参謀の来隊は見た者も聞いた者もいないよ」などと口にすることはなかった[88]

歴史観への批判

司馬の作り上げた歴史観は、「司馬史観」と評される[94][95]

その特徴としては日清・日露戦争期の日本を理想視し、(自身が参戦した)太平洋戦争期の日本を暗黒視する点である。人物においては、高評価が「庶民的合理主義」者の織田信長西郷隆盛坂本龍馬大久保利通であり、低評価が徳川家康山県有朋伊藤博文乃木希典三島由紀夫である。この史観は、高度経済成長期に広く支持を集め[96]、ポスト高度成長期になると新自由主義自由主義史観の流行にのって読まれた[97]

しかしこのような歴史観は都合が良すぎるという指摘がある[98]。左派からは歴史修正主義の土台になった[99]、右派からは自虐史観の土台になったとして、それぞれ批判されることがある[100]。また乃木希典を愚将として描いていることは、福田恆存福井雄三により批判されている(詳しくは乃木希典#評価を参照)。

晩年の司馬は土地の公有を主張する、「庶民的」な田中角栄を嫌悪するなど主張が変化しており、日本文学者の助川幸逸郎は、司馬史観は高度経済成長期の思想で、バブル景気とその崩壊後の時代には視点が無かったのではないかと述べている[96]

フィクションへの批判

より学究的な立場からは、実証性の面からも批判されることがある。歴史家の鈴木眞哉は司馬史観には多くの盲点があるとして具体的な例を挙げて批判をしている[101]

『竜馬がゆく』『上総の剣客』の剣豪森要蔵は、参考文献『會津戊辰戦史』『七年史』の誤記もあった。白河地区を調査した結果、森親子が白河口の雷神山で戦死、板垣退助が見たなどはありえない。その後、多くの作家の作品に御前試合は語られていない。2022年、森要蔵の行動記録『会津人群像№44』「剣豪森要蔵の真実」池月映(歴史春秋社)が発表された。

虚構の記述

読者が多く影響力が強いために、作品に描かれているのがそのまま史実と受け取る読者も少なくないが、作品の多くはあくまでも大衆小説であり、小説とするために史実を意図的に変えているもの(例・「池田屋異聞」において山崎烝の先祖が奥野将監という事実は存在しない。また、常城家の出である大高忠兵衛の先祖が大高忠雄と書かれている)[102]や、根本的に架空のストーリーも含まれている。

『竜馬がゆく』糾弾事件

代表作『竜馬がゆく』で坂本龍馬による罵倒語として数ヶ所「ちょうりんぼう(馬鹿め)!」との表現を用いた[103]。この記述が1983年9月16日京都新聞夕刊の広告欄における伏見銘酒会の「銘柄クイズ」に引用されたのを機に問題視され、司馬は部落解放同盟から糾弾を受けた[103]。このとき、司馬だけではなく、京都新聞やKBS京都放送、コピーの下請け制作を依頼した電通京都支局、さらには電通本社までが突き上げを受けている[103]

司馬に対する糾弾会は、1983年12月12日、京都の部落解放センターで開かれた[103]。司馬は「知らなかった自分が恥ずかしい」と釈明し、「土佐弁では『ちょうりんぼう』は単なる罵倒語になっていると思っていた。被差別者が『長吏』と呼ばれていたことは古くから知っていた。日本語を考え続けているつもりながら、長吏とちょうりんぼうがつながっていることに気付かなかったことは、限りなく恥ずかしい」と述べた[103]

この事件の後、問題の箇所は「ばかめ!」と改められて刊行が続いている[104]


注釈

  1. ^ 生涯井伏作品を愛読している。『別冊アサヒグラフ 井伏鱒二の世界』(朝日新聞社、1992年)にも井伏論を寄せている。
  2. ^ 第二次世界大戦終戦時点での司馬の年齢は正確には22歳で、正確な年齢を記述している著作もある。
  3. ^ 青木は後に『中外日報』編集局長、西本願寺の雑誌『大乗』の編集長を歴任。『梟の城』は、青木の伝手で『中外日報』に連載されている。
  4. ^ 多くの選者が無視し、一人がもっともな理由で痛烈に否定し、一人がそれ以上の激しさで推賞した。それが海音寺であった[16]
  5. ^ プロポーズの場所は大阪市電の電停であった[17]
  6. ^ 李登輝は同世代の愛読者であった。この対談は内外の注目を起こした。なお1989年には韓国ソウルで、当時韓国大統領だった盧泰愚と対談した[19]
  7. ^ 日本軍の損失、戦死者7,696人、行方不明者(捕虜も含む)1,021人、負傷者8,647人、合計17,364人。ソ連軍とモンゴル軍の損失、戦死者9,983人、負傷者16,662人、合計26,645人。
  8. ^ 司馬はソ連情報公開直後に書かれた、アルヴィン・D. クックス『ノモンハン―草原の日ソ戦 1939』朝日新聞社〈上・下〉、1989年。を読み、来日したクックスとも対談「ノモンハン事件はいつも古くて新しいですね」「書くよりも読者の側に回ってよかったと思いました。いい本でした」と見解を述べている。のち『東と西 対談集』朝日新聞社に収録。
  9. ^ 司馬もエッセイ集『司馬遼太郎の考えたこと』『軍神・西住戦車長』ではマレー作戦シンガポールの戦いを日本の戦車が武名をあげた唯一の例として、戦車らしいものをもたなかったイギリス軍相手に無人の野をゆくように突進し、島田豊作少佐率いる1個中隊18輌の戦車がイギリス軍2個師団を壊滅させたと記述している。
  10. ^ いわゆる下駄履きアパートではなく、現在で言う最新の高層マンションのような高級物件である。
  11. ^ 司馬は鹿内に「ハイジャッカー」とのニックネームをつけて呼んでいた[111]

出典

  1. ^ 史上初の大調査 著名人100人が最後に頼った病院 あなたの病院選びは間違っていませんか”. 現代ビジネス (2011年8月17日). 2019年12月22日閲覧。
  2. ^ 司馬 1998, p. 250.
  3. ^ M1 Garand Serial Numbers”. Fulton Armory. 2019年4月6日閲覧。
  4. ^ Bruce N. Canfield. “American Rifleman”. National Rifle Association of America. 2019年4月6日閲覧。
  5. ^ Mauser Kar98k Rifle”. World War II Database. Lava Development, LLC. 2019年4月6日閲覧。
  6. ^ The Lee-Enfield Rifle in World War II”. Sovereign Media. 2019年4月6日閲覧。
  7. ^ Russian erection”. Darryl Boyd. 2010年2月21日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月6日閲覧。
  8. ^ 司馬 1998, p. 9.
  9. ^ 司馬遼太郎『出身県別 現代人物事典 西日本版』p898 サン・データ・システム 1980年
  10. ^ “戦友が見た「戦車兵・司馬遼太郎」 苦難の中でも冗談や笑み「軍人らしくなかった”. 産経新聞. (2015年8月8日). https://www.sankei.com/article/20150808-PAZBPVF3SFMILPJGWWU6FRBOM4/2/ 2021年1月10日閲覧。 
  11. ^ 司馬 1998, pp. 7–8.
  12. ^ 司馬 1998, p. 7.
  13. ^ 司馬 1993, pp. 283–284.
  14. ^ 司馬は自身が「老いらくの恋」という見出しを付け流行語になったとしているが、それが記憶違いであることは当時を知る報道関係者らに否定されている(『新聞記者・司馬遼太郎』文春文庫、2013、p104)。司馬は事件のあとに川田から「老いらくの恋」の語が入っている詩を見せてもらったと「自伝的断章集成」に書いているが、その詩は川田が家出前に懇意にしていた朝日新聞編集局長に送られており、「老いらくの恋」は同紙の第1報から見出しに使われている。
  15. ^ 1994年2月14日日本経済新聞夕刊
  16. ^ 中公文庫 『歴史の世界から 改版』 中央公論新社 ISBN 978-4122021013、211頁。
  17. ^ 中公文庫 『歴史の中の日本 改版』 中央公論新社 ISBN 978-4122021037[要ページ番号]
  18. ^ この時期までは、産経新聞社『新聞記者司馬遼󠄁太郎』(文春文庫、2013年)、後輩の三浦浩『青春の司馬遼󠄁太郎』(朝日文庫、2000年)に詳しい。
  19. ^ 『文藝春秋』1989年8月号。[要ページ番号]
  20. ^ “東京新聞:「司馬史観」といわれる歴史観がある。作家の司馬遼太郎さんが…:社説・コラム”. 東京新聞 TOKYO Web. オリジナルの2012年1月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20120109145047/http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/hissen/CK2007043002012658.html 2019年4月6日閲覧。 なお、同コラムに書かれている半藤一利は、司馬の遺志を継ぐ意味も込めて、司馬の死後に『ノモンハンの夏』を著した。下記『清張さんと司馬さん』では司馬の心情を推量している。
  21. ^ 第25回菜の花忌シンポ、来年2月12日に東京で開催”. 産経ニュース (2021年12月3日). 2021年12月3日閲覧。
  22. ^ 名誉高知県人”. 高知県. 2022年7月25日閲覧。
  23. ^ 名誉市民”. 東大阪市. 2022年8月11日閲覧。
  24. ^ 渡辺については、『レトリックス—大衆文芸技術論』収録の「神の自意識-司馬遼󠄁太郎」を参照。清水については、彼の初期の短編小説「猿蟹の賦」および「商道をゆく」(講談社文庫の『蕎麦ときしめん』所収)を参照。
  25. ^ 小林 2010, p. 167.
  26. ^ 霍見芳浩「学者が斬る(97)米国の対イラク攻撃と司馬遼󠄁太郎の警告」『エコノミスト』81巻2号(2002年、毎日新聞社養老孟司「没後十年をむかえて 特別寄稿 司馬遼󠄁太郎さんの予言 司馬さんは今の危機を見通していたかのようだ」『文藝春秋』2006年1月号
  27. ^ 2016年3月29日付「朝日新聞」
  28. ^ 小林 2010, p. 147.
  29. ^ a b 司馬 1998, p. 10.
  30. ^ 司馬 1998, p. 51.
  31. ^ 小林 2010, p. 142.
  32. ^ 豊田 1986, p. 114.
  33. ^ 森 2016, p. 280.
  34. ^ a b c 小林 2010, p. 146.
  35. ^ NHK 戦後史証言プロジェクト 日本人は何をめざしてきたのか 2014年度「知の巨人たち」第4回 二十二歳の自分への手紙〜司馬遼太郎〜
  36. ^ 司馬 2004, pp. 179–180.
  37. ^ 司馬 1980, p. Kindle版523.
  38. ^ 司馬 1998, p. 130.
  39. ^ 半藤一利『プレジデント』1996年9月号 「司馬遼太郎とノモンハン事件」
  40. ^ a b NHKスペシャル|ノモンハン 責任なき戦い”. NHK. 2019年4月6日閲覧。
  41. ^ 豊田 1986, p. 118.
  42. ^ a b コロミーエツ, p. 82.
  43. ^ 豊田 1986, p. 115.
  44. ^ 加登川 1974, p. 186.
  45. ^ コロミーエツ, pp. 101, 125.
  46. ^ コロミーエツ, p. 109.
  47. ^ コロミーエツ, p. 145.
  48. ^ 葛原 2009, p. 69.
  49. ^ 小林 2010, p. 140.
  50. ^ コロミーエツ, p. 151.
  51. ^ 森 2016, p. 287.
  52. ^ 森 2016, p. 290.
  53. ^ 森 2016, p. 291.
  54. ^ 小林 2010, p. 151.
  55. ^ a b 小林 2010, p. 161.
  56. ^ 佐藤優「知を磨く読書 司馬遼太郎の語られざる本音 」週刊ダイヤモンド 2016年3月19日号
  57. ^ 高橋誠一郎. “《風立ちぬ》論Ⅳ――ノモンハンの「風」と司馬遼太郎の志”. 高橋誠一郎 公式ホームページ. 2019年4月6日閲覧。
  58. ^ 佐々木健悦『徳王の見果てぬ夢』社会評論社 2013年ISBN 978-4-7845-1349-9 pp.216-217
  59. ^ 秦 2012, p. Kindle版1448.
  60. ^ 小林 2010, p. 162.
  61. ^ a b 小林 2010, pp. 134–135.
  62. ^ 司馬 1980, pp. Kindle版1152-1162.
  63. ^ 『NHK人間講座.半藤一利 清張さんと司馬さん』NHK出版 2001年10月、改訂版2002年10月/ 文春文庫、2005年10月 111頁
  64. ^ 秦 2012, pp. Kindle版1329-1333.
  65. ^ 司馬 1974, p. 312.
  66. ^ 延吉 2002, p. 298.
  67. ^ 延吉 2002, p. 294.
  68. ^ 司馬 1996, p. 75.
  69. ^ 中央公論『歴史と人物』増刊「太平洋戦争-終戦秘話」、1983年8月(通巻第150号)351頁
  70. ^ 延吉 2002, p. 301.
  71. ^ ギルバート 2016.
  72. ^ 秦 2012, pp. Kindle版1382-1392.
  73. ^ 司馬 1980, p. Kindle版474.
  74. ^ a b 司馬 1980, p. Kindle版487.
  75. ^ 下田 2014, p. 106.
  76. ^ 司馬 2004, pp. 183–184.
  77. ^ 司馬 1980, p. Kindle版560.
  78. ^ 加登川 1974, p. 222.
  79. ^ "The Most Effective Jap Tank" from Intelligence Bulletin, July 1945
  80. ^ 加登川 1974, p. 214.
  81. ^ 新浪公司 「99A式“功臣号”挺进朱日和,五代传承两次跨越」2018年07月15日記事
  82. ^ 司馬 1980, p. Kindle版400.
  83. ^ ホワイト 1971, p. 表紙.
  84. ^ 下田 2014, p. 101.
  85. ^ Pacific Wrecks - U. S. Army Ordnance Museum (Aberdeen Proving Ground)”. Pacific Wrecks Inc.. 2019年4月6日閲覧。
  86. ^ 秦 2012, p. Kindle版1392.
  87. ^ 司馬 1980, p. Kindle版922.
  88. ^ a b 秦 2012, p. Kindle版1409.
  89. ^ “戦友が見た「戦車兵・司馬遼太郎」 苦難の中でも冗談や笑み「軍人らしくなかった”. 産経新聞. (2015年8月8日). https://www.sankei.com/article/20150808-PAZBPVF3SFMILPJGWWU6FRBOM4/3/ 2021年1月10日閲覧。 
  90. ^ 秦 2012, p. Kindle版1384.
  91. ^ 中井勝. “司馬遼太郎の全貌――戦車兵だった司馬さん 「文藝春秋2016年3月特別増刊号 司馬遼太郎の真髄」”. 本の話WEB. 文藝春秋. 2018年9月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月6日閲覧。
  92. ^ 加登川 1974, p. 229.
  93. ^ 秦 2012, pp. Kindle版1392-14001.
  94. ^ 例えば新潮社は自社のウェブサイトにて司馬の講演テープ『司馬遼󠄁太郎が語る 第二集 歴史小説家の視点』を「作家、司馬遼󠄁太郎の歴史に対するスタンスを提示した「司馬史観」の原点ともいえる講演」と宣伝している。
  95. ^ 読売新聞2004年2月21日13面「現代に生きる日露戦争」
  96. ^ a b 司馬遼太郎を「過去」にできない日本人(インタビュー) - honto+
  97. ^ なぜ司馬遼太郎作品は、「昭和のビジネスパーソン」に愛読されたのか? | ダ・ヴィンチWeb
  98. ^ 井桁幹人 塾主の戦争観に垣間見る司馬史観へのアンチテーゼ(塾生レポート) | 松下政経塾
  99. ^ 山田朗自由主義史観の克服と歴史教育の課題
  100. ^ 池田博男 司馬史観の犯罪性
  101. ^ 鈴木眞哉「司馬遼󠄁太郎先生、お言葉ですが……」(『戦国「常識・非常識」大論争!―旧説・奇説を信じる方々への最後通牒―』洋泉社、2011年)53-88頁
  102. ^ 大高忠雄は独身であり妻子はいない。(赤穂市史編纂室主幹「赤穂四十七士列伝」)。
  103. ^ a b c d e 江上茂『差別用語を見直す : マスコミ界・差別用語最前線』花伝社/共栄書房、2007年8月、54-57頁。ISBN 9784763404992 
  104. ^ 『竜馬がゆく』文庫版第6巻p.265[要文献特定詳細情報]
  105. ^ [1]
  106. ^ 記者時代の司馬遼太郎が「新論語」で描いたロマンと現実
  107. ^ 司馬遼太郎「異常な三島事件に接して」(毎日新聞 1970年11月26日朝刊)。徳岡 1999, p. 290
  108. ^ おじいちゃんと司馬遼太郎さん”. アンガールズ田中卓志オフィシャルブログ. Ameba (2015年8月15日). 2020年5月11日閲覧。
  109. ^ 「地球にひとりだけの人」-『岡本太郎著作集』第5巻月報 講談社(1979年)[要ページ番号]
  110. ^ 日経ビジネス2005年6月6日号「検証 狙われたフジサンケイグループ 資本のねじれ解消暗闘の13年」。
  111. ^ 「週刊ポスト」2009年6月5日号。[要ページ番号]
  112. ^ 『リベラルタイム』2007年5月号「永田町仄聞録 だから民主党はダメなのだ」など参照
  113. ^ 司馬 2011, pp. 9–10.
  114. ^ a b 司馬 2011, p. 10.
  115. ^ 司馬 2011, p. 35.
  116. ^ a b 司馬 2011, p. 11.
  117. ^ 司馬 2011, p. 13.
  118. ^ 好きな司馬作品ランキング”. 2023年1月11日閲覧。
  119. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『竜馬がゆく』-NHKアーカイブス
  120. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『国盗り物語』-NHKアーカイブス
  121. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『花神』 NHKアーカイブス
  122. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『徳川慶喜』 NHKアーカイブス
  123. ^ 番組エピソード 大河ドラマ『功名が辻』NHKアーカイブス
  124. ^ 『朝日新聞』1976年4月6日(東京本社発行)朝刊、22頁。
  125. ^ 朝日賞 1971-2000年度”. 朝日新聞社. 2022年9月2日閲覧。
  126. ^ 文藝春秋・1996年5月臨時増刊号を改訂。
  127. ^ 色川大吉・佐高信「対談 司馬遼󠄁太郎批判」を収録 - 岩波書店『世界』〈1998年1月号〉。
  128. ^ 東谷暁によるインタビュー 福井雄三「司馬遼󠄁太郎という悪しき戦後」『表現者』(2005年、西部邁事務所)






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「司馬遼太郎」の関連用語

司馬遼太郎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



司馬遼太郎のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの司馬遼太郎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS