遊ぶとは?

あす・ぶ【遊ぶ】

[動バ五(四)「あそぶ」の音変化

卒業してから三年になるが、まだ—・んでるぜ」〈漱石野分


あそ・ぶ【遊ぶ】

[動バ五(四)

スポーツ趣味など好きなことをして楽しい時間を過ごす。「野球をして—・ぶ」「よく学び、よく—・べ」

何もしないでぶらぶらして時を過ごす。決まった仕事・職がなく暇でいる。「失業して—・んでいる」

飲酒色事ギャンブルなどに身を入れる遊興する。「—・ぶ金欲しさ盗みをはたらく」

労力機械土地などが有効に使われずに捨て置かれる。「手が—・んでいる」「—・んでいる資本

(「…にあそぶ」の形で)見物勉学のために他の土地へ行く。旅行する。遊学する。「京都に—・ぶ」「三年パリに—・ぶ」

野球で、投手打者のねらいをさぐったり打ち気をそらしたりするために、わざとボールになる球を投げる。「ツーストライクのあと一球—・ぶ」

相手もてあそぶ。からかう。「力が違いすぎて、すっかり—・ばれてしまった」

詩歌管弦などを楽しむ。

「をとこは、うけきらはず呼び集へて、いとかしこく—・ぶ」〈竹取〉

[可能] あそべる


すさ・ぶ【荒ぶ/進ぶ/遊ぶ】

上代上二段活用であるが、平安時代ころから四段にも活用するようになった

【一】[動バ五(四)

気持ち生活態度にゆとりやうるおいなどがなくなる。とげとげしくなる。荒れる。「心が—・ぶ」

細かいところにまで注意求められる芸などが荒れて雑になる。「芸が—・ぶ」

ある方向にいよいよ進む。特に、雨・風などの勢いが増す。「嵐が—・ぶ」「吹き—・ぶ」

勢い尽き衰える。

降り—・ぶ時雨の空のうきにみえぬ夕日のかげぞうつろふ」〈風雅・冬〉

(遊ぶ)気の向くままに何かをする。慰み興じるもてあそぶ

「目とどめ給ひて…など、書き添へつつ—・び給ふ」〈源・若菜上

【二】[動バ上二]

(遊ぶ)心のおもむくままにする。あそび慰む

「絵はなほ筆のついでに—・びさせ給ふあだごととこそ」〈源・絵合

動詞連用形について)勢い激しくなる。さかんに…する。

朝露に咲き—・びたる月草の日くたつなへに消(け)ぬべく思ほゆ」〈・二二八一〉


遊ぶ

盤上の駒の働きが悪い状態。戦いの場から離れ働きのない駒を「遊び駒」という。

遊ぶ

作者石川英輔

収載図書大江戸花暦
出版社講談社
刊行年月2002.12
シリーズ名講談社文庫


遊ぶ

読み方:あそぶ

  1. 自分持前の芸が思うが侭に演れて、お客快く迎合して呉れる。そこへ調子づいて自由に芸と取組んで行く。

分類 芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

遊ぶ

出典:『Wiktionary』 (2018/10/31 22:10 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. あそぶ 参照
  2. すさぶ 参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「遊ぶ」の関連用語

遊ぶのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



遊ぶのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
将棋タウン将棋タウン
Copyright (c)1999-2021 Shogitown. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの遊ぶ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS