たてまえとは?

Weblio 辞書 > 建築・不動産 > 建築用語 > たてまえの意味・解説 

たて まえ -まへ [0] 【建前】

家屋建築で,主要な棟木などを組み上げること。また,その時に行う祝い上棟式棟上むねあげ

たて まえ -まへ [3] [2] 【建前・立前】

基本となる方針原則表向き方針。 「 -をくずす」 「 -と本音
大道商人などの売り口上。 「こりや-所ぢやない/浄瑠璃新版歌祭文

たて まえ -まへ [2] 【点前・立(て)前】

茶道で,手前のこと。


建前

【用  語】建前
よみがなたてまえ
【意  味】
 木造軸組組み棟上を行うまでの工事をいう。

※建築CAD「ARCHITREND Z」で利用できる、メーカー建材データダウンロードサイトはこちら
>>「Virtual House.NET」

【たてまえ、たでめ】 たてまえ、たでめ

上棟式近所の人が屋根に上ってもち、ラーメン、みかん、お金カラーボールなどを撒くカラーボールには「酒一升」などと書かれており、ボールを拾った子供は2,3日自慢できる。

たてまえ

  1. 売り声漫才ネタによく使うのに「印肉のシカエー」「コーモリ傘の張りかえ」などがあるが、正月の「エー水菜エ」「蠣よーなまこ」「吉兆七草」に始つて「おひつのフゴ買うとくなはれんか」「餠箱はいりまへんか」「七五三縄エー飾り縄、おー七五三縄エー飾り縄エー山草エーゆずり葉エー」の歳の暮にいたるまで、大阪街頭呼び声色々と沢山にあるが、初代桂春団治は尤もよく研究していた(※以下略

分類 芸能


たてまへ

読み方:たてまえ

  1. 仕度ヲ整ワルヲ云フ。〔第四類 言語動作

立前

読み方:たてまえ

  1. 一般服装ノ意-〔関西地方〕。〔第二類 人物風俗
  2. 衣服。〔関西〕 或は服装を調ることを云ふ。
  3. 服装大口

分類 関西

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「たてまえ」の関連用語

たてまえのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



たてまえのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
福井コンピュータ福井コンピュータ
(C) 1996-2020 FUKUI COMPUTER Inc. All rights reserved.
福井コンピュータ株式会社建築用語大辞典
茨城王茨城王
copyright 2000-2020. ibaraking all rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS