FireWireとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > FireWireの意味・解説 

IEEE 1394

読み方アイトリプルイーいちさんきゅうよん
別名:i.LINK,FireWire,DV端子

IEEE 1394、別名i.LINK、FireWireIEEE 1394とは、PCなどのデジタル機器間でデジタルデータ双方向接続実現するインターフェース規格である。

同じIEEE 1394規格指して、ソニーは「i.LINK」の呼称を、同じくAppleは「FireWire」の呼称用いている。

IEEE 1394は、映像信号音声信号制御信号などを、1本のケーブルで、双方向やりとりすることができる。このため従来のように音声端子映像端子別に用意したり、入力出力端子別に用意したりする必要がない転送方式シリアル転送採用されており、転送速度は100Mbpsや400Mbpsなど、いくつかの規格がある。

IEEE 1394の端子にはピン数が4と6極の2種類の形状用意されており、6端子の方は電源供給対応している

IEEE 1394ではPCはじめとしてプリンタデジタルカメラビデオレコーダーオーディオアンプなど、様々なデジタル機器間を接続することが可能である。ホットスワップにも対応している。ただし、必ずしもIEEE 1394対応機器すべてにおいて互換性維持しているとは限らない。



※画像提供 / サンワサプライ株式会社
接続インターフェースのほかの用語一覧
IDE/ATA:  HBA  HVD  バスマスター  IEEE 1394  iSCSI  ケーブルセレクト  Large LBA

IEEE 1394

(FireWire から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/16 15:11 UTC 版)

IEEE 1394(アイトリプルイーいちさんきゅうよん)はAV機器コンピュータを接続する高速シリアルバス規格である。1986年Appleが提唱したFireWire(ファイアワイアもしくはファイヤーワイヤー)規格をソニーTIIBMなどと共同で1995年IEEE 1394-1995として標準化したもの[1]


  1. ^ a b c SAE Mil-1394 For Military and Aerospace Vehicle Applications (pdf)” (英語). SAE International. 2020年2月29日閲覧。
  2. ^ a b 伊藤 2001, p. 289.
  3. ^ 1394の概要”. IEEE1394 とは. 有限会社スペースソフト. 2020年3月5日閲覧。
  4. ^ a b c IEEE1394b 解説”. 有限会社スペースソフト. 2020年3月5日閲覧。
  5. ^ a b 伊藤 2001, p. 288.
  6. ^ 新世代バスの分類”. IEEE1394 とは. 有限会社スペースソフト. 2020年3月5日閲覧。
  7. ^ 後藤弘茂のWeekly海外ニュース”. pc.watch.impress.co.jp. 2020年5月14日閲覧。
  8. ^ IEEE1394の最高速度であるIEEE1394bが3200Mbps(3.2Gbps)なのに対し、USB3.0は5Gbps。
  9. ^ ソニー、VAIO 505新機種にIEEE1394端子搭載”. pc.watch.impress.co.jp. 2018年8月23日閲覧。
  10. ^ IEEE 1394b Playing Pivotal Role in F-35 Lightning II Joint Strike Fighter” (英語). 2011年3月1日閲覧。


「IEEE 1394」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「FireWire」の関連用語

FireWireのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



FireWireのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
音楽電子事業協会音楽電子事業協会
Copyright 2022 AMEI.OR.JP
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリIEEE 1394の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのIEEE 1394 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS