之とは?

これ【×此れ/是/×之/維/×惟】

[代]

近称指示代名詞

話し手持っている物、または、話し手のそばにある物をさす。このもの。「—は父の形見の品です」「—を片付けください

話し手が、いま話題にしたばかり事物などをさす。このこと。このもの。「全世界の平和。—が私の切なる願いだ」

話し手当面している事柄をさす。このこと。「—を仕上げてから食事にしよう」「—は困ったことだ」

話し手の現にいる場所をさす。ここ。「—へどうぞ」

話し手存在している時をさす。今。「—から出かけるところです」

話し手のすぐそばにいる親しい人をさす。現代では多く自分身内をいう。「—が僕のフィアンセです」

㋖《漢文の「之」「是」などの訓読から》判断対象強調してさす。「…とは—いかに」「—すなわち」

一人称人代名詞話し手自分自身をさす。わたし。

「—は河内の国交野郡(かたのごほり)、禁野の雉領にすまひする者でござある」〈虎清狂禁野


これ【此・是・之・維・惟】

1代名

[一] 他称事物、場所、時、人などについて、話し手側、すなわち相手対する我の側、相手を含んだ我々の側に属するものとしてさし示す(近称)。ここにあるもの。→あれ・かれ・それ・こ。

事物についてさし示す。眼前事物ばかりでなく、話題事物をもさす。

古事記(712)上・歌謡「ぬばたまの 黒き御衣(みけし)を まつぶさ取り装ひ 沖つ鳥 胸(むな)見る時 はたたぎも 許礼(コレ)は適はず」

人物についてさし示す。平安時代では、敬意を含めた例が多い。このかた現代では、目の前にいる自分の妻や子供などを、話し相手に示す場合にいう。

伊勢物語(10C前)六一「昔、をとこ、筑紫までいきたりけるに、これは色好むすき物とすだれのうちなる人のいひけるをききて」

③ 場所についてさし示す。→こちら・ここ。

土左(935頃)承平五年二月九日「ここにひとびとのいはく、これ、むかしなだかくきこえたるところなり」

話し手および相手が現に存在する時をさし示す。いま。現在。

落窪(10C後)四「これよりまれ出で立ち給へ。京におはせん限りは見奉らむ」

[二] 自称話し手自身をさし示す。わたくし。自分

多武峰少将物語(10C中)「いとうれしう問はせ給へるなむ。つれづれなるに、これよりこそ聞えまほしけれど」

[三] 対称相手をさしていう。あなた。

宇津保(970‐999頃)俊蔭「山の主(あるじ)、大きに驚きて『これは何ぞの人ぞ』、俊蔭答ふ、『清原の俊蔭』」

[四] 漢文訓読、また訓読体の文章用いる。

提示された主題指定する。述部前におかれる。

続日本紀神護景雲元年767八月一六日宣命「瑞書に細勘(くわしくかんがふる)に是即景雲に在」

発語の辞など。①を転用したもの

江都督納言願文集平安後)二・六十御賀擬作「維月維星皆為楽況於吾身。寿也孝也誰不賀、況於一人乎」

2感動

① 人に呼びかけ注意をひく語。多く同輩目下に対して用いる。もし。こら。おい。→これさ。

狂言記丼礑(1660)「いやこれ。参りませいの。御ざりまするか」

民謡などのはやしことば

俚謡・ながし(明治大正奈良県南葛城郡「とかく、ナンヨイヨイヨイ、音頭と、コレなすびとは、かけこゑ一つで、コレとれたもの」

[語誌](1)近世漢文訓読体候文体では、漢文助辞用法の「之」等を「これ」と読む。有之(これあり)、無之(これなし)、以此観之(これをもってこれをみるに)など。指示す内容とりたてて考え必要のない場合も多い。
(2)法令文では、動詞目的語文頭提示する際には、「これ」をもとの目的語位置代入する習慣があった。憲法第二三条の「学問の自由は、これを保障する」など。これは、漢文体素地受け入れた、ドイツ法律の翻訳文といわれる


読み方:シ(shi

ギシギシ別称


辵部

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/26 02:44 UTC 版)

辵部(ちゃくぶ)は、漢字部首により分類したグループの一つ。


  1. ^ 江守賢治、解説字体辞典 ISBN 4-385-15034-6
  2. ^ 改定常用漢字表 (PDF)”. 文化審議会 (2010年6月7日). 2014年2月16日閲覧。


「辵部」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2019/06/06 23:00 UTC 版)

発音

いく、いたる、くに、これ、つな、の、のぶ、ひさ、ひで、やす、ゆき(紀貫之)、よし、より

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「之」の関連用語

之のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



之のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの辵部 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS