SDカードとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > SDカードの意味・解説 

エスディー‐カード【SDカード】


SDメモリーカード

読み方エスディーメモリーカード
別名:SDカード,SDメモリカード
【英】Secure Digital memory card, Secure Digital card

SDメモリーカードSDメモリーカードとは、東芝松下電器産業SanDiskによって共同開発された、カード型の記憶装置規格のことである。1999年初め発表された。

SDメモリーカードは、小型データ書き換えが可能なメモリーカード規格一種である。サイズ縦横に32mm×24mm、厚さは2.1mmとなっている。ファイルシステムにはWindows標準でもあるFAT16やFAT12が採用されている。また、CPRMContent Protection for Recordable Media)と呼ばれる著作権保護技術搭載されており、音楽配信システムなどで要求されるセキュリティレベルであるSDMI規格準拠している。容量製品によって複数種類があるが、上限が2GBとなっている。

SDメモリーカードを小型化した規格として、miniSDがあり、さらに小型化推し進め規格として、microSDがある。これらはSDメモリーカードのサイズアダプタ用いることでSDメモリーカード対応のスロットでも用いることができる。

SDメモリーカードは、ファイルシステム制約上、記録できるデータの上限が2GBまでという仕様になっていた。2006年1月発表されたSDメモリーカードの上規格であるSDHCSD High-Capacity)では、FAT32採用されたことによって最大32GBまでの大容量実現可能となっている。

SDメモリーカードは、主に小型電子デバイスにおける記録メディアなどとして利用されている。なお、同様のメモリーカード規格としては、メモリースティックなどがある。



※画像提供 / 株式会社東芝
参照リンク
SD Association
半導体メモリのほかの用語一覧
メモリーカード:  メガバイト単価  RS-MMC  SDIO  SDメモリーカード  SmartMedia  SDHC  SDXC

SDメモリーカード

(SDカード から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 14:07 UTC 版)

SDメモリーカード(エスディーメモリーカード、: SD Memory Card)は、フラッシュメモリーに属するメモリーカードである。SDカードとも呼ばれる。デジタルカメラ携帯電話などの携帯機器テレビなどの家電機器まで幅広く利用されている。


注釈

  1. ^ ただし規格書がVer2.00に改版された際(2006年9月)に、「SD Memory Card (Secure Digital Memory Card)」が「SD Memory Card」に書き換えられたため、これ以降は「Secure Digital」と言う表記は使用していない
  2. ^ a b SDへの変換アタプターを利用する場合は、アタプターに誤消去防止スイッチがあるため、それを利用することができる。
  3. ^ 製品によっては耐久性の向上等を目的として突起を無くしたものもある(SONY製TOUGHシリーズなど)。
  4. ^ 規格上はFAT12およびFAT16が規定されている。FAT12の場合最大容量は32MBとなる。

出典

  1. ^ a b c d e f 「SDカード標準化の歩み」『映像情報メディア学会誌』第65巻第2号、映像情報メディア学会、2011年、 doi:10.3169/itej.65.157
  2. ^ 「1 General description」『SD Specifications Part 1 Physical Layer Simplified Specification Ver1.10』 SD Group、2003年4月
  3. ^ BCNランキング SD連合がシェア65%で圧勝、メモリーカード規格対決、買い得なのは?”. 2019年1月11日閲覧。
  4. ^ a b SD EXPRESS – A REVOLUTIONARY INNOVATION FOR SD MEMORY CARDS (PDF)”. SD Association (2018年6月27日). 2018年6月28日閲覧。
  5. ^ a b c microSDがついにSDを逆転、携帯電話が握るメモリカード売れ筋の行方 BCNランキング 2007年7月26日
  6. ^ バッファロー社製のUSBメモリを分解したら、中からMicro SD!?”. ガジェット通信. 2020年10月24日閲覧。
  7. ^ SD規格の概要 - SD Association”. 2020年7月29日閲覧。
  8. ^ SDメモリーカードのロックスイッチを排除することで誤動作を防止!人気の“Sシリーズ”に「ロックスイッチ無し」モデルを新発売”. ハギワラソリューションズ (2018年8月9日). 2020年5月12日閲覧。
  9. ^ a b ■SDメモリーカードの各種フォーマット(SD Memory Card Information)”. 2003年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2010年6月3日閲覧。
  10. ^ 英語版を参照
  11. ^ Panasonic-SDXCメモリーカードの注意事項
  12. ^ microSDXCカードご利用時のご注意について
  13. ^ 末岡洋子 (2013年1月22日). “FUSEベースのMicrosoft「exFAT」実装、「fuse-exfat 1.0」がリリース”. OSDN Magazine. 2017年10月8日閲覧。
  14. ^ 最大2Tバイトの「SDXC」、登場はいつ?(2/2) +D PC USER (ITmedia) 2009年10月8日
  15. ^ a b c d e f g h バスインターフェーススピード - SD Association”. 2020年7月29日閲覧。
  16. ^ a b “SD Specifications Version 4.10” (PDF), 3.10.5 - Summary of Bus Speed Mode for UHS-II Card, SD Card Association, オリジナルの2013-12-02時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20131202232415/https://www.sdcard.org/downloads/pls/simplified_specs/part1_410.pdf 2013年9月24日閲覧。 .
  17. ^ Totsu, Hirotaka. “最大624MB/秒の最速SDカード規格UHS−III策定。CFast 2.0やXQD 2.0に匹敵、速すぎてまだ製品化不能 - Engadget Japanese” (日本語). Engadget JP. 2020年3月13日閲覧。
  18. ^ SD Express Cards with PCIe and NVMe Interfaces (PDF)”. SD Association (2018年6月27日). 2018年6月28日閲覧。
  19. ^ 徹底理解CFexpress:第2回:CFexpress規格の誕生と詳細”. デジカメ Watch. 2020年7月29日閲覧。
  20. ^ スピードクラス - SD Association”. 2020年7月29日閲覧。
  21. ^ Panasonic Launches SDHC Memory Cards with Class 10 Speed Specification Panasonic UK 2009年5月21日
  22. ^ 無線LAN microSDIOカード(au携帯電話 Wi-Fi WIN対応機種専用)
  23. ^ Embedded SD Standard - SD Accociation
  24. ^ 主役はminiSDへ、携帯電話需要を追い風にシェア7割に迫るSD系メモリカード BCNランキング 2006年7月5日
  25. ^ microSDが4割突破のメモリカード、容量はGBクラスがあたりまえの時代に BCNランキング 2008年2月22日


「SDメモリーカード」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SDカード」の関連用語

SDカードのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



SDカードのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリSDメモリーカードの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSDメモリーカード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS