さえとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 助詞 > 副助詞 > さえの意味・解説 

さえ〔さへ〕

[副助]動詞「そ(添)う」(下二)の連用形「そえ」から生じたという》名詞活用語連体形または連用形助詞など種々の語に付く。

すでにあるものの上に、さらに付け加える意を表す。…までも。「風が吹き出しただけでなく、さえ降りだした」

深く露けきに、簾(すだれ)—上げ給へれば、御袖もいたく濡れにけり」〈源・夕顔

ある事柄強調的に例示し、それによって、他の場合は当然であると類推させる意を表す。…だって。…すら。「かな文字さえ読めない」

「その大切な神仏(かみほとけ)さまがたで—金銀御信心遊ばす」〈滑・浮世風呂・四〉

仮定表現伴い)その条件が満たされれば十分な結果が生じる意を表す。せめて…だけでも。「これさえあれば鬼に金棒だ」「覚悟ができてさえいれば、心配はない」→すら →だに →まで

一の棚—領じておいたらば(=手ニ入レテオケバ)後には何を商売いたさうともそれがしがままぢゃ」〈虎明狂・鍋八撥

[補説] 「さえ」は、古く格助詞の上にも下にも付き、「さへも」「さへこそ」のように係助詞にも先行するところから副助詞とする。中古から「すら」の意を吸収した「だに」との混同が始まるが、23の用法は、中世末ごろ「だに」がほとんど用いられなくなってその意をも吸収したもの


さえ【×冴え/×冱え】

寒気光・色・音などが澄みきること。「月光の—」

頭脳働き感覚が鋭いこと。技術などが鮮やかなこと。「勘の—」「包丁さばきの—」

江戸時代遊里で、遊興のこと。また、酒宴

あらゆる—を尽くしけり」〈黄・栄花夢〉


さえ さへ

〔名〕 (動詞「さえる(障)」の連用形名詞化山野設け鳥獣捕えるための囲い。〔書陵部本名義抄(1081頃)〕 〔司馬相如上林賦〕


さえ さへ

〔副助〕 体言および体言準ずる語・形容詞連用形(→語誌(1))・格助詞等をうけ、また「さえこそ」「さえなむ」「さえは」「さえも」等、係助詞重ね用いられる。

① 既に存在する事実の上に、さらに同類事実添加する意を表わす。…まで(も)。→語誌(2)

古事記(712)上・歌謡「赤玉は 緒佐閇(サヘ)光れど 白玉の 君が装し 貴くありけり

(10C終)二五「寝おきてあぶる湯は、はらだたしうさへぞおぼゆる」

条件句に用いられて「せめて…だけでも」の意を表わす。→語誌(3)

新古今(1205)雑下・一七三八「命さへあらば見つべき身の果を偲ばん人の無きかなしき和泉式部〉」

程度はなはだしいものをあげて他を類推させる意を表わす。→語誌(4)

曾我物語南北朝頃)四「まさしき兄弟さへ、似たるはすくなし。まして従兄弟に似たるものはなし」

滑稽本浮世床(1813‐23)初「とうがらしなどといふものは家毎に山入(い)るものぢゃアねへがあれでさへ家業になって通る」

[語誌](1)形容詞連用形をうける例は中古現われる
(2)語源は、「さへ(さえ)」の本源的な用法①の意味から考えて「添へ(添え)」であろうと言われる
(3)「さえ」と類義副助詞に「だに」「すら」がある。この三語は上代それぞれ独自の意義を有していたが、徐々に変遷し(「すら」「だに」の項参照)、結果的に「さえ」一語収斂する。②の意義は本来「だに」の意義であったもの、③の意義は本来「すら」の意義であったものであり、いったんは「だに」がとってかわるが、更に「さえ」にとってかわられ、室町期には「さえ」が「だに」「すら」の意をも含む三つ意義あわせもつことになる。
(4)ところが、「さえ」の本義である①は、たとえば「百二十句本平家‐一〇」で「又様をさへ替へけんことのむざんさよ」とあるのが、「天草本平家‐四」では「マタ サマヲ マデ カエタ コトノ ムザンサヨ」となるように、「まで(も)」にとってかわられ、近世以降は「さえ」本来の意①は一般用いられなくなる。つまり、現代語の「さえ」は、上代の「すら」「だに」の意義を表わしているということになる。


さえ

助動詞「さる」の命令形「さい」の変化したもの) …なさい。

歌謡松の落葉(1710)三・鼠の昼寝「鼠めが産の野中昼寝してな、猫に子取らりょと夢を見たな、守(まもり)よ懸けさへ除(よけ)の守をな」


さえ【冴・冱】

〔名〕 (動詞「さえる(冴)」の連用形名詞化

澄みきること。光、色、光沢寒気などのすんでとおること。特に寒冷感を伴って季語として用いられる。《季・冬

紫式部日記1010頃か)寛弘五年一一月「うきねせし水の上のみ恋しくての上毛にさえぞおとらぬ」

② 頭の働き技術などが、あざやかですぐれていること。あざやかさ

洒落本禁現大福帳(1755)五「似声(こはいろ)身ぶり舞雲雀より冱(サヘ)の有末社一人

江戸時代遊里語で、興が増すこと。また、座敷での遊興酒宴

洒落本辰巳之園(1770)「『もし七兵衛さん、誰ぞお呼なんし』『今夜は、さへ一と通りにしやう』『さへ一と通り名方』」


さえ【采・賽】

〔名〕 =さい(采)

万葉(8C後)一六三八二七一二の目のみにはあらず五六三四さへありけり双六(すぐろく)の佐叡(サエ)」


さえ さへ 【鉏】

〔名〕 =さい(鉏)

書紀720斉明年三月「胆振鉏〈胆振鉏、此をば伊浮裟陛(いふりサヘ)と云ふ〉」


冴え、冱え

読み方:さえ

ヤ行下二段活用動詞冴ゆ」「冱ゆ」の連用形である「冴え」「冱え」、あるいは連用形名詞化したもの


障え、冴え、冱え

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

障へ

読み方:さえ
かな表記:さへ

ハ行下二段活用動詞障ふ」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの
障ふ」の口語形としては、ハ行下一段活用動詞障える」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

サエ(さえ)

清酒の透明さのことをいう。サエが悪いとは、濁った状態のこと。

さえ

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

小枝

読み方
小枝さえ

さえ

出典:『Wiktionary』 (2018/07/01 16:17 UTC 版)

名詞

さええ・え】

  1. 寒気などの澄み切ること
  2. 頭脳働き技術鋭いこと
  3. 江戸時代遊里で、遊興

関連語

助詞

さえ

  1. にあるものにつけたされる
  2. 強調して例示場合当然であると推論させる
  3. (仮定表現で)条件揃え十分結果になることを表す

関連語

  • すら、まで、だに



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「さえ」の関連用語

さえのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



さえのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2021 Japan Sake Brewers Association
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのさえ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS