遊ぶとは?

あす・ぶ【遊ぶ】

[動バ五(四)「あそぶ」の音変化

卒業してから三年になるが、まだ—・んでるぜ」〈漱石野分


あそ・ぶ【遊ぶ】

[動バ五(四)

スポーツ趣味など好きなことをして楽し時間を過ごす。「野球をして—・ぶ」「よく学び、よく—・べ」

何もしないでぶらぶらして時を過ごす。決まった仕事・職がなく暇でいる。「失業して—・んでいる」

飲酒色事ギャンブルなどに身を入れる遊興する。「—・ぶ金欲しさ盗みをはたらく」

労力機械土地などが有効に使われずに捨て置かれる。「手が—・んでいる」「—・んでいる資本

(「…にあそぶ」の形で)見物勉学のために他の土地へ行く。旅行する。遊学する。「京都に—・ぶ」「三年パリに—・ぶ」

野球で、投手打者のねらいをさぐったり打ち気をそらしたりするために、わざとボールになる球を投げる。「ツーストライクのあと一球—・ぶ」

相手もてあそぶ。からかう。「力が違いすぎて、すっかり—・ばれてしまった」

詩歌・管弦などを楽しむ。

「をとこは、うけきらはず呼び集へて、いとかしこく—・ぶ」〈竹取〉

[可能] あそべる


すさ・ぶ【荒ぶ/進ぶ/遊ぶ】

上代上二段活用であるが、平安時代ころから四段にも活用するようになった

【一】[動バ五(四)

気持ち生活態度にゆとりやうるおいなどがなくなる。とげとげしくなる。荒れる。「心が—・ぶ」

細かいところにまで注意求められる芸などが荒れて雑になる。「芸が—・ぶ」

ある方向にいよいよ進む。特に、雨・風などの勢いが増す。「嵐が—・ぶ」「吹き—・ぶ」

勢い尽き衰える。

降り—・ぶ時雨の空のうきにみえぬ夕日のかげぞうつろふ」〈風雅・冬〉

(遊ぶ)気の向くままに何かをする。慰み興じるもてあそぶ

「目とどめ給ひて…など、書き添へつつ—・び給ふ」〈源・若菜上

【二】[動バ上二]

(遊ぶ)心のおもむくままにする。あそび慰む

「絵はなほ筆のついでに—・びさせ給ふあだごととこそ」〈源・絵合

動詞連用形について)勢い激しくなる。さかんに…する。

朝露咲き—・びたる月草の日くたつなへに消(け)ぬべく思ほゆ」〈・二二八一〉


あす・ぶ【遊】

1 〔自バ五(四)〕 (「あそぶ(遊)」の変化した語)

① 思うことをして心を慰める。遊戯をしたり、気楽に歩いたり、遊興したりする。

天理本狂言引括室町末‐近世初)「二日三日、あすんだと云て」

滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)三「御説法があるから、あすびながらおざい」

仕事勉強をせず、また、職が得られずぶらぶらする。

雑俳軽口頓作(1709)「きみがわるい・あすんでおじやはみくだり」

西洋道中膝栗毛(1874‐76)〈総生寛一二仮名先生の内に寄食(アスン)でゐる、兵亭定岡さんの作だぜ」

2 〔他バ五(四)〕 人をからかう。もてあそぶ

洒落本文選臥坐(1790)河東の艷詞「子ぞうだと思ってそんなにあすんでくんなせへすな」


あそ・ぶ【遊】

1 〔自バ五(四)

[一] 興のおもむくまま行動して楽しむ。神事に伴う舞楽行なうことがもとといわれるが、広く楽し行動いうようになり、現代では、多く子どもが遊戯する、おとなが運動行楽遊興などすることをいう。

① 思うことをして心を慰める。遊戯酒宴舟遊びなどをする。

万葉(8C後)一七・三九九一「いや年のは思ふどち かくし安蘇婆(アソバ)む 今も見るごと」

源氏100114頃)東屋碁打ち韻ふたぎなどしつつあそび給ふ

詩歌管弦、舞などを楽しむ。遊楽をする。

*竹取(9C末‐10C初)「此程三日うちあげあそぶ」

③ (鳥獣などが)楽しそう動きまわる

古事記(712)下・歌謡「潮瀬波折(なを)りを見れば 阿蘇比(アソビ)来る (しび)が鰭手(はたで)に 妻立てり見ゆ

④ いつもいる所を離れて、広い場所で楽に歩きまわって楽しむ。

書紀720雄略即位前一〇月(図書寮本訓)「郊野逍遙(アソビテ)」

(5) 学問修めたり、見聞ひろめたりさらには気晴らしなどの目的で他の土地に行く。遊学する。

中華若木詩抄(1520頃)下「ともに洞庭にあそびての詩也」

(6) 料亭遊里などに行って楽しむ。酒色などにふける。遊興する。

洒落本中洲の花美1789小通登楼丁字屋であそんで来たが、中の町半分の余出来たの」

[二] 仕事勉強働きなど、期待される生産的効果を果たしていない状態にある。

仕事勉強をしないで、また、職が得られないでぶらぶらしている。上の学校にはいれないで、浪人することにもいう。

狂言記緡縄(1660)「いや、あそんでさへをれば、なをりまする」

当世書生気質(1885‐86)〈坪内逍遙〉二「常はぶらぶら遊(アソ)んで計(ばかり)居て、試験優等の点をとるし」

② 金、道具、場所などが使われないでいる

今昔1120頃か)一一「王、然れば、一の遊ぶ所の閑なる、令見(みしめ)給へば、童子、其を定(さだめ)つ」

怪談牡丹燈籠(1884)〈三遊亭円朝一八誠に商人抔(なぞ)は遊んだ金は無(ない)もので」

工学上、応力を受けるはずの物がそれを受けていなかったり、付着するはずの物がしていない状態になる。〔改訂増補日本建築辞彙1931)〕

④ 本気で立ち向わず、わざと気を抜いた態度をとる。野球で、投手に有利な条件の時、打者打ち気をそらすために、ボールになる球を投げるなどはその一例

2 〔他バ四〕

① (楽器曲名目的語にして) 舞楽行なう奏する

古事記(712)中「我が天皇、猶其の大御阿蘇婆(アソバ)せ」

② 人をからかう。もてあそぶ

滑稽本東海道中膝栗毛(1802‐09)二「いまいましい。けっくあっちにあそばれた」


すさ・ぶ【荒・進・遊】

1 〔自バ上二〕 (動詞連用形の下に付いて補助動詞的に用いる) 物事進行するなりゆきのままになる。動作程度はなはだしくなる。いよいよ進む。

万葉(8C後)一〇・二二八一「朝露咲き酢左乾(すサび)たるつきの日くたつなへに消(け)ぬべく思ほゆ

2 〔他バ上二〕 心のおもむくままに物事をすすめる。慰み興ずるもてあそぶ。他の動詞複合して用いられることが多い。

源氏100114頃)絵合「ゑは、猶、ふでのついでにすさびさせ給あだごととこそ、おもひ給へしか」

*続後撰(1251)羇旅一三二四「さとのあまのたきすさひたるもしほ又かきつめてけぶりたてつる〈寂蓮〉」

3 〔自バ五(四)

物事進行するなりゆきのままになる。ある特定の方向にいよいよ進む。

成唯識論寛仁四年点(1020)六「深く染著を生して、酔ひ(スサフ)をもて性とす」

1963)〈真継伸彦〉一「外には吹雪がすさぶとも」

勢い尽き衰える。進み果てて止む。

白氏文集天永四年点(1113)四「上荒(スサヒ)(〈別訓〉まとひ・あれ)下困みて、勢久しからじ」

新古今(1205)恋四・一三〇四「思ひかねうちぬるよひもありなまし吹きだにすさべ庭の松風藤原良経〉」

③ 心を奪われておぼれる。ゆとりがなくなって荒れる。

④ 肌などがなめらかでなくなる。荒れる。すさむ。

*街の物語(1934)〈榊山潤〉「風邪をひいた時のやうに皮膚が荒(スサ)び」

4 〔他バ四〕 心のおもむくままに物事を進める。慰み興ずるもてあそぶ

平中(965頃)三一「さて、すさびて、やみにけり」

新古今(1205)夏・二五六「窓ちかき竹の葉すさぶ風の音にいとどみじかきうたたねの夢〈式子内親王〉」

[補注]奈良時代上二段活用していたものが、四段にも活用するようになった。のち、四段にだけ活用し、「すさむ」に移行ていった思われる連用形の例が多く平安時代では上二段活用でないと言い切れないが、上二段の確例の大半が他の動詞の下に付いているところから、単独用いられている連用形四段活用見た。→「すさむ(荒)」の補注


遊ぶ

盤上の駒の働きが悪い状態。戦いの場から離れ働きのない駒を「遊び駒」という。

遊ぶ

作者石川英輔

収載図書大江戸仙花
出版社講談社
刊行年月2002.12
シリーズ名講談社文庫


遊ぶ

読み方:あそぶ

  1. 自分持前の芸が思うが侭に演れて、お客快く迎合して呉れる。そこへ調子づいて自由に芸と取組んで行く。

分類 芸能

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

遊ぶ

出典:『Wiktionary』 (2018/10/31 22:10 UTC 版)

漢字混じり表記

  1. あそぶ 参照
  2. すさぶ 参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「遊ぶ」の関連用語

遊ぶのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



遊ぶのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
将棋タウン将棋タウン
Copyright (c)1999-2021 Shogitown. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの遊ぶ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS