偏析とは?

Weblio 辞書 > 工学 > 透過電子顕微鏡用語 > 偏析の意味・解説 

へん せき [0] 【偏析】

粉粒体粒度比重組成などにかたよりを生じ不均一になること。
金属合金凝固する際、不純物成分元素濃度分布不均一になる現象

偏析

【英】:segregation

金属合金中の不純物あるいは成分元素分布不均一になる現象合金凝固際しばしば起きる。

説明に「偏析」が含まれている用語


偏析

segregation
合金元素不純物不均一偏在している現象又はその状態。

偏析

金属合金中の不純物あるいは成分元素分布不均一になる現象

偏析

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/03/16 13:52 UTC 版)

偏析(へんせき:monotectoid)は合金などが凝固するときの凝固形態、結晶組織の一つで、固相α1から固相α2と固相βが形成したときにできる結晶である。 偏析ができるような反応を偏析反応(monotectoid reaction)という。




「偏析」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「偏析」の関連用語

偏析のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



偏析のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日本電子株式会社日本電子株式会社
Copyright(C)1996-2019 JEOL Ltd., All Rights Reserved.
吉崎メッキ化工所吉崎メッキ化工所
Copyright (C) 2019 (株)吉崎メッキ化工所. All rights reserved.
国際超電導産業技術研究センター国際超電導産業技術研究センター
Copyright (C) 2019 財団法人国際超電導産業技術研究センター All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの偏析 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS