フレッシュとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 心情 > フレッシュ > フレッシュの意味・解説 

フレッシュ【fresh】

読み方:ふれっしゅ

【一】形動新鮮なさま。新しく生き生きしているさま。「―なセンス

【二】[名]コーヒー入れミルク状のもの。多く植物性油脂乳化させて作るコーヒーフレッシュ

[補説] 【二】日本語での用法。主に関西中心に使われる語。


フレッシュ―15の夏

作者谷口貴博

収載図書フーコー短編小説傑作選 8
出版社フーコー
刊行年月2001.7


フレッシュ

名前 FleschFleshFresh

フレッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 09:57 UTC 版)

ドイツ語圏などに見られる姓である。




「フレッシュ」の続きの解説一覧

フレッシュ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 19:27 UTC 版)

ブルベ」の記事における「フレッシュ」の解説

チーム走行するブルベ。フレッシュはフランス語Flèche)で「矢」を意味し英語圏では同じく矢を意味するアローズ」という。国によって細則異なるが、日本では3台以上5台以下の自転車出発し24時間以内に360km以上を走行しなければならないゴールできた台数が3台未満だと、そのチーム失格となる。コースチームによって自由に設定できるが、各チェックポイント間は最短距離で結ばなければならず(例えルート上に急峻な峠があっても迂回することができない)、また22時間目から24時間目までの2時間で25km以上走行しなければならない出発地点スタート時間もまちまちであるが、ゴール地点は同じ地域設定されるゴール後に完走できたメンバー集まり再会祝ったのがそもそもの始りであり、それに倣ってゴール後はパーティー開催される

※この「フレッシュ」の解説は、「ブルベ」の解説の一部です。
「フレッシュ」を含む「ブルベ」の記事については、「ブルベ」の概要を参照ください。


フレッシュ(佐々木靖)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/23 02:00 UTC 版)

ネッキーとあそぼう わんぱく☆パラダイス」の記事における「フレッシュ(佐々木靖)」の解説

第1回第4回登場していた、ぽっちゃり体型ピアノお兄さんである。

※この「フレッシュ(佐々木靖)」の解説は、「ネッキーとあそぼう わんぱく☆パラダイス」の解説の一部です。
「フレッシュ(佐々木靖)」を含む「ネッキーとあそぼう わんぱく☆パラダイス」の記事については、「ネッキーとあそぼう わんぱく☆パラダイス」の概要を参照ください。


フレッシュ(和製英語)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 09:06 UTC 版)

アメリカンフットボールの用語集」の記事における「フレッシュ(和製英語)」の解説

日本において攻撃側ファーストダウン更新した事を指して使う者がいるが、アメリカでは一切使われていないため、意味は全く通じない

※この「フレッシュ(和製英語)」の解説は、「アメリカンフットボールの用語集」の解説の一部です。
「フレッシュ(和製英語)」を含む「アメリカンフットボールの用語集」の記事については、「アメリカンフットボールの用語集」の概要を参照ください。


フレッシュ!

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/04 02:58 UTC 版)

ザ・フレッシュ!」の記事における「フレッシュ!」の解説

『フレッシュ!』(FRESH)とは1995年7月3日から1996年5月31日まで放送され前番組ザ・フレッシュ!』のマイナーチェンジ番組。 ただし、TBS新人アナウンサーの「お天気3人娘」以外はベテランキャスター陣で固められ当初コンセプトである「フレッシュ」とは言いがたい雰囲気となった前司会役の柴田ニュース担当リポーター(いまで言うフィールドキャスター)に降格されスタジオからのニュースはすでにアナウンス第一線退きコメンテーター務めていた五味陸仁担当するなど、不可解な部分もあった。 前番組同様に芸能情報凶悪事件など一層センセーショナルな内容で、視聴率前番組同様やはり比較安定していた。しかし、オウム真理教一連の事件発端となったTBSビデオ問題影響を受け、制作担当していた社会情報局廃止になったため1996年5月31日打ち切りになったまた、朝のホットライン以来続いた8時台の全国ニュースも本番組終了と共にとなり、次番組の『おはようクジラ』からは6時台一本化された。 引き続きTBSなど一部系列局では、前時間番終了後に、ジャンクション放送されていた。

※この「フレッシュ!」の解説は、「ザ・フレッシュ!」の解説の一部です。
「フレッシュ!」を含む「ザ・フレッシュ!」の記事については、「ザ・フレッシュ!」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「フレッシュ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「フレッシュ」の例文・使い方・用例・文例




フレッシュと同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フレッシュ」の関連用語

フレッシュのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



フレッシュのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
原色大辞典原色大辞典
Copyright © 1997-2022 colordic.org All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフレッシュ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのブルベ (改訂履歴)、ネッキーとあそぼう わんぱく☆パラダイス (改訂履歴)、アメリカンフットボールの用語集 (改訂履歴)、ザ・フレッシュ! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS