暗所恐怖症とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 病気・健康 > 病気・けが > 病気 > 恐怖症 > 暗所恐怖症の意味・解説 

暗所恐怖症

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/10 15:14 UTC 版)

暗所恐怖症(あんしょきょうふしょう、: Nyctophobia: νυξ/nyx:夜 + φοβια/phobia:恐怖症)は、暗闇を病的に怖がることをいう。その症状としては息切れ、過度の発汗、吐き気、震え、動悸、発話・思考の不明瞭、現実感の喪失などが見られる。通常ヒト夜行性ではないため、明るい時と比べると、全く異なった環境である暗闇を本能的に警戒する。暗所恐怖症では、ヒトの本能的な恐怖を越えて症状が現れる。




「暗所恐怖症」の続きの解説一覧




暗所恐怖症と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

暗所恐怖症のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



暗所恐怖症のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの暗所恐怖症 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS