sonとは?

Weblio 辞書 > 学問 > 人口統計学辞書 > sonの意味・解説 

息子

家族 1(§113と§115参照)は世帯(110-3)から注意して区別なければならない別の単位である。それは主として結婚出産、あるいは養子縁組によって関係づけられたものをいい、法律習慣によって規定されるものである基本的家族関係は、一つ結婚による夫婦関係であり、もう一つ両親 2つまり父親 3母親 4と、彼等の子供 5、つまり息子 6そして娘 7との関係である。


Son

名前 ソンサン

SON

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2012/11/17 03:50 UTC 版)

SON


ソン

(son から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/01 02:45 UTC 版)

ソン (son) は、キューバ起源のラテン音楽のジャンルである。

概要

一般的に、前半のメロディーの歌曲形式と、後半のモントゥーノと呼ばれるソロ歌手とコーラスの掛け合い(コールアンドレスポンス)の形式をとっている。この掛け合い部分を強調したものをソン・モントゥーノと呼ぶこともあれば、モントゥーノ部分がないものもある。

サルサの原型になった音楽と言われ、マンボチャチャチャも基本的にはソンを土台に作られたものである[1]。 ソンとそうでないものは、その曲がキューバ的な香りを持っているかどうかという感覚で分けられ、楽譜や言葉で表現することは簡単ではない[1]。また、キューバ人は地域によってもソンに対する感覚に違いがあり、一般的にソンの名曲と言われている他地域のソンに対しても「ソンになっていない」という意識が働くこともある。

歴史

19世紀、キューバのオリエンテ地方が発祥地である。ソンの起源はいろいろ分かれているが、1850年代に、サンティアーゴ・デ・クーバを中心に唄われていた「マ・テオドーラ」が最初であるとされる。 もともと土地の名家が開くパーティー用に演奏されていた音楽に、トロバドールたちがアイデアを付け加えていくことで形成されていったと言われている[2]

1908年、サンティアーゴ・デ・クーバからハバナに軍隊が移転になった時[2]、兵士達がギターマラカスなどの楽器を持ってハバナに入り、広範囲のミュージシャンがソンに触れることでポピュラー音楽として発展していった。ギアとモントゥーノの2パートにより構成されており、ギアはスペイン的歌曲のメロディー・パートであり、モントゥーノはアフリカ的要素のコールアンドレスポンスである。 こうした初期のソンはギター、トレス、そしてボティーハ英語版と呼ばれる素焼きの壺、または親指ピアノの一種であるマリンブラ英語版で編成されていた。

ハバナに進出したソンは、当時流行していたダンソン英語版と影響を受け合い、ダンソンはやがてマンボ、チャチャチャへと発展していった。ソンもダンソンのチャランガ編成の影響を受け、いろいろな楽器を加えて楽団ごとの個性を出していった[1]

1910年代より、ソン・トリオにボンゴギロを加えたバンドが出てきてから、その後も形式を変えていき、ギター、トレス、マリンブラ、ボンゴ、ベースそして、シンガー2人が演奏するクラベスマラカスのセステート(6重奏編成)が確立され、1930年のソンの全盛期には、そこにトランペットが加わり、セプテート(7重奏編成)となり、ソンのスタンダードな編成となった。「コンフント」と呼ばれた大人数のグループは、ホーンセクション、ギター、ベース、シンガー、ピアノ、ボンゴにコンガと、現在のラテンバンドに近い形で演奏していたようである。

アメリカやヨーロッパで演奏活動をした、ギタリストのミゲール・マタモロス、ギタリスト兼ヴォーカリストのラファエル・クエト、マラカス奏者のシロ・ロドリゲスの3人組、「トリオ・マタモロス」により世界へ広められた。

1922年のキューバでのラジオ放送の普及で、ソンの人気は本格的となった。この時期、禁酒法のアメリカから観光客が訪れ、ナイトクラブが盛況となったことで、ソンはキューバで最もポピュラーな音楽のタイプに進化した。

キューバ革命以降は低迷の時期を迎えるが、1970年代に入り、アダルベルト・アルバレスやシエラ・マエストラによって、現代的な解釈を加えられた。その後もソンは発展し続け、常にキューバ音楽に寄与し、他のジャンルの音楽にも影響を与えている。 1997年にライ・クーダーとキューバの老ミュージシャンたちが結成したブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブは、同年グラミー賞を受賞している。

ルンバ (rhumba) との関係

海外に「ソン (son)」を紹介する際、英語の「ソング (song)」と混同されないようにとマーケティング上の理由で「ルンバ (rhumba)」の名で知れ渡ったといわれるのが通説である。尚、キューバでルンバ (rumba) といえば、もっとアフリカ色の強い打楽器音楽を意味するので、混同しないようにしたい。

脚注

  1. ^ a b c 八木、吉田 2001, p. 74-87.
  2. ^ a b 北中 2007, p. 32-34.

参考文献

関連項目

動画


息子

(son から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/25 04:05 UTC 版)

息子(むすこ)は、男性子供、即ち本人の1親等直系卑属のうち男性である者である。対義語はまたは

実子または養子の場合がある。また配偶者の連れ子の男性も一般に息子と呼ぶ。自分の息子を卑下して言う場合には、倅(せがれ:他人の息子をぞんざいに言う場合もある)、愚息(ぐそく)などともいう。

娘の(婿)を義理の息子ともいう。

語源

 産す子(むすこ)=産んだ男子 → 息子(むすこ)

その他の用法

派生語

男性の(子供の息子)を孫息子という。対義語で、女性の孫(子供の娘)は孫娘、親の父は祖父という。

父称

父系制の民族では父親または男系祖先または父称として用いることがあるが、それに「~の息子」という意味の語をつける場合も多い。例えばイングランド系のソン(-son)、アイルランド系のフィッツ(Fitz-:フランス語のFils「息子」から)、アラブ系のイブン(Ibn-)またはビン(Bin-)など。

キリスト教

キリスト教三位一体(父と子と聖霊)における「子」(「神なる子イエス・キリストのこと)や、「人の子」(福音書におけるイエス・キリストの自称)は、元来の呼び方は「息子」だが、日本語では慣習的に「子」と呼んでいる。

俗語

江戸時代ごろから使われている俗語で、陰茎のこと。

楽曲タイトル

関連項目





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「son」の関連用語

sonのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

長谷川好道

及川拓馬

レッド・プラティ

クラスプ

プルダウン式中吊戸棚

マイクロバス

白天

スロッテッドヘッド





sonのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2017 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
コンテンツはAttribution-Share Alike 3.0 Unportedのライセンスで利用することができます。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSON (改訂履歴)、ソン (改訂履歴)、息子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2017 Weblio RSS