浸出とは?

しん‐しゅつ【浸出】

[名](スル)物を液体中につけたときに、その物質成分が溶け出ること。また、溶け出させること。「生薬成分溶剤に浸出させる」


浸出

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/07/05 13:58 UTC 版)

浸出(Effusion)とは、個々の分子が分子同士の衝突なしに穴から流れ出る過程である。穴の直径が分子の平均自由行程よりもかなり小さい場合に起こる[1]グレアムの法則によると、気体の浸出速度(単位時間当たりに穴を通過する分子の数)は分子量に依存し、低分子量の気体は高分子量の気体よりも速く浸出する。同じ温度の2種類の気体は同じ運動エネルギーを持ち、それぞれの気体の分子速度二乗平均平方根は、次の等式により計算される。


  1. ^ K.J. Laidler and J.H. Meiser, Physical Chemistry, Benjamin/Cummings 1982, p.18
  2. ^ Zumdahl, Steven S. (2008). Chemical Principles. Boston: Houghton Mifflin Harcourt Publishing Company. pp. 164. ISBN 978-0-547-19626-8. 


「浸出」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「浸出」の関連用語

浸出のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



浸出のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの浸出 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS