力くらべとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 物語事典 > 力くらべの意味・解説 

力くらべ

1.引っ張り合い

首引狂言鎮西八郎為朝姫鬼とが、互い首に綱をかけて引き合う姫鬼が弱いので仲間の鬼たちが加勢する為朝が首から綱をはずして放すと、鬼たちは仰向けに倒れる

『今昔物語集』巻23-22 相撲人世の足に大蛇が尾を巻きつけ川中引き込もうとする。恒世が土に5~6寸も足をめりこませて踏ん張ると、大蛇胴体はちぎれ、川に血が浮かぶ〔*『宇治拾遺物語』14-3類話〕。

曽我物語巻6「弁財天御事朝比奈三郎曽我五郎の鎧の草摺掴み酒宴の席引き入れようとする。五郎が足を踏ん張ると、草摺ちぎれて朝比奈後ろに倒れる五郎微動だにせず立っていた。

『日本霊異記』上-3 元興寺道場法師がまだ童子の頃、毎夜鐘堂鬼が来て、人を殺した童子待ち受けて鬼の髪捕らえて引いた鬼は外逃げようとし、童子は内から引く。夜明け方に鬼は髪をすっかり引き抜かれ、血を流して逃げ去った

『平家物語』11弓流屋島の合戦の時、逃げ三穂屋(三保谷)十郎の兜の錣(しころ)を、悪七兵衛景清追いかけて掴んだ2人引き合ううち錣が切れ、三穂屋は逃げ去った景清ちぎれた錣を差し上げ、「これこそ上総悪七兵衛景清よ」と名乗りをあげた。

河童と馬の引っ張り合い→〔河童〕2の『遠野物語』柳田国男58

★2.女どうしの力くらべ。

『日本霊異記』中-4 美濃呼ばれる女が、力の強いのをよいことに、往還商人たち苦しめていた。尾張国愛智郡の女(道場法師孫娘)が力くらべを挑み、鞭で美濃打ちこらした〔*『今昔物語集』巻23-17に類話〕。

★3.神々の力くらべ。我慢くらべ

『古事記』上巻 タケミカヅチ高天原から出雲降下しオホクニヌシ国譲り要求するオホクニヌシの子タケミナカタが力くらべを挑みタケミカヅチの手を取ると、それは氷柱剣の刃のごとくであったタケミカヅチタケミナカタの手を、若い葦のごとく掴みひしぎ、タケミナカタ信濃諏訪湖まで逃げた

播磨国風土記神前ハニ岡 大汝命と小比古尼命が、屎をせずに遠く行くのと、粘土かついで遠く行くのと、どちらが長く我慢できるか、争った数日後、大汝は堪えきれず屎をし、小比古尼も粘土を岡にほうり投げた

★4.最強の攻撃兵器最強の防御装置激突

信用ある製品星新一ようこそ地球さん』) 宇宙人セールスマン地球訪れ、「宇宙最高の攻撃兵器」と「宇宙最高の防御装置」を高額で売りつけて、「お客様から苦情出たことはありません」と保証する地球人たちは、「宇宙最高の攻撃兵器」を「宇宙最高の防御装置に向けて発射実験行なう両者激突生じた衝撃波によって、一瞬のうちに全人類は死滅したこれでは苦情出ようがない。

最強の矛で最強の盾を突く→〔難題10の『韓非子』「難一」第36

豪傑朝比奈三郎義秀と閻魔大王の力くらべ→〔地獄〕5の『朝比奈』(狂言)。

北風と太陽の力くらべ→〔太陽9のイソップ寓話集46北風と太陽」。

産女(うぶめ)から力を授けられる→〔二者択一〕1の産女伝説




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「力くらべ」の関連用語

力くらべのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



力くらべのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2022 物語要素事典 All rights reserved.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS