通典とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 規則 > 通典の意味・解説 

つう てん [0] 【通典】

一般に通用する規則。 → つてん(通典)

つてん 【通典】

中国上古から唐の天宝年間742756)に至るまでの制度史。二〇〇巻。唐の杜佑とゆう)撰。801年成立食貨選挙・職官・礼・楽・兵・刑・州郡・辺防の九部門分類三通また九通の一。

通典(宋刊本)

主名称: 通典(宋刊本
指定番号 1285
枝番 00
指定年月日 1949.02.18(昭和24.02.18)
国宝重文区分 重要文化財
部門種別 書跡典籍
ト書
員数 35
時代区分 南宋
年代
検索年代
解説文: 南宋時代作品
重要文化財のほかの用語一覧
書跡・典籍:  近代秀歌  近江御息所歌合  退耕徳寧墨蹟  通典  連歌懐紙  遊仙窟  遊仙窟

通典

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/11/24 15:44 UTC 版)

通典(つてん)は杜佑が書いた、中国の歴史上初めての形式が完備された政書で、十通の1つ。全200巻、加えて考証1巻。




「通典」の続きの解説一覧



通典と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「通典」の関連用語

通典のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



通典のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
文化庁文化庁
Copyright (c) 1997-2019 The Agency for Cultural Affairs, All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの通典 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS