憑神とは? わかりやすく解説

つきがみ【憑神】


憑神

作者西村寿行

収載図書憑神(ひょうしん)
出版社徳間書店
刊行年月1986.11
シリーズ名西村寿行選集

収載図書憑神(ひょうしん)
出版社徳間書店
刊行年月1987.10
シリーズ名徳間文庫


憑神

作者武方圭裕

収載図書無想庵 911基地地下病院
出版社文芸社
刊行年月2007.3


憑神

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/15 04:18 UTC 版)

憑神』(つきがみ)は、浅田次郎小説[1]、およびそれを原作とした日本映画、舞台作品。小説は、『小説新潮』に2004年9月号から2005年5月号にかけて連載され、2005年9月に新潮社より単行本化された。映画は2007年6月23日に公開(興行収入は約8.8億円)。舞台は同年9月4日 - 9月26日新橋演舞場10月1日 - 10月25日大阪松竹座にて上演。


  1. ^ 川本三郎筒井清忠『日本映画 隠れた名作 昭和30年代前後』(中公選書2014年)で川本は滝沢英輔監督、三國連太郎主演の『江戸一寸の虫』について、「滅び行く幕府に殉じた幕臣の生き方を描いた作品として最高傑作だと思います。浅田次郎の『憑神』はこれから取ってますね」と語っている。
  2. ^ 「2007年 日本映画・外国映画 業界総決算 経営/製作/配給/興行のすべて」『キネマ旬報2008年平成20年)2月下旬号、キネマ旬報社、2008年、 164頁。


「憑神」の続きの解説一覧

憑神(トランス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 06:54 UTC 版)

i.d.」の記事における「憑神(トランス)」の解説

使役者巫護霊体付与、それに守護された状態を指す。この状態でなければ式神使用することはできない

※この「憑神(トランス)」の解説は、「i.d.」の解説の一部です。
「憑神(トランス)」を含む「i.d.」の記事については、「i.d.」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「憑神」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

憑神のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



憑神のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの憑神 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのi.d. (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS