Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > 株365の取引で用いられる用語

株365の取引で用いられる用語

 

株365の取引画面や取引明細書に記載されている専門用語の意味や計算方法について解説をします。

▼総資産
証拠金預託金額と建玉の損益を合計した金額です。
総資産=証拠金預託金額+建玉損益

▼証拠金預託金額
購入前の総資産額に金利相当額累計と配当相当額累計を加えた金額です。
証拠金預託金額=購入前の総資産額+金利相当額累計+配当相当額累計

▼建玉損益
現在所有しているポジション(建玉)の損益額です。
売り建玉の場合には、約定価格から売り気配の価格を引いた額に取引単位の100を乗じて、さらに建玉数量を乗じた金額になります。
売り建玉の場合=(約定価格-売り気配)×100×建玉数量
買い建玉の場合には、買い気配の価格から約定価格を引いた額に取引単位の100を乗じて、さらに建玉数量を乗じた金額になります。
買い建玉の場合=(買い気配-約定価格)×100×建玉数量

▼建玉数量
現在所有しているポジション(建玉)の枚数です。単位は1枚単位になります。

▼運用成績、または、運用損益
総資産から購入前の総資産額を引いた金額です。
運用資産=総資産-購入前の総資産額

▼有効比率
総資産を必要証拠金で割って100を乗じたものです。有効比率が100未満になるとロスカットになります。
有効比率=総資産÷必要証拠金×100

▼必要証拠金
1枚当たりの証拠金基準額に建玉数量を乗じたものです。複数の銘柄を保有している場合には、それぞれの銘柄の必要証拠金の合計額になります。
必要証拠金=1枚当たり証拠金基準額×建玉数量

▼配当相当額累計
1枚当たりの配当相当額の累計に建玉数量を乗じたものです。
配当相当額累計=1枚当たりの配当相当額の累計×建玉数量

▼金利相当額累計
1枚当たりの金利相当額の累計に建玉数量を乗じたものです。
金利相当額累計=1枚当たりの金利相当額の累計×建玉数量
(2012年09月10日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

©2022 GRAS Group, Inc.RSS