夏季休暇とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 夏季休暇の意味・解説 

夏休み

(夏季休暇 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/08 05:47 UTC 版)

夏休み(なつやすみ)、夏季休暇(かききゅうか)は、教育機関企業などでの期間、授業や業務を休みにする休暇のことである。北半球では主に7月下旬から8月の終わり頃までの、長期休業である。


注釈

  1. ^ 過去に北海道内の小学校では省エネルギーの観点から冬休みが夏休みより長い年度もあった。札幌市立の小学校でも昭和56 - 57年度に実施され、冬休みが12月24日から1月20日までのおおむね4週間であった。その分夏休みは3日少なく、7月27日から8月16または17日までとなっていた。[5]
  2. ^ ゆとり教育では小中学校で削減した内容を高校に移行する内容になっており、情報科の新設などもあり高校にしわ寄せが行った。

出典

  1. ^ 夏期休暇?夏季休暇?”. NHK. 2020年7月29日閲覧。
  2. ^ a b 学校教育法施行令”. e-gov. 2020年7月29日閲覧。
  3. ^ 日本労働年鑑 特集版 太平洋戦争下の労働運動 第五編 言論統制と文化運動 第三章 教育運動 (PDF) 法政大学大原社会問題研究所 2017年10月7日閲覧
  4. ^ http://mengry.net/2016/03/14/natsuyasumi_kikan/
  5. ^ 北海道新聞(札幌版)1981年4月17日
  6. ^ 南砺市立南砺つばき学舎行事予定
  7. ^ 新型コロナウイルス感染症の影響を踏まえた公立学校における学習指導等に関する状況について(令和2年6月23日時点) (PDF)”. 文部科学省 (2020年7月17日). 2020年7月23日閲覧。
  8. ^ 平岩国泰. “9月1日に考える、自殺と子どもたちの逃げ道”. https://news.yahoo.co.jp/byline/hiraiwakuniyasu/20160831-00061578 2020年7月29日閲覧。 
  9. ^ a b c “子どもの自殺、ピークは夏休み後半 直近10年「9月1日」から変化”. 西日本新聞社. (2018年8月15日). https://www.nishinippon.co.jp/sp/item/n/441266/ 2020年7月29日閲覧。 
  10. ^ 野田進「「休暇」概念の法的意義と休暇政策─「休暇として」休むということ」『日本労働研究雑誌』第625巻、労働政策研究・研修機構、2012年8月、 NAID 40019394013
  11. ^ 神吉知郁子「休日と休暇・休業」『日本労働研究雑誌』第657巻、労働政策研究・研修機構、2015年4月。
  12. ^ 石紀美子 (2014年8月22日). “親はうんざり、長すぎるアメリカの学校の夏休み もはや時代にそぐわない100年前の旧弊”. 日本ビジネスプレス. http://jbpress.ismedia.jp/articles/-/41533 2014年8月23日閲覧。 


「夏休み」の続きの解説一覧

「夏季休暇」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「夏季休暇」の関連用語

夏季休暇のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



夏季休暇のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの夏休み (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS