カラジウムとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 植物 > カラジウムの意味・解説 

カラジウム

Caladium bicolor

Caladium bicolor

パナマからギアナブラジルにかけてが原産です。現在では、熱帯各地帰化しています。熱帯雨林周辺部に群生し、高さは3045センチになりますわが国へは明治時代中頃渡来し、「ニシキイモ錦芋)」と呼ばれていました。小さなサトイモ」のかたちをしていて、全体いろいろな斑模様あります
サトイモ科カラジウム属多年草で、学名Caladium bicolor。英名は Fancy-leafed caladium
サトイモのほかの用語一覧
アグラオネマ:  アグラオネマ・シンプレックス
アルム:  アルム・イタリクム
オランダカイウ:  カラー
カラジウム:  カラジウム
キサントソマ:  キサントソマ・ウィオラケウム  ココヤム
キルトスペルマ:  キルトスペルマ・ジョンストニイ

カラジューム属

(カラジウム から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/09/19 09:23 UTC 版)

カラジューム属(カラジュームぞく)とはサトイモ科の属の一つ。カラジウム属とも。学名Caladium。和名ハイモ属白鷺(しらさぎ)ともいう。


  1. ^ a b c Caladium Tropicos
  2. ^ Caladium The Plant List


「カラジューム属」の続きの解説一覧



カラジウムと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「カラジウム」の関連用語

カラジウムのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



カラジウムのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2019 shu(^^). All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカラジューム属 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS