ホイヘンスとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 労働 > 職業 > 物理学者 > ホイヘンスの意味・解説 

ホイヘンス

土星の衛星タイタンに着陸した「ホイヘンス」

土星探査機カッシーニ」は、スイング・バイ航法利用し、土星までの35億kmという距離を旅して、2004年7月1日土星周回軌道到達しました。カッシーニは、土星周回軌道を約4年間まわって大気組成温度、輪や衛星詳しく観測します。また、カッシーニ搭載していた着陸機「ホイヘンス」を土星の衛星タイタン降下させ、タイタン観測も行なっています。ホイヘンスは、欧州宇宙機関(ESA)が製作した探査機で、円盤状の形をしています。

カッシーニに搭載されていた着陸機「ホイヘンス」
カッシーニ搭載されていた着陸機「ホイヘンス」

カッシーニに搭載されていた着陸機「ホイヘンス」衛星タイタンの観測で大きな活躍

着陸機「ホイヘンス」の名前は、土星最大衛星タイタンと、それまで土星の「耳」と思われていたものは薄い輪だったという画期的事実発見したオランダ科学者クリスチャン・ホイヘンスの名前にちなんでつけられたものです。
この着陸機「ホイヘンス」は、2004年12月探査機本体から切り離され、2005年1月14日タイタンパラシュートを使って降下しながら濃密窒素大気や、タイタン表面のようすなどを観測しました。
タイタン地表には石が散在していて、川のような地形海岸線見られました。
ホイヘンスの着陸によって、タイタン地形形成メタン大きな役割を果たしていたことが裏づけられました。また、ホイヘンスがタイタン録音した音も公開されました。

ホイヘンスが観測したタイタンの地表の様子
ホイヘンスが観測したタイタン地表様子


ホイヘンス

名前 Huygens

ホイヘンス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/04 02:45 UTC 版)

ホイヘンス: Huygens)は、オランダ語の姓。




「ホイヘンス」の続きの解説一覧



ホイヘンスと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ホイヘンス」の関連用語

ホイヘンスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ホイヘンスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JAXAJAXA
Copyright 2020 Japan Aerospace Exploration Agency
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのホイヘンス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS