双とは?

そう〔サウ〕【双】

【一】[名]二つ一組みとなるものの、両方。ふたつ。「双の肩」

【二】接尾助数詞一対のものを数えるのに用いる。「屏風(びょうぶ)一双


そう【双〔雙〕】

常用漢字] [音]ソウサウ)(漢) [訓]ふた ならぶ

[一]ソウ

ふたつ。ペア。「双肩双璧(そうへき)・双方双翼双生児

二つならぶ。「無双

[二]〈ふた〉「双子双葉

難読双六(すごろく)


もろ【諸】

語素名詞の上に付いて複合語をつくる。

(「両」「双」とも書く)二つの、両方の、双方の、の意を表す。「諸手」「諸矢

多くの、すべての、の意を表す。「諸人」「諸神

一緒の、の意を表す。「諸声」「諸寝


そう サウ 【双】

1 〔名〕

相対するものが二つそろっていること。そろい。一対二つ

人情本貞操婦女八賢誌(1834‐48頃)六「怒の面色血ばしるまで、双(サウ)の眼を見開きて」

② 「そうじょう双調)」の略。

花鏡(1424)舞声為根「然(しか)れば時の調子と者、四季分ち、又夜昼十二時に、各々そう・黄(わう)・一越(こつ)・平・盤の、その時々にあたれり」

2接尾

一対になっている物を数えるのに用いる。

中右記寛治八年(1094)四月一二日「依殿下仰、調進斎院童女一双

徒然草1331頃)六六「盛りなる紅梅に、一双を添へて」〔史記項羽本紀

二人で行なう物事の組数を数えるのに用いる。

古今著聞集(1254)一二盃酌の後、囲碁ありけり権右中弁朝隆朝臣〈略〉能忠等、二双つかうまつりける」


ならべ【並・双】

〔名〕 (動詞「ならべる(並)」の連用形名詞化) ならべること。また、ならべたさま。ならび。


ならび【並・双】

〔名〕 (動詞「ならぶ(並)」の連用形名詞化

① ならぶこと。並んでいる様子。並んでいるもの。列。

書紀720大化年正月(寛文版訓)「若し当(そ)の里坊人無くば、比(ナラヒ)の里坊に簡び用ゐること聴(ゆる)す」

親鸞聖人消息13C中)一「鹿島行方そのならびのひとびとにも、このこころをよくよくおほせらるべし」

② くらべるべきもの。たぐい。同類同等。→ならびない

東大寺大般涅槃経平安後期点(1050頃)一二其の形端政にして奇異にして双(ナラヒ)少し」

遊里などで、味方する人やはかり事などに加担している人をいう。

評判記色道大鏡(1678)四「謀をめぐらし遣手だきこみてならびとなる事すくなからず

④ 女の情人。いろ。

物類称呼(1775)五「女色の事を〈略〉奥州にては、ならびといふ」

(5) 歌舞伎などで、幕開き時に舞台ならんでいる役の者。並び大名など。〔戯場訓蒙図彙(1803)〕

(6) おかず。(さい)。人形浄瑠璃社会でいう語。〔洒落本虚実柳巷方言(1794)〕


なら・ぶ【並・双・列】

1 〔自バ五(四)

二つ上のものが近く接して位置する。列をつくって位置する。

(イ) 空間的近くにある。つらなる近接する。

小川本願四分律平安初期点(810頃)「和上等と並(ナラビ)て語(もの)いひ、与に並び経行す」

(ロ) 時間的近くにある。つづく。前後する。

賀茂女集(993‐998頃)「過ぎにし年ごろ、ならべる月日中に求むれど、わがごと悲しきはなしとおもふ人ありけり

(ハ) いくつかの物事がそろってある。みんな整っている。

源氏100114頃)絵合「いたう進みぬる人の、命、さいはひとならびぬるは、いと難きものになん」

② 力やわざなどの優劣がなく同じになる匹敵する。同列になる。

*竹取(9C末‐10C初)「宝と見え、うるはしき事ならぶべき物なし

③ ことばがすらすらよどみなく続く。

歌舞伎五大力恋緘評釈江戸文学叢書所収)(1793)二幕「小さんのせりふがならばぬ故、ハアハア思うて大汗をかきました」

2 〔他バ下二〕 ⇒ならべる(並)


なら・べる【並・双】

〔他バ下一〕 [文]なら・ぶ 〔他バ下二

二つ上のものを近く接して位置させる。一列にそろえる。

(イ) 空間的近づけるつらねる並列させる。

書紀720仁徳二二年正月・歌謡貴人の 立つる言立(ことだて) 設弦(うさゆづる) 絶えば継がむに 奈羅陪(ナラベ)てもがも」

(ロ) 時間的近づける。つづける。かさねる。

万葉(8C後)二〇・四四四二「わが背子屋戸石竹花(なでしこ)日奈良倍(ナラベ)ては降れども色も変らず」

(ハ) いくつかの物事とりそろえる整える。

蘇悉地羯羅経承保元年点(1074)下「其の数湏く二十一丸を隻(ナラヘ)上法と為」

ひきあててその優劣をくらべる。また、匹敵させる。ひきあてる

万葉(8C後)一四・三四五〇「乎久佐壮子(をくさを)と乎具佐助丁(をぐさずけを)と潮舟の那良敝(ナラヘ)て見れば乎具佐勝ちめり」

日葡辞書(1603‐04)「ソノ ヒトニ カタヲ naraburu(ナラブル) モノワ ナイ

③ (ことばを次々並べるの意で) たてつづけにいう。次々といいたてる

浮世草子西鶴織留(1694)三「人の事請取出入の噯(あつか)ひ又は内談などに、言葉ならへて物よくいふ人もなし」


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/02 02:18 UTC 版)

(そう、ふた)




「双」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2020/03/22 00:09 UTC 版)

発音


熟語


出典:『Wiktionary』 (2020/01/01 13:37 UTC 版)

発音



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「双」に関係したコラム

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

  • 株式の投資基準とされるPBRとは

    株式の投資基準とされるPBR(Price Book-value Ratio)とは、時価総額が株主資本の何倍かを示す指標のことで、株価純資産倍率とも呼ばれています。PBRは、次の計算式で求めることができ...

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

  • 株式の投資基準とされるPERとは

    株式の投資基準とされるPERとは、株価収益率のことです。PERは、次の計算式で求めることができます。PER=株価÷EPSEPSは、1株当たりの利益額のことで、「当期純利益÷発行済み株式数」で計算されま...

  • 株式の投資基準とされるEPSとは

    株式の投資基準とされるEPSとは、1株あたりの利益額のことです。EPSは、次の計算式で求めることができます。EPS=当期純利益÷発行済み株式数例えば、当期純利益が100億円で発行済み株式数が1億株の企...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「双」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
90% |||||

4
90% |||||

5
74% |||||

6
74% |||||


8
72% |||||



双のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



双のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの双 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)、 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS