Tik Tokとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > Tik Tokの意味・解説 

Tik Tok

読み方ティックトック
【英】tiktokv.com

Tik Tokとは、Bytedanceが提供するスマートフォン向けの動画共有サービス、およびアプリの名称である。

Tik Tokは、短い動画撮影加工して共有できる、いわゆるリップシンクアプリ代表的サービスひとつとして知られる。同ジャンル代表的サービスのひとつである「Musical.ly」もBytedanceにより買収され、Tik Tokとの統合が進められている。

Tik Tokを運営するBytedanceはシンガポール拠点を置く企業である。2017年半ばには日本にも本格的進出しつつあり、YouTubeなどで動画広告配信されているが、サービスそのものよりも「広告妙にウザい」という評判によって大きな話題集めている。


参照リンク
Tik Tok

TikTok

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/02 08:00 UTC 版)

TikTok(ティックトック、: 抖音短视频抖音、Douyin) は、中華人民共和国ByteDance社が開発運営しているモバイル向けショートビデオプラットフォームである。音符状のロゴは「抖音」の拼音表記「Dǒuyīn」の頭文字「D」に由来する。また中国語名の「抖音短视频」のうち「抖音」はビブラート、「短视频」はショートビデオという意味である。




  1. ^ a b TikTok株式会社 第2期決算公告
  2. ^ a b “欧米のティーンに人気の音楽&ビデオアプリ「Musical.ly」、中国のニュースアプリ「Toutiao(今日頭条)」が8億〜10億米ドルで買収”. BRIDGE. (2017年11月11日). https://thebridge.jp/2017/11/musically-acquired-by-bytedance-toutiao 2020年6月6日閲覧。 
  3. ^ a b 「TikTok」と「musical.ly」が統合、世界No.1のショートビデオプラットフォームを目指す”. 2018年8月5日閲覧。
  4. ^ Douyin joins Apple Music partnership program”. Shanghai Daily. 2018年8月31日閲覧。
  5. ^ エイベックスがTikTokと国内レーベルでは初の包括契約 その狙いとは?”. BuzzFeed. 2018年10月19日閲覧。
  6. ^ 佐野正弘 (2019年7月29日). “「TikTok」は若者向けのイメージから脱却できるか?”. 日経 xTECH. 日経BP. 2019年12月18日閲覧。
  7. ^ 流行語大賞候補に「eスポーツ」「仮想通貨」「TikTok」”. ITmedia. アイティメディア (2018年11月7日). 2019年12月18日閲覧。
  8. ^ JC・JK流行語大賞2018&2019トレンド予測を発表「タピる」「TikToker」「ASMR」がランクイン!”. AMF (2018年11月30日). 2019年12月18日閲覧。
  9. ^ 田沢梓門 (2018年12月6日). “Appleが選ぶ今年のアプリや曲「Best of 2018」発表。年間ランキングはTikTokが首位に”. Engadget 日本版. Oath Japan. 2019年12月18日閲覧。
  10. ^ a b c 若者の“TikTok離れ”加速? 変革期を迎えた『TikTok』、全世代を取り込むことができるのか”. ORICON NEWS. oricon ME (2019年9月6日). 2019年12月18日閲覧。
  11. ^ “TikTok俳優”犬飼貴丈が登場! 伊藤沙莉も出演する『けもなれ』×TikTokコラボCMが話題に”. リアルサウンド テック. blueprint (2018年10月24日). 2019年12月18日閲覧。
  12. ^ 倉又俊夫「2018年のテレビとインターネットの動き」『インターネット白書2019』インターネット白書編集委員会、インプレスR&D、2019年。ISBN 978-4-8443-9686-4
  13. ^ 去年、日本で最もDLされたアプリは「Tik Tok」。2018年アプリランキング52社を発表ECのミカタ 2019年12月18日閲覧
  14. ^ ソフトバンクファンド、動画アプリTikTokに出資”. Nikkei. 2018年11月6日閲覧。
  15. ^ a b Tiktokで展開する新時代の音楽プロモーション”. 株式会社ボンビ (2018年12月28日). 2020年6月6日閲覧。
  16. ^ “「Tik Tok」と「musical.ly」が1つのアプリに”. ケータイWatch. (2018年8月2日). https://k-tai.watch.impress.co.jp/docs/news/1136313.html 2020年6月6日閲覧。 
  17. ^ ソフトバンクが中国Tik Tokに出資、企業価値は「ウーバー以上」か”. Forbes JAPAN (2018年10月1日). 2018年12月14日閲覧。
  18. ^ An anxious parent's guide to the weird, dark teenage world of TikTok”. Telegraph.co.uk. 2019年2月11日閲覧。
  19. ^ 米レディットCEOがTikTokを批判、「パラサイト的なスパイウェア」” (日本語). 大紀元時報. 2020年3月7日閲覧。
  20. ^ editor, Alex Hern Technology (2019年9月25日). “Revealed: how TikTok censors videos that do not please Beijing” (英語). The Guardian. ISSN 0261-3077. https://www.theguardian.com/technology/2019/sep/25/revealed-how-tiktok-censors-videos-that-do-not-please-beijing 2019年12月4日閲覧。 
  21. ^ TikTok美容動画に忍ばせた中国批判、運営元があっさり謝罪した理由” (日本語). Newsweek日本版 (2019年12月2日). 2019年12月4日閲覧。
  22. ^ “【動画】男性が列車で感電死、「TikTokを撮るため」と物議に”. Record China. (2018年5月10日). https://www.recordchina.co.jp/b599425-s0-c30-d0035.html 2018年10月2日閲覧。 
  23. ^ Indonesia overturns ban on Tik Tok after video streaming service agrees to increase security controls”. South China Morning Post (2018年7月11日). 2018年7月11日閲覧。
  24. ^ 人気のTik Tok「大騒ぎして撮影」「ライブを盗撮」の迷惑行為に苦言多数” (日本語). Standby (2018年8月1日). 2018年10月2日閲覧。
  25. ^ 万引きを疑わせる動画、高校生がTikTokに投稿 高知” (日本語). 毎日新聞 (2018年12月6日). 2019年8月24日閲覧。
  26. ^ 警官をおチョくる「挑発動画」 日本の警官は黙っているが、米国で同じことをした若者は...” (日本語). J-CASTニュース (2019年7月2日). 2019年8月24日閲覧。
  27. ^ TikTokのわいせつ動画を投稿容疑 9人を書類送検:朝日新聞デジタル” (日本語). 朝日新聞デジタル. 2019年7月23日閲覧。
  28. ^ 児童ポルノ拡散で9人書類送検=少女が「TikTok」投稿-愛知県警:時事ドットコム” (日本語). 時事ドットコム. 2019年7月23日閲覧。
  29. ^ “「TikTokはポルノを助長する」インド裁判所、ダウンロード禁止を政府に暫定命令”. 大紀元日本版. (2019年4月6日). https://www.epochtimes.jp/2019/04/41789.html 2019年4月7日閲覧。 
  30. ^ インド、「ティックトック」などの中国製アプリを禁止に” (日本語). CNN.co.jp. 2020年7月2日閲覧。
  31. ^ “TikTokに罰金約6億3000万円。13歳未満の子供のプライバシー侵害、米連邦取引委員会と和解”. Engadget 日本版. (2019年2月28日). https://japanese.engadget.com/2019/02/28/tiktok-6-3000-13/ 2019年3月30日閲覧。 


「TikTok」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Tik Tok」の関連用語

Tik Tokのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Tik Tokのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリTik Tokの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのTikTok (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS