蝦とは? わかりやすく解説

えび【海老/×蝦】

読み方:えび

十脚目属す甲殻類のうち、短尾下目カニ類)と異尾下目ヤドカリ類)を除くすべての種の総称海水または淡水にすむ。体は頭胸部腹部区別される頭胸部1枚甲殻覆われ、二対の触角、五対の歩脚をもつ。腹部は7節からなり、五対の遊泳脚がある。歩行するイセエビ・ザリガニ、遊泳するクルマエビ・サクラエビ・シバエビなどがある。食用魚類のえさとして重要。

海老錠(じょう)」の略。

海老/蝦の画像
海老を模した紋所一つ「海老の丸」
海老/蝦の画像

かえる〔かへる〕【×蛙/×蝦/×蛤】

読み方:かえる

無尾目両生類総称。体は太短く、首のくびれがなく、目は上方出て、口が大きい。前足に4本、後ろ足に5本の指と水かきをもつ。昆虫ミミズなどを舌で捕らえて食べる。声帯鳴嚢(めいのう)をもち、鳴くものが多く水田・沼などにすみ、樹上地中にすむものもある。幼生おたまじゃくし。アマガエル・トノサマガエル・ヒキガエル・ウシガエルなど種類が多い。かわず。《 春》「痩—まけるな一茶是(これ)にあり/一茶


読み方:エビebi

エビ類の総称


読み方
えび
えみ

エビ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/10 08:39 UTC 版)

エビ(海老・蝦・魵)は、十脚目(エビ目)に属する甲殻類のうち、カニ下目(短尾類)とヤドカリ下目(異尾類)以外の全ての種の総称である。かつての長尾類(長尾亜目 Macrura)にあたる。現在、長尾亜目という分類群は廃止されており、学術的な分類ではなく便宜上の区分である。


  1. ^ Guinot, Danièle; Tavares, Marcos (2003), “A new subfamilial arrangement for the Dromiidae de Haan, 1833, with diagnoses and descriptions of new genera and species (Crustacea, Decapoda, Brachyura)”, Zoosystema 25 (1), http://www.mnhn.fr/publication/zoosyst/z03n1a3.pdf [リンク切れ]
  2. ^ a b フリーランス雑学ライターズ 編『あて字のおもしろ雑学』永岡書店、1988年、50頁。ISBN 4522011601 
  3. ^ Lobster definition and meaning | Collins English Dictionary” (英語). www.collinsdictionary.com. 2020年9月8日閲覧。
  4. ^ a b c 富川光, 鳥越兼治「食卓で学ぶ甲殻類のからだのつくり : エビ・カニ・シャコ類の教材化に関する研究」『広島大学大学院教育学研究科紀要. 第二部文化教育開発関連領域』第56号、広島大学大学院教育学研究科、2007年、17-22頁、doi:10.15027/22762ISSN 1346-5554NAID 800180129162022年2月11日閲覧 
  5. ^ The EFSA Journal (2005) 292, 1-46 - Opinion on the “Aspects of the biology and welfare of animals used for experimental and other scientific purposes””. 20221203閲覧。
  6. ^ Animal Welfare (Sentience) Act 2022 Government Bill”. 20221203閲覧。
  7. ^ a b Can providing free electrical stunners move the needle on shrimp welfare practices?”. 20240220閲覧。
  8. ^ 食のスタジオ『まいにちの中高生のお弁当250』学研プラス、2015年2月、44頁。ISBN 9784058003831 
  9. ^ 外国人が嫌いな日本食7選&意外と人気な2品/文化の違いから見る食のインバウンド対応とは 訪日ラボ 2020年05月28日 (2023年8月25日閲覧)
  10. ^ 食品のアレルギー物質として「えび」「かに」の表示が 義務づけられ、平成 22 年 6 月 4 日から完全施行されます!” (PDF). 消費者庁. 2016年3月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月7日閲覧。
  11. ^ エビの眼柄切除 暫定的指標 2023年3月~4月”. 20240220閲覧。
  12. ^ The shocking practice that shows prawn farming is as cruel as factory farming. Have you ever heard of 'eyestalk ablation'?”. 20240220閲覧。
  13. ^ 5. PREPARATION OF BROODSTOCK FOR SPAWNING”. 20240220閲覧。
  14. ^ 1水産防疫疾病(エビ類)について”. 富田薬品株式会社. 2013年10月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年6月7日閲覧。
  15. ^ イエローヘッド病 Yellowhead Disease” (PDF). 日本水産資源保護協会. 2019年6月7日閲覧。
  16. ^ 伝染性皮下造血器壊死症” (PDF). 日本水産資源保護協会. 2019年6月7日閲覧。
  17. ^ タウラ症候群” (PDF). 農林水産省. 2019年6月7日閲覧。
  18. ^ バキュロウイルス・ペナエイによる感染症” (PDF). 農林水産省. 2019年6月7日閲覧。
  19. ^ バキュロウイルス・ペナエイ感染症” (PDF). 日本水産資源保護協会. 2019年6月7日閲覧。
  20. ^ モノドン型バキュロウイルス感染症” (PDF). 日本水産資源保護協会. 2019年6月7日閲覧。
  21. ^ De Grave, Sammy; Pentcheff, N. Dean; Ahyong, Shane T.; et al. (2009), “A classification of living and fossil genera of decapod crustaceans”, Raffles Bulletin of Zoology Suppl. 21: 1–109, https://hdl.handle.net/10088/8358 [リンク切れ]
  22. ^ Ignác Richter(スロバキアの昆虫学者) or Vera Andreevna Richter(ロシアの昆虫学者) or Martha Richter(古生物学者) or Hans-Joachim Richter(魚類学者)
  23. ^ Ignác Richter(スロバキアの昆虫学者) or Vera Andreevna Richter(ロシアの昆虫学者) or Martha Richter(古生物学者) or Hans-Joachim Richter(魚類学者)


「エビ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 01:51 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. えび節足動物甲殻類軟甲綱十脚目のうち、ヤドカリカニ除いた総称

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「蝦」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「蝦」の関連用語

蝦のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



蝦のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのエビ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS