下支えとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 下支えの意味・解説 

した‐ざさえ〔‐ざさへ〕【下支え】

[名](スル)

景気相場などがある水準以下に下がらないよう支えること。「日銀による資金供給経済を—する」「雇用調整助成金100万人の雇用を—する」「ハイテク株の上昇が相場を—した」

他者他派運動支持応援すること。「他党候補の—に回る」


下支え

株価がある水準より下がらないように買いを入れて、値段を落とさないこと。
下支えには資金が必要なので、機関投資家個人大口投資家が何か意図を持って行っている考えてよいでしょう。その1つは、下支えをしている投資家集めをしていて、下値のあたりで売りに出てくるを買っている場合です。これは、積極的な考えによる下支えのため、株価先行きには期待持てます。もう1つは、証券金融会社などに担保として入れているで、下値を切ると担保率が下がり負担が増すので、無理して下支えをしているケースです。この場合は、株価動きづらい展開が予想されます。一方こうした投資家側の意図的仕掛けでなく、そのもの材料があって下値付近になると買いものが入ることがあります。この場合は、材料が「下値支え要因」となって株価支えているのです。

下支え(したざさえ)

相場下値固くてなかなか下がらないことをいいます。

「下支え」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「下支え」に関係したコラム

  • 株365の日経225証拠金取引と信用残との関係は

    株365の日経225証拠金取引と信用残とはどのような関係にあるでしょうか。そもそも信用残とは何でしょうか。信用残とは、信用取引における売り残と買い残の総称です。売り残は、信用取引における売り方の取引残...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「下支え」の関連用語

下支えのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



下支えのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2022 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS