ウィリアム・スミス・クラークとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 教育関係者 > 教育関係者 > アメリカ合衆国の教育者 > ウィリアム・スミス・クラークの意味・解説 

ウィリアム・スミス・クラーク

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/15 18:03 UTC 版)

ウィリアム・スミス・クラークWilliam Smith Clark1826年7月31日 - 1886年3月9日)は、アメリカ合衆国教育者化学植物学動物学の教師。農学教育のリーダー。 1876年(明治9年)札幌農学校(現北海道大学)開校。初代教頭。同大学では専門の植物学だけでなく、自然科学一般を英語で教えた。この他、学生達に聖書を配り、キリスト教についても講じた。のちに学生たちは「イエスを信じる者の誓約」に次々と署名し、キリスト教の信仰に入る決心をした[1]。日本ではクラーク博士として知られる。日本人から見るといわゆる「お雇い外国人」のひとりである。




[ヘルプ]
  1. ^ イエスを信ずる者の契約  札幌独立キリスト教会
  2. ^ a b NHK『歴史秘話ヒストリア』「少年よ 大志を抱け! 〜クラークと教え子たちの北海道物語〜」2014年6月11日 再放送
  3. ^ a b 赤石恵一「札幌農学校教頭W. S. Clarkの英語教育:自律支援的集団の創造」『英学史研究』49,71-103.
  4. ^ また、「Boys, be ambitious」は、クラークの創作ではなく、当時、彼の出身地のニューイングランド地方でよく使われた別れの挨拶(「元気でな」の意)だった[要出典]という説もある。





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ウィリアム・スミス・クラーク」の関連用語

ウィリアム・スミス・クラークのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ウィリアム・スミス・クラークのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウィリアム・スミス・クラーク (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS