うる星やつらの登場人物とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > うる星やつらの登場人物の意味・解説 

うる星やつらの登場人物

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/03 15:23 UTC 版)

うる星やつらの登場人物(うるせいやつらのとうじょうじんぶつ)は、高橋留美子の漫画作品『うる星やつら』、および同作を原作としたアニメ作品などに登場する架空の人物・キャラクターの一覧。


注釈

  1. ^ 原作者の高橋は「父親が大変なハンサムだった」「サクラの母親が惚れ薬を飲ませたのかも」などと当時のサンデーグラフィック誌上で回答している。
  2. ^ 2022年版はラムと同様グラデーションがかかっており、頭頂部は黒く、頭頂部に近いほど黄色寄りになっている。
  3. ^ しかし、初期には何度か自分のことを「俺」と呼んでいる。また、良い子ぶる必要がある局面では稀に「ボク」を使うこともある。
  4. ^ 「反省座禅会」で、自身のロッカーに大量の爆発する人形とレーザー銃が見えるので常時所有していることがうかがえる。
  5. ^ 例外として、幼少期にラムとダーツ遊びをして誤って母親が大事にしていた人形を壊してしまった時は、ラムが身代わりになったが、人形に突き刺さったダーツの矢がランの物であることが直ぐに分かったうえ、「人の所為にする根性が情けない」と結局怒られた。
  6. ^ 1981年版テレビアニメでは、避雷針の付いた金属製のヘルメットをかぶって、落雷を受け続けどちらかが先にギブアップした方が負けという我慢比べに変更されている。レイが先に雷に耐え切れず牛鬼に変身してしまったため、あたるの勝利となった。
  7. ^ なお、劇場版アニメ『うる星やつら オンリー・ユー』(ノーカット版)では、地球の牛丼屋に来た際「牛丼大盛り 味噌汁 おしんこ付き」と注文しており、日本語を二語以上話している場面がある。
  8. ^ ただし、「いい日旅立ち」では襲っていない。なお、この回では終始、人間体型のままであった。
  9. ^ 日本語による副音声が実施された他、2022年版アニメ公式ホームページでは対訳表が公開されている。
  10. ^ 1981年版テレビアニメでは、普通に喋っている。
  11. ^ 最も制裁を受けた理由は、ラム、弁天、ランが授業中にゲームをしていたためであるため、言わば逆恨みである。
  12. ^ 1981年版テレビアニメには登場しない。OVA「夢の仕掛け人、因幡君登場!ラムの未来はどうなるっちゃ!?」で登場するが、担当声優は不明。
  13. ^ ルパ自身は、鬼ごっこの勝敗に関係なくブタを提供するつもりでいた。

出典

  1. ^ a b “「うる星やつら」完全新作でTVアニメ化!あたる役は神谷浩史、ラム役は上坂すみれ”. コミックナタリー (ナターシャ). (2022年1月1日). https://natalie.mu/comic/news/460165 2022年1月1日閲覧。 
  2. ^ a b 「うる星やつら」新作TVアニメ、しのぶ役に内田真礼&面堂役は宮野真守”. コミックナタリー. ナターシャ (2022年4月7日). 2022年4月7日閲覧。
  3. ^ a b c “「うる星やつら」テン役は悠木碧、竜之介役は高垣彩陽、竜之介の父役は千葉繁”. コミックナタリー (ナターシャ). (2023年1月3日). https://natalie.mu/comic/news/507557 2023年1月3日閲覧。 
  4. ^ TIMES編集部, ABEMA (2024年3月22日). “2022年版アニメ「うる星やつら」声優・キャラクター一覧|全キャスト111人を網羅&随時更新 | アニメ | ABEMA TIMES | アベマタイムズ”. ABEMA TIMES. 2024年3月22日閲覧。
  5. ^ “高木渉:「うる星やつら」新作テレビアニメでチェリーに 「楽しんで引っかき回していきたいな」”. MANTANWEB (MANTAN). (2022年5月19日). https://mantan-web.jp/article/20220519dog00m200033000c.html 2022年5月19日閲覧。 
  6. ^ 手塚治虫「第6部 第8章 ダイバダッタの陰謀」『ブッダ 13巻』講談社〈手塚治虫漫画全集 299〉、1984年1月20日、125頁。ISBN 4-06-173299-4 錯乱坊がE.T.ヨーダと共に描かれている。
  7. ^ 原作第11話「大勝負」他。
  8. ^ “沢城みゆき:「うる星やつら」新作テレビアニメでサクラに 「先輩方のエネルギーのすさまじさに尻餅」”. MANTANWEB (MANTAN). (2022年5月19日). https://mantan-web.jp/article/20220519dog00m200031000c.html 2022年5月19日閲覧。 
  9. ^ 花澤香菜:「うる星やつら」新作テレビアニメでランに 「パワフルに演じられたら」”. MANTANWEB. MANTAN (2022年7月14日). 2022年7月14日閲覧。
  10. ^ “石上静香:「うる星やつら」新作テレビアニメで弁天に 「ラムちゃんとの掛け合いが楽しみ!」”. まんたんウェブ. (2022年8月25日). https://mantan-web.jp/article/20220825dog00m200042000c.html 2022年8月25日閲覧。 
  11. ^ 原作「決闘! 女VS女;前編」参照。
  12. ^ “早見沙織:「うる星やつら」新作テレビアニメでおユキに 「ひんやりと麗しく」”. まんたんウェブ. (2022年8月11日). https://mantan-web.jp/article/20220811dog00m200018000c.html 2022年8月11日閲覧。 
  13. ^ 小西克幸:「うる星やつら」新作テレビアニメでレイに 「まさか参加させていただける日がくるなんて」”. MANTANWEB. MANTAN (2022年7月28日). 2022年7月28日閲覧。
  14. ^ 「ディスコ・インフェルノ」他。
  15. ^ 「ハートブレイクCrossinn;前編」・「同;後編」他。
  16. ^ a b c 「うる星やつら」スケ番3人組役に久野美咲、森永千才、高橋李依(コメントあり)”. コミックナタリー. ナターシャ (2023年2月28日). 2023年2月28日閲覧。
  17. ^ a b c “うる星やつら:三宅健太が温泉マークに 尾津乃つばめ役に櫻井孝宏、面堂了子役に井上麻里奈 新作テレビアニメ追加キャスト”. まんたんウェブ (MANTAN). (2022年9月22日). https://mantan-web.jp/article/20220922dog00m200053000c.html 2022年9月22日閲覧。 
  18. ^ 「うる星やつら」梶裕貴、面堂のライバル・水乃小路飛麿役に!「宮野さんとの掛け合い、すごく楽しかった」第14話先行カット”. アニメ!アニメ!. イード (2023年1月17日). 2023年1月17日閲覧。
  19. ^ a b c 「うる星やつら」PVであたるが女性を丁寧に、男性は適当に紹介 水乃小路家の声優も”. コミックナタリー. ナターシャ (2023年10月19日). 2023年10月19日閲覧。
  20. ^ “水樹奈々:「うる星やつら」新作テレビアニメでクラマ姫に 「フルパワー真っ向勝負!」”. MANTANWEB (MANTAN). (2022年9月8日). https://mantan-web.jp/article/20220908dog00m200017000c.html 2022年9月8日閲覧。 
  21. ^ a b c 「うる星やつら」真吾役に島崎信長!こけるはくまいもとこ、望は石見舞菜香”. コミックナタリー. ナターシャ (2023年11月9日). 2023年11月9日閲覧。
  22. ^ アニメ「うる星やつら」第2期は連続2クール、因幡役は入野自由 年末特番の放送も”. コミックナタリー. ナターシャ (2023年12月14日). 2023年12月14日閲覧。
  23. ^ a b 「うる星やつら」竜之介とキスがしたい潮渡渚役を村瀬歩、渚の父役は坂口候一が担当”. コミックナタリー. ナターシャ (2023年11月30日). 2023年12月1日閲覧。





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「うる星やつらの登場人物」の関連用語

うる星やつらの登場人物のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



うる星やつらの登場人物のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのうる星やつらの登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS