住井すゑとは? わかりやすく解説

すみい‐すえ〔すみゐすゑ〕【住井すゑ】


住井すゑ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 06:17 UTC 版)

住井 すゑ(すみい すえ、1902年1月7日 - 1997年6月16日)は、奈良県出身の小説家。代表作は『橋のない川[1]で、部落差別について取り組んだ。住井 すゑ子名義による著作もある。


  1. ^ 一部から七部まで。八部は表題のみ残し未完。
  2. ^ 『母・住井すゑ』増田れい子著
  3. ^ 朝日新聞社発行の『Ronza』(1995年8月号)の特集「戦後50年 文筆者、出版・新聞の戦争責任」
  4. ^ a b c 住井すゑの「少年倶楽部」に掲載された作品とラジオ放送された作品
  5. ^ 「いま、なぜ住井すゑなのか─『RONZA』特集記事への疑問」(『週刊金曜日』1995年9月15日号)
  6. ^ 前田均 『住井すゑの戦争責任とその弁護者たち』天理大学人権問題研究室(2)、1999年3月https://opac.tenri-u.ac.jp/opac/repository/metadata/2426/JNK000201.pdf 
  7. ^ 広報うしく


「住井すゑ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

住井すゑのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



住井すゑのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの住井すゑ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS