アマリリスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > 多年草 > アマリリスの意味・解説 

アマリリス【amaryllis】

読み方:あまりりす

ヒガンバナ科ヒペアストルム属植物交配した園芸品種総称花の色は赤・淡紅白色、縞(しま)模様などがある。暖地では夏に開花南アメリカ原産ジャガタラずいせん。《 夏》「温室(むろ)ぬくし女王如き—/久女」

ヒガンバナ科ベラドンナ属の多年草。一属一種は広線形で、叢生(そうせい)。9月ごろ、芳香のある淡紅色の6弁花を数個つける。南アフリカ原産で、観賞用。本アマリリス。《 夏》


アマリリス

作者安西水丸

収載図書アマリリス
出版社新潮社
刊行年月1989.6


アマリリス

作者住井すゑ

収載図書住井すゑ作品集 第3巻
出版社新潮社
刊行年月1999.2


アマリリス

作者重松清

収載図書半パン・デイズ
出版社講談社
刊行年月1999.11


アマリリス

作者國中

収載図書風景画の窓
出版社れんが書房新社
刊行年月2007.5


アマリリス

名前 AmarilisAmarilysAmaryllis

アマリリス(Amaryllis)

読み方:あまりりす

  1. 互に自尊心を傷けないやうに致しませうといふ意味を表す。〔花言葉
  2. 花言葉にて、お互に自尊心を傷けないやうに致しませうといふ意味を表す。

分類 花言葉

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アマリリス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/30 16:02 UTC 版)

アマリリス英語:Amaryllis)は、ヒガンバナ科ヒッペアストルム Hippeastrum の植物の総称、原種は中南米西インド諸島に約90種があり、数百種類の園芸品種が作出され、現在もその数は増え続けている。学名のヒッペアストラムはギリシア語で騎士の意味のhippeos(ヒッペオス)と星、astron(アストロン)から、アマリリス Amaryllis は旧属名であり古代ギリシャやローマの詩に登場する羊飼いのアマリリスから取られている。 学名上の園芸品種の総称はヒッペアストルム・ヒブリドゥム Hippeastrum × hybridum


  1. ^ 国際栽培植物命名規約」1995年版によると。学名はラテン語で表記され園芸品種名にはラテン語は使用してはならないとあるが、belladonna(美しい女性)はラテン語であると同時にイタリア語でもある。



アマリリス(Armariris)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/22 21:53 UTC 版)

黄昏色の詠使い」の記事における「アマリリス(Armariris)」の解説

クルーエル中に宿る空白名詠の真精。シャオ敵対関係にある。クルーエルもう一つ人格成長したもの。

※この「アマリリス(Armariris)」の解説は、「黄昏色の詠使い」の解説の一部です。
「アマリリス(Armariris)」を含む「黄昏色の詠使い」の記事については、「黄昏色の詠使い」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アマリリス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「アマリリス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



アマリリスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

アマリリスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アマリリスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ボタニックガーデンボタニックガーデン
Copyright 2001-2022 shu(^^). All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアマリリス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの黄昏色の詠使い (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS