PCR法とは?

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > PCR法の意味・解説 

PCR法 ( Polymerase Chain Reaction )

DNA断片増幅する方法のこと。DNA分析では試料微量なため、目的とする領域DNA(x)を増幅するために、まずそのDNA(x)を挟む両側のごく短い塩基配列複製酵素ポリメラーゼ)を混合して加熱変性させます。この段階DNA(x)はラセンがほどけて複製進みますが、さらに今度はこれを冷却すると2対の二重ラセンになります。この工程耐熱細菌酵素利用して加温冷却をくり返すことでDNA(x)部分ネズミ算式増量していくのが、このPCR法です。

PCR法

PCR, Polymerase chain reaction

【概要】 ノーベル賞をとった核酸増幅法一つ最初に検体からDNA抽出する。これをDNA分解酵素断片化したあと、高温にして1本鎖にし、次に目的遺伝子特有のプローブ(短い遺伝子)と塩基加えDNAポリメラーゼ反応させる。そうすると相補性DNA鎖が合成され2本鎖の割り箸のようなDNAができる。試験管高温にすると割り箸割れるようにDNAは1本鎖に別れる温度下げるとまたプローブとの反応が進む。これを繰り返すと1本の遺伝子断片が、2本、4本、8本、16本、、と倍々で増えて行く。数十繰り返すと、元の遺伝子数十万倍増える。あらかじめ量がわかった遺伝子を入れて並行して反応させれば、測定検体比較して定量できる。 

問題点感度の高さが逆に弱点になる。つまり実験環境から間違った遺伝子潜り込むことがある。また拾い上げるべき遺伝子配列(プライマー)の設計ポイントになる。目的遺伝子変異激し場合は、複数プライマー組み合わせ見逃し避けなければならない。 

応用ロシュ社ではクラミジアトラコマチス淋菌結核菌、Mアビウム、Mイントラセルラーの診断キット市販しており、ウイルスではHBVHCVHIV-1定量測定キット市販している。HIV感染症における応用としては、(1)HIV抗体ができる前の、急性HIV感染症の診断、(2)感染母体からの移行抗体をもつ胎児新生児HIV感染の診断がある。細胞からDNA抽出する場合プロウイルス検出できる。

《参照》 HIV抗体サイレントインフェクションHIVRNART-PCR法結核


PCR法

極めて微量遺伝子DNA)を含む溶液の中から自分の望む特定のDNA領域数百から数千塩基対)を短時間効率的大量増やすことのできる技術です。原 理は、生体細胞の中で起きている酵素反応です。細胞分裂の際にDNA複製されるときには二本鎖のらせん構造取っているDNAがほどけて1本ずつになり、それぞれの鎖を鋳型にしてペアになるDNA酵素合成されますが、PCRこのようなDNA複製反応試験官の中で繰り返し行う方法です(1時間程度反応で1千万倍にまで増やすことも可能です)。

ポリメラーゼ連鎖反応

(PCR法 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/10 09:45 UTC 版)

ポリメラーゼ連鎖反応(ポリメラーゼれんさはんのう、polymerase chain reaction, PCR)は、DNAを増幅するための原理またはそれを用いた手法で、手法を指す場合はPCR法と呼ばれることの方が多い。英語をそのまま片仮名読みにして「ポリメラーゼ・チェーン・リアクション」とも呼ばれる。次の特徴を持つ。


  1. ^ Mullis, K. B.; Faloona FA.;(1985). "Specific synthesis of DNA in vitro via a polymerase-catalyzed chain reaction." Methods Enzymol. 155 : 335-50. PMID 3431465.[1]
  2. ^ Saiki, R. K.; Scharf, S.; Faloona, F.; Mullis, K. B.; Horn, G. T.; Erlich, H. A.; Arnheim, N. (1985). "Enzymatic amplification of beta-globin genomic sequences and restriction site analysis for diagnosis of sickle cell anemia." Science 230 (4732): 1350–1354. PMID 2999980.
  3. ^ Saiki, R. K.; Gelfand, D. H.; Stoffel, S.; Scharf, S. J.; Higuchi, R.; Horn, G. T.; Mullis, K. B.; Erlich, H. A. (1988). "Primer-directed enzymatic amplification of DNA with a thermostable DNA polymerase." Science 239 (4839): 487–491. PMID 2448875.
  4. ^ US4683195[2]及びそのファミリー特許他)
  5. ^ US6410278[3]


「ポリメラーゼ連鎖反応」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「PCR法」の関連用語

PCR法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



PCR法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2019 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
e-血液.come-血液.com
Copyright 2019(c) Medical Science Publications,. Inc. All rights reserved
中四国エイズセンター中四国エイズセンター
Copyright (C) 2019, Chugoku-Shikoku Regional AIDS Center
食品安全委員会食品安全委員会
Copyright © 2006 - 2019 Food Safety Commission. All Right Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのポリメラーゼ連鎖反応 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS