松魚とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > > 海魚 > 松魚の意味・解説 

かつお かつを [0] 【鰹・〈松魚〉・堅

スズキ目海魚全長4070センチメートル。体は紡錘形背面は暗青色腹面銀白色で四~一〇条の青黒色の縦帯が走る。温帯熱帯の海に広く分布し、季節的に回遊する。重要な食用で、刺身たたきなどにして美味鰹節なまり節塩辛缶詰などにする。マンダラカチュウ[季] 夏。
鰹木」の略。 「 -を上げて舎屋()を作れる家有りき/古事記 下訓
鰹節」の略。 「手に-を一節づつ持ちて/咄本醒睡笑

しょう ぎょ [1] 【松魚】


松魚

読み方:ショウギョ(shougyo)

サバ科海水魚


松魚

読み方:カツオ(katsuo)

サバ科海水魚

学名 Katsuwonus pelamis


松魚

読み方:カツオ(katsuo)

別称

季節

分類 動物


カツオ

(松魚 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/26 06:49 UTC 版)

カツオ(鰹、松魚、堅魚、: skipjack tuna[1]学名 Katsuwonus pelamis )は、スズキ目・サバ科に属する魚の一種。暖海・外洋性の大型肉食魚で、1属1種(カツオ属 Katsuwonus)を構成する。


注釈

  1. ^ 横縞は魚体を横切る方向、縦縞は頭から尾に向けて魚体を縦断する方向。つまり、添付図は死んだ姿である。
  2. ^ カツオが捕食する鰯の群れに海鳥が群がるため。カツオドリの名の由来もその習性による。
  3. ^ 現代の金額に換算すると約20万円相当。

出典

  1. ^ しばしばハガツオ: bonito)と混同されるがカツオとは同科別属の関係にある。
  2. ^ フリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』 p.51 1988年 永岡書店
  3. ^ 『徒然草』第119段
  4. ^ 泳げ!かつおのぼり 枕崎市役所”. 47NEWS (2010年4月21日). 2014年5月1日閲覧。
  5. ^ “本部に今年もカツオのぼり 泳ぐ70匹に歓声”. 琉球新報. (2007年4月27日). http://ryukyushimpo.jp/news/storyid-23315-storytopic-5.html 2014年5月1日閲覧。 
  6. ^ 『琴棊書画』青木正児、東洋文庫、1958年、「三都穴さがしの狂詩」の章
  7. ^ 文部科学省 「日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  8. ^ 厚生労働省 「日本人の食事摂取基準(2015年版)
  9. ^ 五訂増補日本食品標準成分表
  10. ^ 五訂増補日本食品標準成分表 脂肪酸成分表編


「カツオ」の続きの解説一覧



松魚と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「松魚」の関連用語

松魚のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



松魚のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのカツオ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS