SDHCとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > SDHCの意味・解説 

SDHC

フルスペル:SD High-Capacity
読み方エスディーエイチシー
別名:SDHCカードSDHCメモリーカード

SDHCSDHCとは、SDメモリーカードの上規格で、数GBから数十GB大容量データ記録可能なメモリーカード規格のことである。2006年1月SDアソシエーションSDA)によって規格化された。

従来SDメモリーカードファイルシステムFAT16FAT12採用しており、記録容量最大2GBまでという制限を持っていた。SDHCでは、ファイルシステムFAT32採用したことによって2GB以上、最大32GBまでの大容量実現可能である。

また、SDHCではデータ転送速度高速化されており、2MB/秒、4MB/秒、6MB/秒の性能区分目安とするSDスピードクラスとして規格化されている。

SDHCのサイズ従来SDメモリーカードと同じ(32mm×24mm×2.1mm)である。SDメモリーカードに対して上位互換性保っており、SDHCに対応する機器SDメモリーカード使用することができる。逆にSDメモリーカードにのみ対応した旧来の機器でSDHCを扱うことはできない

なお、microSD規格においてSDHCと同様大容量化を実現した規格として「microSDHC」がある。2009年1月には、最大2TBのデータ記録可能であるという「SDXC」の規格発表されている。



※画像提供 / 株式会社東芝
参照リンク
SD Association
東芝 Pocket Media
半導体メモリのほかの用語一覧
メモリーカード:  SDIO  SDメモリーカード  SmartMedia  SDHC  SDXC  SDスピードクラス  SDアソシエーション

SDHC

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 19:49 UTC 版)

SDメモリーカード」の記事における「SDHC」の解説

SDHC (SD High Capacity) は2006年SD 2.00規定されファイルシステムFAT32に対応させたことで最大32 GiBまでの大容量化が可能となった物理的な寸法従来SDメモリーカード同一で上位互換性保持しているため、SDHC対応機器SDメモリーカードを扱うことができる。追加され仕様より下互換性存在しないため、旧来のSDメモリーカードのみに対応した機器SDHCメモリーカードを扱うことはできない。ただし、物理的な寸法電気的な仕様互換性があるため、SDHC規格よりも前に発売されているデジタルカメラメモリーカードリーダーパソコン一部ファームウェアドライバアップデートによってSDメモリーカードの上限の2 GiBを超える容量認識利用可能になっている。同様にSDメモリーカードにしか対応していないノートパソコンでもWindows XP SP3アップデートホットフィックス適用、またはそれ以降OSアップグレードすることで内蔵SDカードスロットが2 GiB以上の容量認識可能となる場合がある

※この「SDHC」の解説は、「SDメモリーカード」の解説の一部です。
「SDHC」を含む「SDメモリーカード」の記事については、「SDメモリーカード」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「SDHC」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

SDHCのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



SDHCのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリSDHCの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのSDメモリーカード (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS