ヘルスプロモーションとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > 国際保健用語 > ヘルスプロモーションの意味・解説 

ヘルスプロモーション

【英】:Health Promotion

 1986年オタワ憲章におけるWHOのヘルスプロモーションの定義は以下の通りである。ヘルスプロモーションとは、「自らの健康を決定づける要因を、自らよりよくコントロールできるようにしていくこと」である。
ヘルスプロモーションを理解するには疾病予防との違いについての議論参考になる。アラメダ研究著名なブレスローはヘルスプロモーションを第三世代公衆衛生革命位置づけている。第1世代感染症対策のため、プロテクション加えてサーベイランス加味した公衆衛生革命。第2世代感染症加えて文明がもたらした慢性疾患予防対策加味した公衆衛生革命ブレスローはまさにこの慢性疾患予防のためのアラメダ研究カリフォルニア実施し、多く疾患予防しうるということ示したのであった。その次に来るのが第3世代公衆衛生革命である。サーベイランス予防加えプロモーションがここでは加わってくる。
 ブレスローによれば疾病予防とは、「病気にならなくなればそれでよい」、というふうに比較ネガティブゴール達成すればよい。一方ヘルスプロモーションはそれだけでは満足しない。今ある健康状態より、よりポジティブ方向に健康度を高め、それによってよりよく生きる生き甲斐感じる、といったゴールをめざす。1946年になされたWHOの健康の定義の前半英文では後半)は、「健康とは単に疾病がないという状態のみをいうのではない」とある。疾病予防を行うとはこの部分注目した活動と言える一方同定義の後半英文では前半)は「健康とは身体的社会的精神的良好な状態である」となっている。ヘルスプロモーションを実践するということは疾病予防に対して、この後半部分注目した活動実践する、ということである。
 活動実践にあたりグリーンクロイターは、健康教育環境(またはより広い意味でのエコロジー)の改善組み合わせをヘルスプロモーションと定義した。そして、意図的計画して、健康に影響を及ぼしうるライフスタイルや生活条件を変えていくことがヘルスプロモーションの鍵であると述べている。そのために、個人小集団活動への直接介入だけではなく個人集団をとりまく社会環境禁煙空間設置など)や法(たばこ税ひきあげなど)の改善などを行うことがヘルスプロモーションの特徴である。(神馬征峰)

参考資料
ローレンス・グリーン、マーシャル・クロイター:実践ヘルスプロモーション 医学書院2005年
Breslow L.: From disease prevention to health promotion. JAMA 1999:281; 1030-1033.

健康づくり

(ヘルスプロモーション から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/21 09:49 UTC 版)

健康づくり(けんこうづくり、Health promotion)、ヘルスプロモーションは、世界保健機関の提唱する、人々が健康を管理し、より健康にすごせる可能性を模索する方法である[1][2]アメリカ合衆国では、健康づくりはより狭義に「適正な健康状態の獲得を目的とした、生活様式の改変を支援する科学と技術」であると考えられている[3]


  1. ^ World Health Organization Archived 2009年3月6日, at the Wayback Machine. website (in pdf format), "Health Promotion Glossary", page accessed March 11, 2007
  2. ^ Ontario Health Promotion Resourse system website, "Glossary", page accessed March 11, 2007
  3. ^ American Journal of Health Promotion website, page accessed March 9, 2007
  4. ^ WHO (1984). Health promotion: concepts and principles. Copenhagen, WHO.またはMilestones in health promotion: Statements from global conferences WHO (2013)
  5. ^ Niyi Awofeso, American Journal of Public Health, May 2004, Vol 94, No. 5 p.705-9, What’s New About the “New Public Health”?
  6. ^ 立川昭二 (1971) 病気の社会史 NHKブックス ISBN 4140011521
  7. ^ World History 4th Edition by William J. Duiker and Jackson J. Spielvogel
  8. ^ トマス・マキューン (1979). The role of medicine. Oxford, Basil Blackwell. ISBN 0631112618
  9. ^ WHO website, "Health Promotion Emblem", page accessed March 17, 2007.
  10. ^ マルク・ラロンド (1974) A new perspective on the health of Canadians. Archived 2006年12月14日, at WebCite Ottawa Health and Welfare Canada.
  11. ^ 健康づくり国際会議(世界保健機関)
  12. ^ 健康づくりのためのオタワ憲章, PDF形式(世界保健機関)
  13. ^ 健康づくりを21世紀へと誘うジャカルタ宣言, PDF形式(世界保健機関)
  14. ^ 健康の社会的決定要因: ソリッドファクツ(世界保健機関)
  15. ^ WHO European Office website (in pdf format), "Wilkinson, R., & Marmot, M. (2003). Social determinants of health: The solid facts.", page accessed March 17, 2007.
  16. ^ 健康づくりを21世紀へと誘うジャカルタ宣言(1997)(世界保健機関)
  17. ^ Tudor Hart J. The inverse care law. Lancet 1971; i: 405-412. 医療反比例の法則(Socialist Health Association)
  18. ^ McKinlay, J. (1979). A case for refocusing upstream: the political economy of illness. In Patients, physicians and illness (ed. E. Jaco). pp. 9-25. Basingstoke, Macmillan. ISBN 0029158508
  19. ^ 健康的な選択を、よりやさしい選択に(イギリス保健省)
  20. ^ Milio, N. (1986). Promoting health through public policy. Ottawa, Canadian Public Health Assosication.
  21. ^ 集団の健康テンプレート(カナダ保健省、2001年)
  22. ^ U.S. Department of Health and Human Services (HHS), Healthy People 2010: National Health Promotion and Disease Prevention Objectives, conference ed. in two vols (Washington, D.C., January 2000).
  23. ^ Whitehead, M. (1991). The conceptsd and principles of equity and health. Health Promotion International, 6, 217-26.
  24. ^ Why should physicians be concerned about health inequalities? Because inequalities are unfair and hurt everyone. Alistair Woodward and Ichiro Kawachi West J Med. 2001 July; 175(1): 6-7.
  25. ^ Goldberg, J., Hayes, W., and Huntley, J. "Understanding Health Disparities." Health Policy Institute of Ohio (November 2004), pages 6-7.
  26. ^ 健康づくりのためのメキシコ声明PDF形式(世界保健機関)
  27. ^ Grabauskas, VJ. Integrated programme for community health in noncommunicable disease (Interhealth). In The prevention of noncommunicable diseases: experiences and prospects. (ed. E. Leparski), pp. 285-310. World Health Organization Regional Office for Europe, Copenhagen; 1987.
  28. ^ Rose's Strategy of Preventive Medicine, Oxford University Press. ISBN 0192630970
  29. ^ Bartley, M. (1997) Socio-economic determinants of health; health and the life course: why safety nets matter. BMJ, 314, 1194-6.
  30. ^ A Thematic Guide to Documents on Health and Human Rights ISBN 9041105441
  31. ^ Health and human rights. Health Hum Rights. 1994 Fall;1(1):6-23. PMID 10395709
  32. ^ 経済的、社会的及び文化的権利に関する国際規約(A規約)外務省
  33. ^ 人権擁護大会宣言・決議集 Subject:1980-11-08「健康権」の確立に関する宣言 Archived 2010年2月28日, at the Wayback Machine.(日本弁護士連合会)
  34. ^ たばこの規制に関する世界保健機関枠組条約(外務省)
  35. ^ たばこと健康に関する情報ページ(厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室健康情報管理係)
  36. ^ 食事と運動、健康についての世界戦略(世界保健機関)、全文
  37. ^ 健康づくりに関する世論調査(平成元年6月)(内閣府政府広報室)
  38. ^ 健康日本21 website, page accessed March 16, 2007
  39. ^ 健康増進法(平成十四年法律第百三号)”. e-Gov法令検索. 総務省行政管理局 (2019年6月7日). 2020年1月14日閲覧。 “2019年9月7日施行分”
  40. ^ 階段利用キャンペーンについて(厚生労働省健康局総務課生活習慣病対策室健康指導係)
  41. ^ 食育の推進にむけて(内閣府)
  42. ^ 健康づくり(カナダ公衆衛生機関)
  43. ^ ヘルシー・ピープル (1979) の全文(米国国立医学図書館)
  44. ^ ヘルシー・ピープル2010(米国保健社会福祉省)
  45. ^ ヘルシー・ピープルとは何か?(米国保健社会福祉省)
  46. ^ ヘルシー・ピープルの目的は何か?(米国保健社会福祉省)
  47. ^ Ewles L, Simnett I (2005) Promoting Health - a practical guide Balliere Tindall: Edinburgh




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ヘルスプロモーション」の関連用語

ヘルスプロモーションのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ヘルスプロモーションのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2020.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの健康づくり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS