差し込み印刷とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 出版 > 印刷 > 差し込み印刷の意味・解説 

差し込み印刷

読み方サシコミインサツ
【英】print with insertion

差し込み印刷とは、宛名請求書などを、宛名データ一部を変えながら共通のレイアウト印刷する機能のことである。請求書年賀状などの宛名印刷するときによく利用される。

例えば、請求書などのレイアウト作るとき、あらかじめ宛名部分を「差し込み可能」な設定空欄にしておき、印刷時に名前や住所データ記録した差込ファイル指定すると、差し込みファイルから宛名住所読み込んで、空欄あてはめ上で印刷される。

通常差し込みファイルは、ワープロソフト別に作成したもの利用したり、住所録データベース作成したCSV形式ファイルなどをそのまま利用したりする。なお、ワープロソフトによっては、一つレイアウト中に複数差し込み可能な設定し、差し込みファイルから宛名住所、その他を、それぞれの印刷することができるものもある。

ソフトウェアのほかの用語一覧
機能:  ランタイムエラー  ランタイム  ロケール  差し込み印刷  正規化  セーブ  セマフォ



差し込み印刷と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「差し込み印刷」の関連用語

差し込み印刷のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



差し込み印刷のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ差し込み印刷の記事を利用しております。

©2019 Weblio RSS