互角稽古とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 稽古 > 互角稽古の意味・解説 

互角稽古(ごかくげいこ)

技能的に差のない者同士稽古また、たとえ差があっても、同等気持ちになって行う稽古

乱取り

(互角稽古 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/20 00:40 UTC 版)

乱取り(らんどり)は、日本の柔術柔道、の稽古形態・方法の一つ。合気道では一部の流派で行われる。自由に技を掛け合う稽古方法。乱取乱捕乱れ稽古地稽古ともいう。地稽古剣術剣道槍術でも行なわれる。


  1. ^ 嘉納治五郎「柔道家としての嘉納治五郎(12)」『作興』第6巻第12号、1927年、 16頁。“乱捕と形は、作文と文法の関係”


「乱取り」の続きの解説一覧



互角稽古と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「互角稽古」の関連用語

互角稽古のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



互角稽古のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
たのもうや@武道具店たのもうや@武道具店
Copyright(c)2021 SHOJI Martial Arts Equipments Shop All rights reserved.
たのもうや@武道具店剣道用語辞典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乱取り (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS