繞とは?

にょう ねう [1] 【繞

漢字構成部分の名称。「道」の「辶(しんにょう)」、「廷」の「廴(えんにょう)」など、主に字の左から下部に続く形のもの。

【じょう】[漢字]

【上】 じやう [音] ジョウ ・ショウ
場所・位置が高い。うえ。かみ。 「上空上下上体上部上方上流屋上海上頭上地上頂上天上
身分程度などが高い。 「上位上官上座上司上聞長上
すぐれている。よい。 「上策上上・上等・上品・以上・極上最上上機嫌上首尾
順序が先。ひと続きのものの元の方。 「上巻上限上古上刻上旬上代上編
その時点・地点より前。 「上記上掲上述・以上」
あげる。あがる。 「上気上達炎上逆上
のる。 「上船上堂
公開の場に出す。 「上映上演上梓じようし)・上場上程
貴人のもとや中央・北方へ行く。 「上京上洛ようらく)・参上東上北上
ほとり。あたり。 「江上途上
関係すること。 「一身上教育上・理論上」
上野こうずけ)国」の略。 「上州上信越
【丈】 ぢやう [音] ジョウ
長さの単位また、長さ。たけ。 「丈尺丈余丈六方丈
長老対す敬称。 「丈人
一人前男子。 「丈夫(じようふ)」
強いこと。 「丈夫(じようぶ)・頑丈気丈
【冗】 [音] ジョウ
むだ。あまる。 「冗員冗舌冗談冗費
わずらわしい。くどい。 「冗語冗長冗文冗漫
【成】 じやう
⇒ せい〔成〕 [漢]
ぢやう [音] ジョウ
つえ。 「杖術鳩杖きゆうじよう)・錫杖しやくじよう)・竹杖
つえで打つ。 「杖刑杖罪笞杖ちじよう)」
【条(條)】 でう [音] ジョウ
えだ。小枝。 「枝条柳条
細長いすじ。みちすじ。 「条痕ようこん)・条理
一つずつ書き分けた文。 「条款条規条項条条条文条約条例科条箇条逐条
長くのびる。 「条達
【状( 狀 )】 じやう [音] ジョウ
かたち。すがた。 「液状球状形状棒状
事のようす。 「状況・状態・行状現状罪状実状情状
【定】 ぢやう
⇒ てい〔定〕 [漢]
【 帖でふ [音] ジョウ ・チョウ
文書また、帳面。 「画帖秘帖ひちよう)」
石摺いしず)りの本。拓本。 「法帖墨帖
【乗(乘)】 [音] ジョウ
のる。のせる。また、つけこむ。 「乗客乗車乗船乗馬搭乗陪乗便乗
のりもの。 「乗輿じようよ)・下乗
記録歴史書物。 「史乗野乗
掛け算。 「乗算乗除乗数乗法階乗自乗
〘仏〙衆生をのせて悟り彼岸にいたらせるもの。 「小乗大乗
【城】 じやう [音] ジョウ ・セイ
しろ。とりで。 「城郭城塞ようさい)・城址じようし)・城門牙城がじよう)・攻城本城落城籠城ろうじよう)・傾城けいせい)」
城壁で囲まれた町。みやこ。 「城市城邑ようゆう)・王城宮城都城不夜城
山城やましろ)国」の略。 「城州
【浄(淨)】 じやう [音] ジョウ
きよい。けがれがない。 「浄衣じようえ)((じようい))浄財浄土清浄不浄
きよめる。よごれやけがれを除く。 「浄化浄罪浄書洗浄
【剰(剩)】 [音] ジョウ
あまり。あまる。 「剰員剰余過剰余剰
【常】 じやう [音] ジョウ
いつも同じ。変わらないで、長く続く。 「常温常軌常習常住常勝常設常道常備常用常緑常例恒常日常平常無常
変わったところがない。普通。 「常識常人常態・異常・尋常・正常・通常・非常」
常陸ひたち)国」の略。 「常州常磐
【情】 じやう [音] ジョウ ・セイ
こころ。心のうごきやはたらき。 「情意情操情緒情熱有情うじよう)・感情私情心情性情人情非情表情
なさけ。思いやりまごころ。 「情愛情誼じようぎ)・情実愛情恩情厚情至情真情同情薄情無情
異性をしたうこころ。 「情交情死情事情人情欲情話色情発情
おもむきあじわい。 「情趣情調余情風情ふぜい)」
【盛】 じやう
⇒ せい〔盛〕 [漢]
【場】 ぢやう [音] ジョウ
物事が行われるところ。 「場内会場劇場工場戦場退場登場道場入場農場
はらい清めたところ。まつりの庭。 「祭場斎場
【畳(疊)】 でふ [音] ジョウ
かさねる。たたむ。 「畳韻畳語重畳
畳を数える語。じょう。
【蒸】 [音] ジョウ
湯気でむす。 「蒸気蒸熱蒸発蒸留
多い。もろもろ。 「蒸民
【静】 じやう
⇒ せい〔静〕 [漢]
【縄(繩)】 [音] ジョウ
なわ。 「縄索縄床縄文結縄捕縄
すみなわ規則。 「縄規縄矩じようく)・縄墨準縄
【壌(壤)】 じやう [音] ジョウ
すき返した土。 「壌土土壌沃壌よくじよう)」
【嬢(孃)】 ぢやう [音] ジョウ
むすめ。少女。 「愛嬢令嬢
【錠】 ぢやう [音] ジョウ
戸締まりのための金具。 「施錠尾錠
などを一定の形に固めたもの。 「錠剤舌下錠糖衣錠
【 擾ぜう [音] ジョウ
みだれる。みだす。さわがしい。 「擾乱喧擾けんじよう)・騒擾煩擾はんじよう)・紛擾
【 穣じやう [音] ジョウ
穀物が豊かにみのる。ゆたか。 「豊穣
【 繞ぜう [音] ジョウニョウ
めぐる。かこむ。まつわりつく。 「囲繞いによう)((いじよう))纏繞てんじよう)・繚繞りようじよう)」
【 攘じやう [音] ジョウ
うちはらうしりぞける。 「攘夷じようい)・攘災攘斥撃攘
【譲(讓)】 じやう [音] ジョウ
ゆずる。他にゆずり与える。 「譲位譲渡譲歩譲与委譲禅譲
【醸(釀)】 ぢやう [音] ジョウ
かもす。酒などをかもし出す。 「醸出醸成醸造吟醸速醸
【 饒ぜう [音] ジョウ
ゆたか。おおい。 「饒舌饒多饒富肥饒豊饒沃饒よくじよう)」

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/25 01:41 UTC 版)

(にょう)とは、漢字の構成要素のうち、左から下にかけて置かれるものの総称。筆順は先に書くものと後に書くものがある。




「繞」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2011/05/15 10:08 UTC 版)

発音

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



繞と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「繞」の関連用語

繞のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



繞のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの繞 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS