ギシギシとは?

Weblio 辞書 > ヘルスケア > がん用語 > ギシギシの意味・解説 

ギシギシ

【仮名】ぎしぎし
原文dock

一部文化圏特定の医学問題治療に用いられてきた植物。抗がん作用があると考えられている。学名Rumex acetosella。「sheep sorrelヒメスイバ)」、「sorrelスイバ)」とも呼ばれる

ギシギシ

ギシギシ
科名 タデ科
別名: -
生薬名: ヨウテイ羊蹄
漢字表記 羊蹄
原産 日本朝鮮半島中国
用途 湿地自生する多年草。根をヨウテイ羊蹄」といい、ダイオウ大黄」の代用として緩下剤などに用いられます。
学名: Rumex crispus L.
   subsp. japonicus Kitam.

羊蹄

読み方:ギシギシ(gishigishi)

タウコギ別称
キク科一年草薬用植物

学名 Bidens tripartita


羊蹄

読み方:ギシギシ(gishigishi)

野原路傍川沿いの堤などに群生するタデ科野草酸葉混同され易い

季節

分類 植物


ギシギシ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/05/03 03:27 UTC 版)

ギシギシ(羊蹄、Rumex japonicus)はタデ科多年草。やや湿った道ばたや水辺、湿地、田のあぜなどに生え、日本全国に分布する[1]。生薬名は、羊蹄(ヨウテイ)[2]


  1. ^ a b c 日本の野草・雑草(2009)
  2. ^ 『長野県衛生部薬務課薬草の知識』長野県衛生部薬務課昭和56年3月31日発行全39ページ中267頁
  3. ^ 原色野草観察検索図鑑(1981)
  4. ^ 野に咲く花(1989)


「ギシギシ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ギシギシ」の関連用語

ギシギシのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ギシギシのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2019, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのギシギシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS