篠竹とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > > 篠竹の意味・解説 

ささ たけ [0]竹・篠

小さい竹類の総称

しの だけ [2]

稈(かん)が細く群生するタケササ類の通称。メダケ・アズマネザサなど。篠の小笹篠笹。しの。

すず たけ [2]

山地群生するササ一種。稈(かん)は高さ2メートル 内外となり、各節から一個ずつが出る。披針形で、端に数個つく。まれに円錐花序が出て紫色小穂をつづる。スズダケスズミスズ

篠竹

読み方:シノダケ(shinodake)

ササ別称
イネ科タケササ類の小形の竹の総称


篠竹

読み方:シノベダケ(shinobedake)

メダケ別称
イネ科常緑竹、園芸植物

学名 Pleioblastus simoni


篠竹

読み方:シノベダケ(shinobedake)

ヤダケ別称
イネ科の竹、園芸植物

学名 Pseudosasa japonica


篠竹

読み方:スズダケ(suzudake)

イネ科の竹

学名 Sasamorpha borealis


メダケ

(篠竹 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/28 00:57 UTC 版)

メダケ(雌竹)は関東地方以西の本州四国九州琉球まで広く分布する多年生常緑の一種。主に川岸や海辺の丘陵などに群生する。稈の高さは2〜8mほど、直径1〜3cm程度でとしては大きい部類だが、その姿はすらっと細く伸び女性を思わせる。別名オンナダケ、メダケ(女竹)、ニガタケ(苦竹)、カワタケ(川竹)、ナヨタケ。




「メダケ」の続きの解説一覧



篠竹と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「篠竹」の関連用語

篠竹のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



篠竹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのメダケ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS