きそとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 構造 > 基礎 > きその意味・解説 

き そ [1][2] 【基礎】

物事成立する際に基本となるもの。 「 -を固める」
建築物重量支え安定させるために設け建物最下部構造地形じぎよう)・礎石土台など。

きそ 【〈昨夜〉・〈昨日〉】

〔「きぞ」か。「そ」の清濁確定しがたい
きのうの夜。昨夜。 「 -こそは児ろとさ寝しか/万葉集 3522
きのう。昨日。 「 -の夜帰りまゐりしに/読本雨月 浅茅が宿

き そ [2][1] 【起訴】

( 名 ) スル
裁判所訴え起こすこと。特に、刑事訴訟法上、検察官公訴提起すること。

き そ [2] 【稀疎】

( 名 ・形動ナリ
まばらで少ない・こと(さま)。 「或は頻数なる有り或は-なる有り三酔人経綸問答 兆民

きそ 【木曽】 ◇



起訴(きそ)


基礎

【用  語】基礎
よみがなきそ
【意  味】
 建築物支え地盤定着させる部分を基礎といいます。
 軸組下部設け外周基礎はコンクリート布基礎とし、主要な間仕切りの下や浴室などのを使う部分周囲にも用います。不同沈下を生じないようにし、地震力風圧力などの水平荷重に対しても安全な構造にします。また、建物自重及び建物加えられる外力地盤伝達します。

※建築CAD「ARCHITREND Z」で利用できる、メーカー建材データダウンロードサイトはこちら
>>「Virtual House.NET」

基礎(きそ)

建物地面の間で、建物支え部分上部構造からの荷重地盤伝え役割をもつ。形式により、独立基礎布基礎ベタ基礎工法により、直接基礎杭基礎ピア基礎などに分類される。ログハウスでは、鉄筋コンクリート布基礎が最も多く用いられ、立ち上がり一般住宅よりも幅広につくる場合が多い。→布基礎独立基礎ベタ基礎

きそ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/07/17 15:19 UTC 版)

木曽 曖昧さ回避ページ




「きそ」の続きの解説一覧



きそと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「きそ」の関連用語

きそのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



きそのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
法テラス法テラス
Copyright © 2006-2019 Houterasu All rights reserved.
福井コンピュータ福井コンピュータ
(C) 1996-2019 FUKUI COMPUTER Inc. All rights reserved.
福井コンピュータ株式会社建築用語大辞典
地球丸地球丸
Copyright© The Whole Earth Publications Co.,Ltd. All Rights Reserved.
地球丸ログハウス用語集
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのきそ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS