ゆるすとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ゆるすの意味・解説 

ゆる・す【許す】

読み方:ゆるす

[動サ五(四)《「緩(ゆる)」「緩(ゆる)い」と同語源》

(「聴す」とも書く)不都合なことがないとして、そうすることを認める。希望要求などを聞き入れる。「外出が—・される」「営業を—・す」

(「赦す」とも書く)過失失敗などを責めないでおく。とがめないことにする。「あやまちを—・す」

(「赦す」とも書く)義務負担などを引き受けなくて済むようにする。免除する。「税を—・す」「兵役を—・す」

相手がしたいようにさせる。まかせる。「追加点を—・す」「わがままを—・す」「肌を—・す」

そうするだけの自由を認める。ある物事可能にする。「楽観は—・されない」「時間が—・せば」「事情の—・すかぎり」

警戒緊張状態などをゆるめる。うちとける。「気を—・す」「心を—・した友」

高い評価与える。世間認める。「自他ともに—・すその道大家

き張ったものをゆるめる。

の綱—・しつれば」〈源・若菜上

捕らえたものを逃がす。

「つととらへて、さらに—・し聞こえず」〈源・紅葉賀

[可能] ゆるせる

[下接句] 気を許す葷酒(くんしゅ)山門に入るを許さず心を許す自他共に許す仙籍を許す肌を許す


ゆるす

出典:『Wiktionary』 (2021/11/23 12:53 UTC 版)

語源

古典日本語ゆるす」。「ゆるし」、「ゆるぶ」と同源

発音

動詞

ゆるすす、す、す、す、聴す

  1. 許・容赦・免】罪や過失責めないでおく。
  2. 許・容・聴】希望要求などを聞き入れ、しても好いとする。許可する。容認する。
  3. 許・容物事をする余裕認める。許容する。
  4. 【許・赦・免義務負担などを果たさなくても好いとする。免除する。
  5. 許・容】(得点などを)獲得させてしまう。奪われる
  6. 許・容注意警戒緩める
    • 気を許す心を許す
  7. 許・容優秀であると認める。

活用

関連語

対義語

発音

三拍動詞二類(?)

動詞

ゆるすす、す、す】

  1. 許可する。
  2. 免除する、赦免する。
  3. ゆるめる。
  4. はなす、解放する。
  5. 優秀であるとみとめる。
ゆる-す 動詞活用日本語活用
サ行四段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 已然形 命令形
ゆる

関連語

諸言語への影響





※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「ゆるす」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ゆるすのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ゆるすのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのゆるす (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS