一酸化二炭素とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 化学 > 分子化学 > 炭素 > 一酸化二炭素の意味・解説 

一酸化二炭素

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/19 06:27 UTC 版)

一酸化二炭素(いっさんかにたんそ、dicarbon monoxide)は化学式 C2O の無機化合物である。極めて反応性の高い分子であり、亜酸化炭素光分解反応によって生成する[1][2]一酸化炭素二酸化炭素亜酸化炭素などのオキソカーボンと密接な関係がある。




  1. ^ Bayes K. (1961). “Photolysis of Carbon Suboxide”. Journal of the American Chemical Society 83 (17): 3712–3713. doi:10.1021/ja01478a033. 
  2. ^ Anderson D. J., Rosenfeld R. N. (1991). “Photodissociation of Carbon Suboxide”. Journal of Chemical Physics 94 (12): 7852–7867. doi:10.1063/1.460121. 
  3. ^ Thweatt W. D., Erickson M. A., Hershberger J. F. (2004). “Kinetics of the CCO+NO and CCO+NO2 reactions”. Journal of Physical Chemistry 108 (1): 74–79. doi:10.1021/jp0304125. 


「一酸化二炭素」の続きの解説一覧



一酸化二炭素と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「一酸化二炭素」の関連用語

一酸化二炭素のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



一酸化二炭素のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの一酸化二炭素 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS