繻子とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 繻子 > 繻子の意味・解説 

繻子

読み方:しゅす

織物織り方のうち、糸の交差する頻度を減らし、横糸縦糸の上表面)に現れないように織る構成のこと。および、そのような織り方で織られた生地のこと。繻子織繻子織り)ともいう。

特に絹糸を用いた繻子織の布はサテンとも呼ばれる最近では絹以外の化学繊維などを用いた繻子織サテンと呼ぶ場合も多い。サテン衣装華美印象与え着心地もよい。ドレスシャツスカーフなどは繻子織製品も多い。

繻子織は「平織」「綾織」と並んで代表的織り方(三原組織)のひとつに数えられる。

しゅ す [1] 【繻子】

繻子織りにした織物。絹を用いた本繻子のほか、綿繻子毛繻子などの種類がある。天正年間1573~1592)に京都中国製法ならって初めて織られた。サテン


繻子

読み方:シュス(shusu)

繻子織りにした織物


繻子

読み方:シュス(shusu)

繻子組織による織物

別名 朱子


繻子織

(繻子 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/11/10 23:37 UTC 版)

繻子織(しゅすおり、朱子織とも書く)は、経糸(たていと)・緯糸(よこいと)五本以上から構成される、織物組織(三原組織)の一つである。経・緯どちらかの糸の浮きが非常に少なく、経糸または緯糸のみが表に表れているように見える。密度が高く地は厚いが、斜文織よりも柔軟性に長け、光沢が強い。ただし、摩擦や引っかかりには弱い。






「繻子織」の続きの解説一覧



繻子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「繻子」の関連用語

繻子のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



繻子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの繻子織 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS