あんこうとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > > あんこうの意味・解説 

あん‐こう〔‐カウ〕【安康】

読み方:あんこう

平和で安らかなこと。安穏書簡で、相手の健康・繁栄などを祝うあいさつ言葉としても用いる。「御—の段」「国家—」


アンコー【暗刻】

読み方:あんこー

《(中国語)》マージャンで、同じ牌(パイ)を3個、手の内でそろえたもの。


あん‐こう【暗溝】

読み方:あんこう

暗渠(あんきょ)」に同じ。


あん‐こう〔‐カウ〕【暗×窖】

読み方:あんこう

暗い洞窟(どうくつ)。

何者か—の中へ降りていったのであろう」〈漱石幻影の盾


あん‐こう【暗紅】

読み方:あんこう

黒みがかったあかい色。黒ずんだ紅色

「暗緑と—を混ぜ合わした様な若いが」〈漱石・それから〉


あん‐こう〔‐カウ〕【暗香】

読み方:あんこう

どこからともなくにおってくる香り。やみに漂う花の香り。多く詩などで梅の香りをいう。


あん‐こう〔‐カウ〕【××鱇】

読み方:あんこう

アンコウ目アンコウ科海水魚総称キアンコウホンアンコウ)とアンコウクツアンコウ)の2種がある。全長約1メートル大きな口をもち、体は縦扁し、丸く、尾は小さい。骨は軟骨多く、肉は弾力に富む。上唇の上部にある細長い突起動かして小魚誘い寄せて捕食日本沿岸海底にすむ。冬季鍋料理にする。肝臓は特に美味。《 冬》「—の骨まで凍ててぶち切らる/楸邨

1動きが鈍いところから》愚かな人。

「この祐経、—らしくだしぬかれ」〈浄・加増曽我

呼樋(よびどい)」に同じ。

鮟鱇の画像

あんこう ()

三田尻浜独自のかん水輸送装置です。落差利用したものです。 沼井[ぬい]でつくられ塩分の濃い海水塩田地下つくられ竹製パイプで、たくわえプール(台坪[だいつぼ])に送りました

関連項目

鮟鱇(あんこう)

軒樋落し口呼びが一体となったもので、軒樋竪樋をつなぐ部分のあんこうの形と似ていることから、あんこうと呼ばれる


アンコウ

読み方:あんこう

  1. 小便器

分類 ルンペン大阪

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アンコウ

(あんこう から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/03/12 21:26 UTC 版)

拡大解釈をしない場合には、本来、アンコウ属のアンコウと言う種を意味するが、市場でアンコウと呼ばれる魚のほとんどは、実はキアンコウである事が多い。 アンコウ鮟鱇[1]、華臍魚)とは、第1義には、アンコウ目中の、アンコウ科に分類される日本語における総称である。しかし、アンコウ目全体をも指す。また、アンコウ科の中でも特に食用とするものだけを指す場合もある[注 1]。※本項は、古来の日本語でいう「あんこう」と、分類上の「アンコウ科」について解説する。


注釈

  1. ^ 誤解の生じない正確な解説を試みるならば、日本人が古来「あんこう」と呼んできた「口が極めて大きく、大体にして平べったい、海の底や深い所にいる魚」の一群は、分類学が科学的に分類する「アンコウ科」という一群と結果的同義であったので、近現代の日本人はそれを日本語の第1義としている、ということ。加えて、日本語「あんこう」は、より大きな分類群である「アンコウ目」とも結果的同義であったので、近現代の日本人はそれを日本語の第2義としている。その一方で、“食用”という完全な人為分類による括りである日本語第3義は、分類学による科学的分類と一致する道理が無い(一致するなら、それは単なる偶然でしかない)。
  2. ^ 2012年(平成24年)における青森県のアンコウ水揚げ量は約500トンであり、そのうち約80トンが風間浦村にある下風呂・易国間・蛇浦の漁港で水揚げされる[14]

出典

  1. ^ 講談社 2002, p. 34.
  2. ^ 上野・坂本 2004, p. 120.
  3. ^ 上野・坂本 2004, p. 121.
  4. ^ a b c d e f g h i j k 講談社 2002, p. 35.
  5. ^ a b c d 上野・坂本 2004, p. 122.
  6. ^ a b c d e f 上野・坂本 2004, p. 124.
  7. ^ 上野・坂本 2004, p. 125.
  8. ^ a b c おさかな瓦版 No.39 シリーズ:三陸のさかなたち 第6回 キアンコウ (PDF) - 独立行政法人水産総合研究センター
  9. ^ 『深海生物ファイル』北村雄一著 2005年 ネコ・パブリッシング発行 p.184
  10. ^ 12月7日に観察されたキアンコウの産卵について”. 名古屋港水族館 (2010年1月3日). 2013年1月19日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年12月1日閲覧。
  11. ^ a b フリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』 p.47 1988年 永岡書店
  12. ^ 沖森卓也ほか『図解 日本の文字』三省堂、2011年、52頁
  13. ^ a b c d テレビ東京『食彩の王国』第664回「鍋の定番! 津軽海峡あんこう物語」2017年1月28日放送回中「食材のリスト」。
  14. ^ 特集:あおもりの旬2014年1月号 風間浦村「風間浦鮟鱇(かざまうらあんこう)」”. 青森のうまいものたち. 青森県農林水産部総合販売戦略課. 2015年5月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月2日閲覧。
  15. ^ a b c 風間浦鮟鱇”. 風間浦村. 2017年1月28日閲覧。
  16. ^ 風間浦鮟鱇まつり(2017年12月21日閲覧)
  17. ^ 【食 旬な産地】山口・下関漁港/冬のアンコウ 大きな肝/水揚げ量日本一、ブランド化でPR『読売新聞』朝刊2017年12月20日(くらし面)
  18. ^ あんこう下関市ホームページ(2017年12月21日閲覧)
  19. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  20. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  21. ^ 五訂増補日本食品標準成分表
  22. ^ 五訂増補日本食品標準成分表 脂肪酸成分表編
  23. ^ a b 本山 1958, p. 23.
  24. ^ 東京都中央卸売市場築地市場東都水産株式会社 2013年1月
  25. ^ a b c d e f g h おさかな雑学研究会 『頭がよくなる おさかな雑学大事典』 p.202 幻冬舎文庫 2002年
  26. ^ 市場における輸入アンキモのアニサキス亜科線虫の感染状況 - 国立感染症研究所
  27. ^ 佐藤祥子『相撲部屋ちゃんこ百景 とっておきの話15』河出文庫 2016年 ISBN 978-4309414515
  28. ^ 食の情報館 〜魚のさばき方〜 あんこう(鍋物)”. 東京都中央卸売市場. 2012年10月27日閲覧。
  29. ^ 「雪中切り」に大歓声/ゆかい村鮟鱇まつり”. デーリー東北 (2012年2月7日). 2012年2月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月27日閲覧。
  30. ^ 『ゆかい村鮟鱇まつり』最新情報” (PDF). 風間浦村. 2016年5月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年10月27日閲覧。
  31. ^ 鮟鱇(あんこう) 常陸路冬の風物詩”. よかっぺ大洗. 大洗観光協会. 2016年11月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年4月2日閲覧。


「アンコウ」の続きの解説一覧

「あんこう」の例文・使い方・用例・文例

  • 鮟鱇{あんこう}の吊し切り
Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



あんこうと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「あんこう」の関連用語

あんこうのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



あんこうのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
防府市教育委員会防府市教育委員会
Copyright 2024,Hofu Virtual Site Museum,Japan
愛知県陶器瓦工業組合愛知県陶器瓦工業組合
Copyright (C) 2024 愛知県陶器瓦工業組合 All rights reserved.
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
皓星社皓星社
Copyright (C) 2024 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアンコウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS