若鮎とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > > 若鮎の意味・解説 

わか‐あゆ【若×鮎】

読み方:わかあゆ

若く、元気のいいアユ。こあゆ。《 春》「—の二手になりて上りけり/子規


わかゆ【若×鮎】

読み方:わかゆ

《「わかあゆ」の音変化》若いアユ

松浦川玉島の浦に—釣る妹(いも)らを見らむ人のともしさ」〈万・八六三〉


若鮎

読み方:ワカアユ(wakaayu)

秋生まれたアユ春先大きくなり川にのぼってきたもの

季節

分類 動物


若鮎

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/27 03:33 UTC 版)

若鮎
種類 和菓子
発祥地 日本
地域 一説には岐阜県
誕生時期 一説には1908年
主な材料 薄力粉砂糖白玉粉
その他お好みで 小倉餡
類似料理 調布
テンプレートを表示

若鮎(わかあゆ)とは、カステラ生地で主に求肥を包んだ和菓子[1]。鮎菓子[2]、稚鮎、登り鮎、かつら鮎などとも呼ばれる[3]

概要

の形を模した和菓子で、岐阜県京都府銘菓として知られている[1]。薄く楕円形に焼いたカステラで求肥などを包んで整形し、鮎の顔と尾鰭をイメージした焼印をつける[4]。同様の和菓子は各地で製造されており、京都府や岐阜県のものは中身に求肥のみを入れるが、関東のものは求肥と小豆が包まれる[3][4]

原型となったのは岡山県発祥の「調布」と呼ばれる和菓子と考えられ、若鮎自体も「調布」に含まれる場合もある[2][3][5]。発祥地は定かではないが、岐阜県や京都府あるいは愛知県が挙げられることが多い[4][5]。一説には、京都と東京で修行した菓子職人が1908年に岐阜市で創業する際に考案し、岐阜市の他店にも製造方法を伝えることで広まったとされている[2]

かつては6月の鮎漁の解禁にあわせて初夏の時期に売り出されていたが、岐阜県では近年は通年販売されている[2]。夏以外の季節には鮎以外の形状・名称で販売される例もあるが[6]、岐阜県では特に求肥や生地に味付けをした独自の商品も販売されている[2][7]

2010年には、岐阜市内の和菓子メーカーにより若鮎をモチーフとした「ひあゆ丸」というゆるキャラが誕生した[8][9]

脚注

  1. ^ a b 人気ブランドの「若鮎」大集合! 味も表情もいろいろ”. FOODIE. 三越伊勢丹グループ (2018年5月14日). 2020年1月28日閲覧。
  2. ^ a b c d e あいさつ回りの相棒「鮎菓子」ルーツは?岐阜のソウルフード”. 岐阜新聞web (2021年5月24日). 2021年5月25日閲覧。
  3. ^ a b c 和菓子の「若鮎」は春から夏にかけてが解禁です!”. 和菓子のこころへ (2018年4月5日). 2020年1月28日閲覧。
  4. ^ a b c 魚の形の和菓子といえば若鮎!発祥はどこ?鮎菓子たべよー博とは?”. 毎日すすめ!こどもと暮らす (2019年4月24日). 2020年1月28日閲覧。
  5. ^ a b 京都の美味しい 調布(ちょうふ) 夏の京菓子”. 京都の和菓子.com (2007年5月11日). 2020年1月28日閲覧。
  6. ^ 和菓子マニアが教える!若あゆおすすめ4選”. to buy (2018年7月31日). 2020年1月28日閲覧。
  7. ^ 「ユニークな味 お楽しみ 鮎菓子たべよー博 岐阜で19日」『中日新聞』2019年5月16日朝刊岐阜近郊版14面
  8. ^ 「あゆ菓子メーカーの『ひあゆ丸』 着ぐるみお披露目 物産展などに派遣へ」『中日新聞』2010年3月15日朝刊岐阜総合15面
  9. ^ ひあゆ丸の紹介”. 2021年5月25日閲覧。

「若鮎」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



若鮎と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「若鮎」の関連用語

若鮎のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



若鮎のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの若鮎 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS