なんかとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 宗教 > 仏教 > 教義 > なんかの意味・解説 

なんか

[副助]代名詞「なに」に副助詞「か」の付いた「なにか」の音変化から》名詞名詞準じる語、活用語連用形一部助詞などに付く。

一例挙げて示す。…など。「この着物なんかお似合いです」「映画なんかよく行く」

ある事物例示し、それを軽んじていう意を表す。…など。「彼の言うことなんか聞くな」「君になんかわからない」


なん‐か〔‐クワ〕【軟貨】


なん‐か【何か】

連語「なにか」の音変化。「何か欲しいものはありませんか


なん‐か〔‐クワ〕【南×瓜】

カボチャのこと。


なん‐か〔‐クワ〕【難化】

[名](スル)むずかしさを増すこと。「入学試験年々難化する」


なん‐か〔‐クワ〕【軟化】

[名](スル)

かたい物がやわらかくなること。固形物質が加熱によってやわらかくなり、変形しやすくなること。また、物をやわらかくすること。⇔硬化

主張態度やわらげ穏やかになること。また、穏やかにすること。「深夜に及ぶ説得態度を軟化させる」⇔硬化

取引で、相場が下がり気味になること。⇔硬化

硬水中のカルシウムマグネシウム取り除き、軟水にすること。

野菜食用部分白くやわらかに生長させること。軟白


なんか〔ナンクワ〕【南華】

【一】南華真経」の略。

【二】【一】寓話には変わったものが多いところから》変わり者変人また、とりとめもないことを言う者。

「うつけたる者を今も—と名付くるなり」〈仮・浮世物語・一〉


なん‐か【南下】

[名](スル)南へ向かって進むこと。「船は一路南下する」⇔北上


なん‐か【南×柯】


なん‐か

〔副助〕 (「なにか」の変化した語。→補注(1)) 「など」とほぼ同じに用い口頭語体言または体言と同資格語句を受けて用いる。

類例例示または暗示しつつ、代表としてさし示す。

姪子(1909)〈伊藤左千夫〉「詞づかいなんかが、どことなく品がゑい」

② ある事物取り立てて例示する。価値的に低いものとして取り立てる場合が「など」よりも多い。

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉一「うちなんかいくら大きくたって腹の足しになるもんか」

[補注](1)「なにか」の変化した「なんか」がもとと思われるが、助詞としての成立には「なんど」「なんぞ」とのかかわり考えられる
(2)用法は「など」「なんぞ」に近いが、「など」よりは狭く、「なんぞ」より広い。


なん‐か【何━】

連語〕 「なにか(何━)」の変化した語。

落語戒名万金丹(1890)〈禽語楼小さん〉「其処在るものを何んか出して持ってって遣れ」


なん‐か【南下】

〔名〕 南へ向かって進むこと。⇔北上

社会百面相(1902)〈内田魯庵矮人巨人「先づ汝を刎(くびは)ねて、大熊氏(たいいうし)南下の軍の血祭とすべし」〔史記秦始皇本紀


なん‐か【南柯】

〔名〕 南にさし出た南枝

*玩先生詠物雑体百首(1794)月波席上拈媒字「南柯一自楼台華燭王門誰作媒」〔簡文帝山斎詩〕


なん‐か ‥クヮ 【南瓜】

〔名〕 =カボチャ(南瓜)〔薬品手引草(1778)〕 〔本草綱目部・南瓜・集解


なんか ナンクヮ 【南華・南花】

1なんかしんきょう南華真経)」の略。

蕉堅藁(1403)春夢南華曾挧々、相逢語意綢繆

2 〔名〕 ((一)寓言が多いところから) とりとめもないことをいう者や変人うそつき。また転じて、江戸初期上方遊郭などで、愚鈍な者やうつけ者をいう。野暮天(やぼてん)。二番ばえ。紀三井寺なんかん。〔仮名草子浮世物語(1665頃)〕


なん‐か ‥クヮ 【軟化】

〔名〕

(イ) 一般に、硬いものがやわらかくなること。柔軟なものに変化すること。⇔硬化

(ロ) 固体加熱によりやわらかく変形しやすくなること。ガラス・アスファルト・プラスチックなどに見られる現象。⇔硬化

(ハ) 熱処理により炭素鋼材質をやわらかくすること。また、その方法、⇔硬化

(ニ) 医学細胞組織軟弱になること。〔医語類聚(1872)〕

(ホ) 硬水中のカルシウムイオンやマグネシウムイオンを取り除き、軟水にすること。〔家事研究1920)〕

強硬だった主張態度やわらげられて穏やかになること。また、そのようにすること。⇔硬化

ホトトギス第四第一号のはじめに1900)〈正岡子規〉「万一我々が都会腐敗一掃する前に軟化して勇気挫けたといふやうな事があったら

取引市場で、相場安くなること。また、買いから売り転じること。⇔硬化。〔取引所用語字彙1917)〕

海を見に行く1925)〈石坂洋次郎〉「後場(ごば)軟化でガラ落ちってえんだから」

通風や照光を遮断することによって、ウド・アスパラガス・ナガネギなど野菜類の食用とする部分緑色化や硬質化を防ぎ軟質を保ちながら生長させ、食用として利用しやすいようにすること。軟白


なん‐か ‥クヮ 【軟貨】

〔名〕

鋳造貨幣以外の通貨紙幣(さつ)。⇔硬貨。〔袖珍新聞語辞典1919)〕

② 金(きん)の裏付けのない、外国通貨交換できない通貨。⇔硬貨


なん‐か ‥クヮ 【難化】

〔名〕 むずかしさを増すこと。


なんか

大阪弁 訳語 解説
なんか なんか、(だ)なんて 罰ゲームなんかやりたないわ。温泉なんかどないやろ。


なんか、なんぞ、なぞ

大阪弁 訳語 解説
なんか、なんぞ、なぞ なんか、など 等、抔。軽く扱ったり、柔らかく述べたりする。「なにと」「なんど」「など」「なぞ」「なんぞ」の順に転じた。庭なんかに咲いてる。御堂筋なんぞが近いで。東京テレビなんか見るかいな。東京では「とか」が優勢


ナンカ

読み方:なんか

  1. 頭ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・宮城県

分類 宮城県


ナンカ

読み方:なんか

  1. 窓ノコトヲ云フ。〔第七類 家其他建造物之部・宮城県

分類 宮城県


軟化

読み方:なんか

  1. 取引所の語。買屋売屋となること。
  2. 硬化対す。敵に対して妥協気分となる事。②〔経〕取引所用語。市況劣勢に転じた事。
  3. 相場安くなること。

分類 取引所株式、経

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

なんか

出典:『Wiktionary』 (2019/02/06 20:22 UTC 版)

助詞

なんか

  1. 副助詞一例あげ示す
  2. 副助詞例示し、それを軽んじて言う

関連語

  • など

連語

なんかか】

  1. 不定のものを表す。なにか(が、を)。
    • なんか当たったぞ。
    • なんか食べる?

副詞

  1. 理由はっきりしないさまを表す。なんとなく。どことなく。なんだか。なにか。
    • なんか楽しくないな。

語源

なにかの転

同音の漢語




なんかと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「なんか」の関連用語

なんかのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



なんかのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
全国大阪弁普及協会全国大阪弁普及協会
Copyright (C) 2000-2021 全国大阪弁普及協会 All Rights Reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのなんか (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS